日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP 9.5 でサポートされる構成

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Volumes ONTAP は、 AWS と Azure の 2 つの価格設定オプションで利用できます。 1 つは従量課金制で、もう 1 つは独自のライセンス( BYOL )です。従量課金制の場合は、 Explore 、 Standard 、 Premium の 3 つの構成から選択できます。

Cloud Volumes ONTAP for AWS

AWS では、 Cloud Volumes ONTAP をシングルノードシステムまたは HA ペアとして導入できます。

調査 標準 Premium サービス BYOL

EC2 インスタンスタイプ

  • m4.xlarge

  • m5.xlarge のように指定します

  • m4.2xlarge

  • m5.2xlarge

  • R4.xlarge ( R4.xlarge )

  • R5.xlarge ( R5.xlarge )

  • c4.4xlarge

  • c4.8xlarge を使用する場合

  • c5d.csi*

  • c5d.9xlarge *

  • m4.mc

  • m5.mc

  • r4.2xlarge

  • r5.2xlarge

  • r5d.2xlarge *

  • c4.4xlarge

  • c4.8xlarge を使用する場合

  • c5d.csi*

  • c5d.9xlarge *

  • m4.xlarge

  • m4.2xlarge

  • m4.mc

  • m5.xlarge のように指定します

  • m5.2xlarge

  • m5.mc

  • R4.xlarge ( R4.xlarge )

  • r4.2xlarge

  • R5.xlarge ( R5.xlarge )

  • r5.2xlarge

  • r5d.2xlarge *

基盤となるストレージ

汎用 SSD ( gp2 )、プロビジョニングされた IOPS SSD ( io1 )、スループット最適化 HDD ( st1 )。ディスクあたり最大 16TB です

最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

2TB

10 TB

368 TB

1 ライセンスあたり 368 TB

注:

  1. に * が付いているインスタンスタイプには、 Cloud Volumes ONTAP が _Flash Cache _ として使用するローカル NVMe ストレージが含まれます。Flash Cache は、最近読み取られたユーザデータとネットアップのメタデータをリアルタイムでインテリジェントにキャッシングすることで、データへのアクセスを高速化します。データベース、 E メール、ファイルサービスなど、ランダムリードが大量に発生するワークロードに効果的です。Flash Cache のパフォーマンス向上を利用するには、すべてのボリュームで圧縮を無効にする必要があります。 "詳細はこちら。"

  2. 一部の構成では、ディスク制限により、ディスクのみを使用して 368 TB の容量制限に達することができません。このような場合は、で 368 TB の容量制限に達することができます "使用頻度の低いデータをオブジェクトストレージに階層化します"。ディスクの制限については、を参照してください "ストレージの制限"

  3. データ階層化を有効にすると、システムの容量制限は同じままになります。容量の制限には、ディスクとオブジェクトストレージの両方が含まれます。

  4. データ階層化は、 Cloud Volumes ONTAP の Standard 、 Premium 、および BYOL でサポートされています。

  5. EC2 インスタンスタイプを選択する場合は、そのインスタンスが共有インスタンスか専用インスタンスかを指定できます。

  6. コールド HDD は HA ペアではサポートされていません。

  7. Cloud Volumes ONTAP Standard 、 Premium 、および BYOL で EBS SSD を使用すると、書き込みパフォーマンスが向上します。

  8. AWS リージョンのサポートについては、を参照してください "Cloud Volume グローバルリージョン"

Cloud Volumes ONTAP for Azure

Azure では、 Cloud Volumes ONTAP をシングルノードシステムまたは HA ペアとして導入できます。

シングルノードシステム

Cloud Volumes ONTAP をシングルノードシステムとして Azure に導入する場合は、次の構成から選択できます。

調査 標準 Premium サービス BYOL

仮想マシンのタイプ

DS3_v2 の場合

  • DS4_v2

  • DS13_v2 の場合

  • DS5_v2 の場合

  • DS14_v2

  • DS3_v2 の場合

  • DS4_v2

  • DS5_v2 の場合

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2

基盤となるストレージ

標準 HDD 管理ディスク、標準 SSD 管理ディスク、およびプレミアム SSD 管理ディスク(ディスクあたり最大 32 TB )

最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

2TB

10 TB

368 TB

1 ライセンスあたり 368 TB

注:

  1. データ階層化を有効にすると、システムの容量制限は同じままになります。容量の制限には、ディスクとオブジェクトストレージの両方が含まれます。

  2. データ階層化は、 DS3_v2 仮想マシンタイプではサポートされていません。

  3. 拡張書き込みパフォーマンスは、 Azure Premium Storage ディスクを使用している場合は有効になりますが、 DS3_v2 仮想マシンタイプを使用している場合は有効になりません。

  4. Azure リージョンのサポートについては、を参照してください "Cloud Volume グローバルリージョン"

HA ペア

Azure で Cloud Volumes ONTAP を HA ペアとして導入する場合は、次の構成から選択できます。

調査 標準 Premium サービス BYOL

仮想マシンのタイプ

サポート対象外

  • DS4_v2

  • DS13_v2 の場合

  • DS5_v2 の場合

  • DS14_v2

  • DS4_v2

  • DS5_v2 の場合

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2

基盤となるストレージ

サポート対象外

Premium ページ・ブロブ(ディスクあたり最大 8 TB

最大システム容量

サポート対象外

10 TB

368 TB

1 ライセンスあたり 368 TB

注:

  1. データ階層化は HA ペアではサポートされていません。

  2. Azure リージョンのサポートについては、を参照してください "Cloud Volume グローバルリージョン"