日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP 9.5 の既知の制限事項は以下のとおりです

寄稿者 netapp-bcammett

既知の制限事項は、このリリースの製品でサポートされていないプラットフォーム、デバイス、機能、または製品と正しく相互運用できない機能を特定します。これらの制限事項を慎重に確認してください

一般的な制限事項

AWS および Azure の Cloud Volumes ONTAP には次の制限があります。

最大同時レプリケーション処理数

Cloud Volumes ONTAP で同時に実行できる SnapMirror 転送または SnapVault 転送の最大数は、インスタンスのタイプやマシンのタイプに関係なく、ノードあたり 100 です。

ソフトウェアの更新を Cloud Manager で完了しておく必要があります

Cloud Volumes ONTAP のアップグレードが Cloud Manager から完了している必要があります。System Manager または CLI を使用して Cloud Volumes ONTAP をアップグレードしないでください。これを行うと、システムの安定性に影響を与える可能性

から Cloud Volumes ONTAP 環境を変更することはできません クラウドプロバイダのコンソール

クラウドプロバイダのコンソールから Cloud Volumes ONTAP 構成を変更した場合、サポートされない構成になります。Cloud Manager で作成および管理する Cloud Volumes ONTAP リソースに対する変更は、システムの安定性および Cloud Manager によるシステムの管理機能に影響を及ぼす可能性があります。

ディスクとアグリゲートは Cloud Manager で管理する必要があります

すべてのディスクとアグリゲートは、 Cloud Manager から直接作成および削除する必要があります。これらのアクションは、別の管理ツールから実行しないでください。これにより、システムの安定性が低下し、将来ディスクを追加できなくなる可能性があります。また、クラウドプロバイダの冗長料金が発生する可能性もあります。

SnapManager のライセンスに関する制限

SnapManager のサーバ単位のライセンスは、 Cloud Volumes ONTAP でサポートされます。ストレージシステム( SnapManager スイート)単位のライセンスはサポートされません。

サポートされない ONTAP 機能です

Cloud Volumes ONTAP では、次の機能はサポートされていません。

  • アグリゲートレベルのインライン重複排除

  • アグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除

  • ディスクメンテナンスセンター

  • ディスク完全消去

  • Fibre Channel ( FC ;ファイバチャネル)

  • Flash Pool の機能です

  • FlexCache

  • Infinite Volume

  • インターフェイスグループ

  • ノード内の LIF のフェイルオーバー

  • MetroCluster

  • マルチテナンシー(サポートされるデータ提供用 SVM は 1 つだけ)

  • RAID 4 、 RAID-DP 、 RAID-TEC ( RAID 0 のサポート)

  • サービスプロセッサ

  • SnapLock のコンプライアンスモードとエンタープライズモード(クラウドの WORM のみサポート)

  • SnapMirror Synchronous

  • VLAN

AWS の既知の制限事項は以下のとおりです

次の既知の制限事項は、 AWS の Cloud Volumes ONTAP に影響します。

Flash Cache の制限事項

C5D および R5D インスタンスタイプには、 Cloud Volumes ONTAP が _Flash Cache _ として使用するローカル NVMe ストレージが含まれます。次の制限事項に注意してください。

  • Flash Cache のパフォーマンス向上を利用するには、すべてのボリュームで圧縮を無効にする必要があります。

    Cloud Manager からボリュームを作成するときに Storage Efficiency を使用しないようにするか、またはボリュームを作成してから実行することができます "CLI を使用してデータ圧縮を無効にします"

  • 再起動後のキャッシュの再ウォームアップは、 Cloud Volumes ONTAP ではサポートされていません。

Amazon CloudWatch から誤ったアラームが報告されます

Cloud Volumes ONTAP はアイドル状態のときに CPU を解放しないため、 Amazon CloudWatch は使用率を 100% と認識しているため、 EC2 インスタンスに対して CPU 使用率の上昇を警告します。このアラームは無視してかまいません。ONTAP statistics コマンドを実行すると、 CPU の実際の使用状況が表示されます。

Cloud Volumes ONTAP HA ペアでは、ストレージの迅速な使用はサポートされません ギブバック

ノードがリブートしたら、ストレージを戻す前に、パートナーがデータを同期する必要があります。データの再同期にかかる時間は、ノードが停止している間にクライアントが書き込んだデータの量、およびギブバックの実行中のデータの書き込み速度によって異なります。

AWS C2S 環境の制限事項

AWS GovCloud ( US )リージョンの制限

  • 任意の AWS GovCloud ( US )リージョンで Cloud Volumes ONTAP インスタンスを起動する場合は、 Cloud Manager が AWS GovCloud ( US )リージョンに導入されている必要があります。

  • AWS GovCloud ( US )リージョンで導入した場合、 Cloud Manager は NetApp Private Storage for Microsoft Azure 構成または NetApp Private Storage for SoftLayer 構成の ONTAP クラスタを検出できません。

EBS ボリュームの接続解除と再接続はサポートされていません

EBS ボリュームを Cloud Volumes ONTAP インスタンスから接続解除して別の Cloud Volumes ONTAP インスタンスに再接続することはできません。インスタンス間でデータをレプリケートするには、 Cloud Manager を使用する必要があります。

Microsoft Azure の既知の制限事項は以下のとおりです

以下に記載する既知の制限事項は、 Azure の Cloud Volumes ONTAP に影響します。

新しい導入はサポートされていません

Cloud Volumes ONTAP 9.5 の新規導入は Azure でサポートされなくなりました。Cloud Volumes ONTAP 9.7 を導入する必要があります。

HA の制限事項

次の制限事項が Microsoft Azure の Cloud Volumes ONTAP HA ペアに影響します。

従量課金制は、 CSP パートナーが利用できません

マイクロソフトクラウドソリューションプロバイダー (CSP) パートナーの場合、従量課金制のサブスクリプションは CSP パートナーに提供されないため、 Cloud Volumes ONTAP Explore 、 Standard 、または Premium を展開することはできません。ライセンスを購入し、 Cloud Volumes ONTAP BYOL を導入する必要があります。