日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Insights に登録しています

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights の導入は、次の 3 つの簡単な手順で簡単に行えます。

登録プロセスでは、 Cloud Insights 環境をホストするグローバルリージョンを選択できます。詳細については、「 Cloud Insights について」を参照してください "情報と地域"

エディション

Cloud Insights で使用できる機能は、登録したエディションによって異なります。使用可能なエディションについては、ここで説明します。

  • * Basic Edition * は無料でご利用いただけます。ネットアップサポートの有効なアカウントをお持ちの既存のお客様にご利用いただけます。

    警告 非アクティブな Cloud Insights Basic Edition 環境が削除され、そのリソースが再利用されます。90 日間連続してユーザアクティビティがない場合、環境は非アクティブとみなされます。
    注記 Cloud Insights Basic Edition で収集された機能 ' データ保存時間 ' オブジェクトまたはメトリックは ' 予告なく変更される場合があります
  • * Standard Edition * はサブスクリプション契約により提供され、 Basic Edition のすべての機能に加えて、その他の機能も提供されます。

  • * Premium Edition* では、ビジネスインテリジェンスとレポート、 Cloud Secure 監査と脅威検出などの追加の利点が提供されます。

主な機能:

Basic Edition 、 Standard Edition 、 Premium Edition の主な機能は次のとおりです。

キー機能

Basic エディション

Standard Edition の場合

Premium Edition の場合

データ保持

7 日

90 日

13 カ月

インフラとストレージの指標

ネットアップのみ

マルチベンダー

マルチベンダー

カスタマイズ可能なダッシュボード

チェック( &C );

チェック( &C );

チェック( &C );

フォーラム、ドキュメント、トレーニングビデオ

チェック( &C );

チェック( &C );

チェック( &C );

ライブチャットおよびテクニカルサポート

-

チェック( &C );

チェック( &C );

VM 指標

-

チェック( &C );

チェック( &C );

クラウド指標

-

チェック( &C );

チェック( &C );

サービスメトリック

-

チェック( &C );

チェック( &C );

監視とアラート生成

-

チェック( &C );

チェック( &C );

API アクセス

-

-

チェック( &C );

シングルサインオン( SSO )

-

-

チェック( &C );

Cloud Secure ユーザデータアクセスの監査

-

-

チェック( &C );

Cloud Secure Insider Threat Detection with AI/ML 』を参照してください

-

-

チェック( &C );

ビジネスインテリジェンスとレポート作成 *

-

-

チェック( &C );

-42; 500 台以上の管理対象ユニットの環境で使用できます

Cloud Insights の使用中に鍵のアイコンが表示される場合 南京錠では、この機能が現在のエディションで使用できないか、または制限付きの形式で利用できることを意味します。この機能にフルアクセスするには、をアップグレードしてください。

試用版

Cloud Insights に登録して環境がアクティブになったら、 Cloud Insights の 30 日間の無償トライアルにご参加ください。このトライアルでは、 Cloud Insights Standard Edition が提供するすべての機能をお客様の環境でご確認いただけます。

試用期間中はいつでも Cloud Insights に登録できます。Cloud Insights に登録すると、データへの中断のないアクセスと拡張されたアクセスが保証されます "* 製品サポート *" オプション( Options )

無料トライアルがまもなく終了すると、 Cloud Insights にバナーが表示されますこのバナー内では、 [*Admin] > [Subscription] * ページを開く _View Subscription_link が使用されます。管理者以外のユーザにはバナーが表示されますが、サブスクリプションページに移動することはできません。

注記 Cloud Insights の評価にさらに時間が必要で、トライアルの有効期限が 4 日以下に設定されている場合は、さらに 30 日間試用期間を延長できます。トライアルを延長できるのは 1 回だけです。トライアルの期限が切れている場合は延長できません。

トライアル期間が終了した場合はどうなりますか?

無料トライアルの期限が切れていて、 Cloud Insights にまだ登録していない場合は、登録するまで機能が制限されます。

サブスクリプションオプション

登録するには、 [ * 管理者 ] > [ サブスクリプション * ] を選択します。[Subscribe] ボタンに加えて、インストールされているデータコレクタを確認し、推定価格を計算することができます。一般的な環境では、セルフサービス型の AWS Marketplace * Subscribe Now * ボタンをクリックします。ご使用の環境に 1,000 台以上の管理対象ユニットが含まれている場合、または含まれる予定の場合は、ボリューム価格の対象となります。

サブスクリプションオプション

価格設定

Cloud Insights の価格は管理ユニット * 単位です。管理対象ユニットの使用量は、 * ホストまたは仮想マシン * の数と、インフラ環境で管理されている * フォーマットされていない容量 * の量に基づいて計算されます。

  • 1 台の管理対象ユニット = 2 台のホスト(任意の仮想マシンまたは物理マシン)

  • 1 管理ユニット = 物理ディスクまたは仮想ディスクのフォーマットされていない容量の 4TB

1 、 000 台以上の管理対象ユニットが含まれている、または含まれる予定の環境では、 * ボリューム価格設定 * の対象となり、ネットアップ営業に登録を依頼するように求められます。を参照してください 詳細:

サブスクリプションコストを見積もります

サブスクリプション計算ツールを使用すると、ホスト数とデータコレクタから報告される未フォーマット容量に基づいて、月あたりの Cloud Insights の推定販売価格を算出できます。現在の値は、 Hosts_or_Unformatted Capacity フィールドに事前に入力されています。別の値を入力すると、将来の推定増加率の計画に役立ちます。

見積価格は、サブスクリプション期間に基づいて変更されます。

注記 計算ツールは概算専用です。ご登録時に正確な価格が設定されます。

登録方法を教えてください。

管理ユニット数が 1 、 000 台未満の場合は、ネットアップ営業またはから登録できます セルフサブスクライブ AWS Marketplace 経由で提供

ネットアップの営業担当者にサブスクライブ

予想される管理ユニット数が 1,000 以上の場合は、をクリックします "* 販売担当者 * にお問い合わせください" ボタンをクリックして、ネットアップ営業チームに登録してください。

Cloud Insights * シリアル番号 * をネットアップの営業担当者にご連絡いただき、 Cloud Insights 環境に有料サブスクリプションを適用できるようにしてください。シリアル番号は、 Cloud Insights トライアル環境を一意に識別します。シリアル番号は、 [Admin] > [Subscription] ページにあります。

AWS Marketplace でセルフサブスクライブ

注記 既存の Cloud Insights トライアルアカウントに AWS Marketplace のサブスクリプションを適用するには、アカウント所有者または管理者である必要があります。さらに、 Amazon Web Services ( AWS )アカウントが必要です。

「 * Subscribe Now * 」ボタンをクリックすると AWS が開きます "Cloud Insights の機能です" サブスクリプションページ。サブスクリプションを完了できます。このページでは、計算ツールで入力した値が AWS のサブスクリプションページに入力されていないことに注意してください。管理対象ユニットの総数を入力する必要があります。

管理対象ユニットの総数を入力し、 12 か月または 36 か月のサブスクリプション期間を選択したら、「 * アカウントの設定 * 」をクリックしてサブスクリプションプロセスを終了します。

AWS の登録プロセスが完了すると、 Cloud Insights 環境に戻ります。または、環境がアクティブでなくなった場合(ログアウトした場合など)は、 Cloud Central のサインインページが表示されます。Cloud Insights に再度サインインすると、サブスクリプションがアクティブになります。

注記 AWS Marketplace のページで「 * アカウントの設定 * 」をクリックしてから、 AWS サブスクリプションの手続きを 1 時間以内に完了する必要があります。1 時間以内に完了しない場合は、もう一度「 * アカウントの設定 * 」をクリックして処理を完了する必要があります。

問題が発生し、サブスクリプションプロセスが正常に完了しない場合でも、環境にログインすると「トライアルバージョン」のバナーが表示されます。この場合は、 * Admin > Subscription * に移動して、契約プロセスを繰り返すことができます。

サブスクリプションモード

サブスクリプションがアクティブになると、 [ 管理者 ] > [ サブスクリプション *] ページでサブスクリプションのステータスと管理対象ユニットの使用状況を確認できます。

サブスクリプションステータス

サブスクリプションのステータスページには、次の情報が表示されます。

  • 現在のサブスクリプションまたはアクティブエディション

  • サブスクリプションの詳細

  • ホストと容量の内訳を含む、現在の管理ユニットの使用状況

注記 フォーマットされていない容量管理対象ユニット数は、環境内の合計物理容量を表し、最も近い管理対象ユニットに切り上げられます。

購読している使用量を超えた場合はどうなりますか ?

管理下ユニットの使用率が総加入量の 80% 、 90% 、 100% を超えると、警告が表示されます。

* 使用量が * を超えた場合

* これは / 推奨される処置 : *

* 80% *

情報バナーが表示されます。対処は不要です。

* 90% *

警告バナーが表示されます。購読している管理ユニット数を増やすことができます。

* 100% *

エラーバナーが表示され、次のいずれかを実行するまで機能が制限されます。 * サブスクリプションを変更してサブスクリプション管理ユニット数を増やす * データコレクタを削除して、管理ユニットの使用量が購読している量以下になるようにします

データコレクタをインストール

[ データコレクタの表示 *] ボタンをクリックして、インストールされているデータコレクタのリストを展開します。

データコレクタ

データコレクタセクションには ' 環境にインストールされているデータコレクタと ' それぞれの管理ユニットの内訳が表示されます

注記 管理対象ユニットの合計は、ステータスセクションのデータコレクタの数と若干異なる場合があります。これは、管理対象ユニットの数が最も近い管理対象ユニットに切り上げられるためです。データコレクタリストのこれらの数値の合計は、ステータスセクションの管理対象ユニットの合計よりも少し高くなる場合があります。[ ステータス ] セクションには、サブスクリプションの実際の管理ユニット数が表示されます。

購読している量に近づいている、または超過している場合は、 [three dots] メニューをクリックして [* Delete] を選択することにより、このリストのデータコレクタを削除できます。

直接購読して、トライアルをスキップしてください

から直接 Cloud Insights に登録することもできます "AWS Marketplace"最初に試用環境を作成する必要はありません。サブスクリプションが完了し、環境がセットアップされると、すぐにサブスクライブされます。