日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

すべてのクラウドプロバイダで Cloud Volumes ONTAP 9.8 を使用する場合の制限事項

寄稿者 netapp-bcammett

既知の制限事項は、このリリースの製品でサポートされていないプラットフォーム、デバイス、機能、または製品と正しく相互運用できない機能を特定します。これらの制限事項を慎重に確認してください

AWS 、 Azure 、 GCP のすべてのクラウドプロバイダで Cloud Volumes ONTAP に該当する制限事項を以下に記載します。

最大同時レプリケーション処理数

Cloud Volumes ONTAP で同時に実行できる SnapMirror 転送または SnapVault 転送の最大数は、インスタンスのタイプやマシンのタイプに関係なく、ノードあたり 100 です。

クラウドプロバイダの Snapshot をバックアップとリカバリの計画に使用しないでください

クラウドプロバイダのスナップショットは、 Cloud Volumes ONTAP データのバックアップとリカバリの計画には使用しないでください。Cloud Volumes ONTAP でホストされているデータのバックアップとリストアには、必ず ONTAP の Snapshot コピーや他社製のバックアップソリューションを使用してください。

注記 データの整合性は、 WAFL ファイルシステムの ONTAP 整合ポイントによって決まります。WAFL ファイルシステムを休止して crash-consistent バックアップを実行できるのは、 ONTAP のみです。

中国地域の制限

Cloud Volumes ONTAP は中国で次のようにサポートされています。

  • AWS 中国のリージョンがサポートされます。

  • Azure 中国リージョンがサポートされます。

  • Cloud Volumes ONTAP 9.7 がサポートされています。

  • シングルノードシステムがサポートされています。

  • ネットアップから直接購入したライセンスはサポートされます。

その他の場所、バージョン、構成、ライセンスはすべてサポートされていません。

Cloud Volumes ONTAP は、予約済みおよびオンデマンドの VM インスタンスをサポートします

Cloud Volumes ONTAP は、クラウドプロバイダから予約済みまたはオンデマンドの VM インスタンスのいずれかで実行できます。それ以外のタイプの VM インスタンスはサポートされません。

自動アプリケーションリソース管理ソリューションは使用しないでください

アプリケーションリソースの自動管理ソリューションでは、 Cloud Volumes ONTAP システムを管理しないでください。サポートされていない構成に変更される可能性があります。たとえば、このソリューションでは、 Cloud Volumes ONTAP をサポート対象外の VM インスタンスタイプに変更する場合があります。

ソフトウェアの更新を Cloud Manager で完了しておく必要があります

Cloud Volumes ONTAP のアップグレードが Cloud Manager から完了している必要があります。System Manager または CLI を使用して Cloud Volumes ONTAP をアップグレードしないでください。これを行うと、システムの安定性に影響を与える可能性

から Cloud Volumes ONTAP 環境を変更することはできません クラウドプロバイダのコンソール

クラウドプロバイダのコンソールから Cloud Volumes ONTAP 構成を変更した場合、サポートされない構成になります。Cloud Manager で作成および管理する Cloud Volumes ONTAP リソースに対する変更は、システムの安定性および Cloud Manager によるシステムの管理機能に影響を及ぼす可能性があります。

ディスクとアグリゲートは Cloud Manager で管理する必要があります

すべてのディスクとアグリゲートは、 Cloud Manager から直接作成および削除する必要があります。これらのアクションは、別の管理ツールから実行しないでください。これにより、システムの安定性が低下し、将来ディスクを追加できなくなる可能性があります。また、クラウドプロバイダの冗長料金が発生する可能性もあります。

SnapManager のライセンスに関する制限

SnapManager のサーバ単位のライセンスは、 Cloud Volumes ONTAP でサポートされます。ストレージシステム( SnapManager スイート)単位のライセンスはサポートされません。

サポートされない ONTAP 機能です

Cloud Volumes ONTAP では、次の機能はサポートされていません。

  • アグリゲートレベルのインライン重複排除

  • アグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除

  • ディスクメンテナンスセンター

  • ディスク完全消去

  • FabricPool ミラーリング

  • Fibre Channel ( FC ;ファイバチャネル)

  • Flash Pool の機能です

  • Infinite Volume

  • インターフェイスグループ

  • ノード内の LIF のフェイルオーバー

  • MetroCluster

  • ONTAP S3

  • RAID 4 、 RAID-DP 、 RAID-TEC ( RAID 0 のサポート)

  • サービスプロセッサ

  • SnapLock のコンプライアンスモードとエンタープライズモード(クラウドの WORM のみサポート)

  • SnapMirror Synchronous

  • VLAN