日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自動応答ポリシー

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

応答ポリシーは、攻撃や異常なユーザ動作の発生時にスナップショットを作成するなどのアクションをトリガーします。

特定のデバイスまたはすべてのデバイスにポリシーを設定できます。応答ポリシーを設定するには、 [Admin] > [Automated Response Policies] を選択し、適切な [+ Policy+] ボタンをクリックします。攻撃または警告のポリシーを作成できます。

攻撃ポリシーを作成します

ポリシーは一意の名前で保存する必要があります。

自動応答アクションを無効にする(例: Take Snapshot )には、アクションをチェック解除してポリシーを保存するだけです。

指定されたデバイス(または選択されている場合はすべてのデバイス)に対してアラートがトリガーされると、自動応答ポリシーによってデータのスナップショットが作成されます。Snapshot のステータスは、で確認できます "アラートの詳細ページ"

自動応答ポリシーを変更または一時停止するには、ポリシーのドロップダウンメニューでオプションを選択します。

Cloud Secure では、 Snapshot パージの設定に基づいて、 1 日に 1 回 Snapshot が自動的に削除されます。

スナップショットパージ設定