Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Insights データコレクタのサポートマトリックス

共同作成者

Data Collectorのサポートマトリックスには、Cloud Insights でサポートされているデータコレクタのリファレンス(ベンダーやモデルの情報など)が記載されています。

HP Enterprise 3PAR/Alletra 9000/Primera StoreServストレージ

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

HPE Alletra 9080
HPE_3PAR 20450
HPE_3PAR 20800
HPE_3PAR 20850
HPE_3PAR 20850_R2
HPE_3PAR 7200c
HPE_3PAR 7400
HPE_3PAR 7440c
HPE_3PAR 7450c
HPE_3PAR 8200
HPE_3PAR 8400
HPE_3PAR 8440
HPE_3PAR 8450
HPE_3PAR 9450
HPE_3PAR A630
HPE_3PAR A650
HPE_3PAR A670
HP_3PAR 20800
HP_3PAR 7200
HP_3PAR 7200c
HP_3PAR 7400
HP_3PAR 7400c
HP_3PAR 7450c
HP_3PAR 8200
HP_3PAR 8400
InServ F400
InServ T400
InServ T800
InServ V400

3.1.1(MU1)
3.1.2(MU3)
3.1.3(MU1)
3.1.3(MU2)
3.1.3(MU3)
3.2.1(MU3)
3.2.1(MU5)
3.2.2
3.2.2(MU2)
3.2.2(MU4)
3.2.2(MU6)
3.3.1(MU1)
3.3.1(MU2)
3.3.1(MU5)
3.3.2
3.3.2(MU1)
4.4.1リリースタイプ:標準サポートリリース
4.5.11リリースタイプ:延長サポートリリース
4.5.3リリースタイプ:延長サポートリリース
4.5.7リリースタイプ:延長サポートリリース
9.5.8リリースタイプ:延長サポートリリース

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

デバイスグループ

名前

実施しました

SSH

ストレージ管理ID

実施しました

SSH

を入力します

ギャップ

SSH

ディスク

容量(GB)

実施しました

SSH

容量を使用

ディスクID

実施しました

SSH

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

場所

ギャップ

SSH

このディスクがアレイ内に物理的に配置されている場所

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

ロール

実施しました

SSH

ロールの列挙値

実施しました

SSH

ディスクロールの列挙子

シリアル番号

実施しました

SSH

ステータス

実施しました

SSH

ステータスの列挙値

実施しました

SSH

ディスクステータスの列挙

を入力します

ギャップ

SSH

Enumと入力します

実施しました

SSH

ディスクタイプの列挙子

ベンダー

実施しました

SSH

ベンダーID

実施しました

SSH

iSCSIネットワークポータル

IP

実施しました

SSH

リスニングポート

実施しました

SSH

NIC

実施しました

SSH

OID

実施しました

SSH

iSCSIネットワークポータルグループ

OID

実施しました

SSH

ポータルグループ名

実施しました

SSH

ポータルグループタグ

実施しました

SSH

iSCSIノード

ノード名

実施しました

SSH

OID

実施しました

SSH

を入力します

ギャップ

SSH

iSCSIセッション

OID

実施しました

SSH

イニシエータOID

実施しました

SSH

ポータルグループOID

実施しました

SSH

ターゲットセッションID

実施しました

SSH

接続数

実施しました

SSH

最大接続数

実施しました

SSH

イニシエータIPS

実施しました

SSH

セキュリティ

実施しました

SSH

情報

API名

実施しました

SSH

APIのバージョン

実施しました

SSH

データソース名

実施しました

SSH

情報

日付

実施しました

SSH

発信者ID

実施しました

SSH

ストレージ

IPを表示します

実施しました

SSH

失敗した物理容量

実施しました

SSH

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

SSH

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

SSH

製造元

実施しました

SSH

マイクロコードのバージョン

実施しました

SSH

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

合計物理容量

実施しました

SSH

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

SSH

スペアの物理容量

実施しました

SSH

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

メモリサイズ

ギャップ

SSH

デバイスメモリ(MB単位)

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

プロセッサ数

実施しました

SSH

デバイスCPU

状態

実施しました

SSH

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

UUID

実施しました

SSH

アップタイム

実施しました

SSH

時間(ミリ秒)

バージョン

実施しました

SSH

ソフトウェアバージョン

ストレージプール

自動階層化

実施しました

SSH

このストレージプールが他のプールとの自動階層化に参加しているかどうかを示します

圧縮が有効になりました

実施しました

SSH

ストレージプールで圧縮が有効になっている

圧縮による削減量

実施しました

SSH

圧縮による削減率

データの割り当て容量

ギャップ

SSH

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

SSH

重複排除が有効です

実施しました

SSH

ストレージプールで重複排除が有効になっている

重複排除の削減量

実施しました

SSH

重複排除による削減率

DWH容量に含める

実施しました

SSH

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

SSH

その他の割り当て済み容量

ギャップ

SSH

他の(スナップショットではなくデータ)に割り当てられている容量

その他の使用容量(MB)

実施しました

SSH

データとSnapshot以外の容量

物理ディスク容量(MB)

実施しました

SSH

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

SSH

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

SSH

使用可能容量から物理容量への変換率

冗長性

実施しました

SSH

冗長性レベル

Snapshotの割り当て容量

ギャップ

SSH

Snapshotの割り当て済み容量(MB単位)

Snapshotの使用容量

実施しました

SSH

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

SSH

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

SSH

合計使用容量

実施しました

SSH

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

SSH

ベンダー階層

実施しました

SSH

ベンダー固有の階層名

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージ同期

モード

実施しました

SSH

モード列挙

実施しました

SSH

ソースボリューム

実施しました

SSH

状態

実施しました

SSH

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

状態の列挙

実施しました

SSH

ターゲットボリューム

実施しました

SSH

テクノロジ

実施しました

SSH

ストレージ効率化の原因となるテクノロジが変化しています

ボリューム

AutoTier Policy Identifierの略

実施しました

SSH

動的階層ポリシーの識別子

自動階層化

実施しました

SSH

このストレージプールが他のプールとの自動階層化に参加しているかどうかを示します

容量

実施しました

SSH

Snapshotの使用容量(MB単位)

名前

実施しました

SSH

合計物理容量

実施しました

SSH

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

冗長性

実施しました

SSH

冗長性レベル

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニング

実施しました

SSH

を入力します

ギャップ

SSH

UUID

実施しました

SSH

使用済み容量

実施しました

SSH

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

ボリュームマップ

LUN

実施しました

SSH

バックエンドLUNの名前

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

SSH

ストレージポート

実施しました

SSH

を入力します

ギャップ

SSH

ボリュームマスク

イニシエータ

実施しました

SSH

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

SSH

ストレージポート

実施しました

SSH

を入力します

ギャップ

SSH

ボリューム参照

名前

実施しました

SSH

ストレージIP

実施しました

SSH

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

SSH

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

SSH

ソース

実施しました

SSH

WWN

実施しました

SSH

パフォーマンス

ディスク

IOPS読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS -書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

スループット読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

合計スループット

実施しました

SMI-Sの使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

ストレージ

キャッシュヒット率読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

キャッシュヒット率の合計

実施しました

SMI-Sの使用

キャッシュヒット率書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

失敗した物理容量

実施しました

SMI-Sの使用

物理容量

実施しました

SMI-Sの使用

スペアの物理容量

実施しました

SMI-Sの使用

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

ストレージプールの容量

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS:その他

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS -書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシ読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシ合計

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシライト

実施しました

SMI-Sの使用

部分ブロック率

実施しました

SMI-Sの使用

スループット読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

合計スループット

実施しました

SMI-Sの使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

書き込み保留中です

実施しました

SMI-Sの使用

合計書き込み保留中です

ストレージノード

キャッシュヒット率の合計

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS -書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシ読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシ合計

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシライト

実施しました

SMI-Sの使用

スループット読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

合計スループット

実施しました

SMI-Sの使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

利用率の合計

実施しました

SMI-Sの使用

StoragePoolディスク

プロビジョニング済み容量

実施しました

SMI-Sの使用

物理容量

実施しました

SMI-Sの使用

合計容量

実施しました

SMI-Sの使用

使用済み容量

実施しました

SMI-Sの使用

オーバーコミット容量率です

実施しました

SMI-Sの使用

時系列で報告されます

使用容量の比率

実施しました

SMI-Sの使用

合計データ容量

実施しました

SMI-Sの使用

データの使用容量

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS -書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

その他の合計容量

実施しました

SMI-Sの使用

その他の使用容量

実施しました

SMI-Sの使用

Snapshotのリザーブ容量

実施しました

SMI-Sの使用

Snapshotの使用容量

実施しました

SMI-Sの使用

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

SMI-Sの使用

時系列で報告されます

スループット読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

合計スループット

実施しました

SMI-Sの使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

ボリューム

キャッシュヒット率読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

キャッシュヒット率の合計

実施しました

SMI-Sの使用

キャッシュヒット率書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

物理容量

実施しました

SMI-Sの使用

合計容量

実施しました

SMI-Sの使用

使用済み容量

実施しました

SMI-Sの使用

使用容量の比率

実施しました

SMI-Sの使用

容量比率の書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

SMI-Sの使用

IOPS -書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシ読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシ合計

実施しました

SMI-Sの使用

レイテンシライト

実施しました

SMI-Sの使用

部分ブロック率

実施しました

SMI-Sの使用

スループット読み取り

実施しました

SMI-Sの使用

合計スループット

実施しました

SMI-Sの使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

SMI-Sの使用

書き込み保留中です

実施しました

SMI-Sの使用

合計書き込み保留中です

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

3PAR SMI-Sの2つのタイプがあります

SMI-Sの使用

HTTP / HTTPS

5988/5989

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

3PAR CLIの場合

SSH

SSH

22.

正しいです

いいえ

正しいです

正しいです

Amazon AWS EC2

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

APIのバージョン

2014-10-01

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

データストア

容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量(MB単位)

MOID

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

OID

実施しました

HTTPS

プロビジョニング済み容量

実施しました

HTTPS

Virtual Center IPの略

実施しました

HTTPS

サブスクリプションID

実施しました

HTTPS

サーバ

クラスタ

実施しました

HTTPS

クラスタ名

データセンター名

実施しました

HTTPS

ホストOID

実施しました

HTTPS

MOID

実施しました

HTTPS

OID

実施しました

HTTPS

Virtual Center IPの略

実施しました

HTTPS

仮想ディスク

容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量(MB単位)

データストアOID

実施しました

HTTPS

課金対象

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

OID

実施しました

HTTPS

を入力します

ギャップ

HTTPS

はSnapshotです

実施しました

HTTPS

サブスクリプションID

実施しました

HTTPS

仮想マシン

DNS名

実施しました

HTTPS

ゲストの状態

実施しました

HTTPS

データストアOID

実施しました

HTTPS

ホストOID

実施しました

HTTPS

IPS

実施しました

HTTPS

MOID

実施しました

HTTPS

メモリ

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

OID

実施しました

HTTPS

OS

実施しました

HTTPS

電源の状態

実施しました

HTTPS

状態変更時間(State Change Time)

実施しました

HTTPS

プロセッサ

実施しました

HTTPS

プロビジョニング済み容量

実施しました

HTTPS

インスタンスタイプ( Instance Type )

実施しました

HTTPS

起動時間

実施しました

HTTPS

ライフサイクル

実施しました

HTTPS

パブリックIPS

実施しました

HTTPS

セキュリティグループ

実施しました

HTTPS

サブスクリプションID

実施しました

HTTPS

仮想マシンディスク

OID

実施しました

HTTPS

VirtualDisk OID

実施しました

HTTPS

仮想マシンOID

実施しました

HTTPS

ホスト

ホストOS

実施しました

HTTPS

IPS

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

OID

実施しました

HTTPS

情報

API概要 の略

実施しました

HTTPS

API名

実施しました

HTTPS

APIのバージョン

実施しました

HTTPS

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

Originatorキー

実施しました

HTTPS

パフォーマンス

データストア

プロビジョニング済み容量

実施しました

HTTPS

合計容量

実施しました

HTTPS

オーバーコミット容量率です

実施しました

HTTPS

時系列で報告されます

仮想ディスク

合計容量

実施しました

HTTPS

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

IOPS -書き込み

実施しました

HTTPS

レイテンシ読み取り

実施しました

HTTPS

レイテンシ合計

実施しました

HTTPS

レイテンシライト

実施しました

HTTPS

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

VM

合計容量

実施しました

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

使用容量の比率

実施しました

HTTPS

合計CPU利用率

実施しました

HTTPS

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ディスク上の読み取りIOPSの数

diskIops.total

実施しました

HTTPS

ディスクIOPS書き込み

実施しました

HTTPS

レイテンシ読み取り

実施しました

HTTPS

レイテンシ合計

実施しました

HTTPS

レイテンシライト

実施しました

HTTPS

ディスクスループット読み込み

実施しました

HTTPS

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

ディスクの合計スループット読み取り

ディスクスループット書き込み

実施しました

HTTPS

IPスループット読み込み

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

IPスループットの合計

ipThroughput書き込み

実施しました

HTTPS

合計メモリ利用率

実施しました

HTTPS

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

EC2 APIの場合

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Amazon AWS S3

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

S3

2010-08-01

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

情報

API概要 の略

実施しました

HTTPS

API名

実施しました

HTTPS

APIのバージョン

実施しました

HTTPS

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

Originatorキー

実施しました

HTTPS

内部ボリューム

重複排除が有効です

実施しました

HTTPS

ストレージプールで重複排除が有効になっている

内部ボリュームID

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニング

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

HTTPS

qtree

名前

実施しました

HTTPS

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

を入力します

ギャップ

HTTPS

ストレージ

IPを表示します

実施しました

HTTPS

失敗した物理容量

実施しました

HTTPS

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

HTTPS

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

マイクロコードのバージョン

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

合計物理容量

実施しました

HTTPS

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

スペアの物理容量

実施しました

HTTPS

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージプール

DWH容量に含める

実施しました

HTTPS

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

HTTPS

物理ディスク容量(MB)

実施しました

HTTPS

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

HTTPS

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

を入力します

ギャップ

HTTPS

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

パフォーマンス

内部ボリューム

合計容量

実施しました

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

使用容量の比率

実施しました

HTTPS

合計オブジェクト数

実施しました

HTTPS

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

S3 API

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Microsoft Azure NetApp Files の略

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

APIのバージョン モデル

2019-06-01

Azure NetApp Files の特長

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ファイル共有

にはInternalVolumeを指定します

実施しました

HTTPS

ファイル共有が内部ボリューム(ネットアップボリューム)であるか、内部ボリューム内のqtree /フォルダであるか

は共有です

実施しました

HTTPS

このファイル共有に関連付けられている共有があるかどうか

名前

実施しました

HTTPS

パス

実施しました

HTTPS

FileShareのパス

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

情報

APIのバージョン

実施しました

HTTPS

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

内部ボリューム

データの割り当て容量

ギャップ

HTTPS

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

HTTPS

重複排除が有効です

実施しました

HTTPS

ストレージプールで重複排除が有効になっている

内部ボリュームID

実施しました

HTTPS

最終Snapshot時間

実施しました

HTTPS

最後のSnapshotの時刻

名前

実施しました

HTTPS

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

Snapshot数

実施しました

HTTPS

内部ボリューム上のSnapshotの数

Snapshotの使用容量

実施しました

HTTPS

ステータス

実施しました

HTTPS

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニング

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

合計使用容量(MB)

実施しました

HTTPS

使用容量のホルダーをデバイスからの読み取り用に配置します

を入力します

ギャップ

HTTPS

UUID

実施しました

HTTPS

qtree

名前

実施しました

HTTPS

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

クォータハード容量制限(MB)

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

セキュリティ形式

実施しました

HTTPS

ディレクトリのセキュリティ形式:unix、ntfs、またはmixed

ステータス

実施しました

HTTPS

を入力します

ギャップ

HTTPS

クォータ

ハード容量制限(MB)

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許容される最大ディスクスペース(ハードリミット)

内部ボリュームID

実施しました

HTTPS

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

クォータID

実施しました

HTTPS

クォータの一意のID

を入力します

ギャップ

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

共有

IPインターフェイス

実施しました

HTTPS

この共有が公開されるIPアドレスをカンマで区切ったリスト

名前

実施しました

HTTPS

プロトコル

実施しました

HTTPS

共有プロトコルの列挙子

共有イニシエータ

イニシエータ

実施しました

HTTPS

アクセス権

実施しました

HTTPS

この特定の共有の権限

ストレージ

IPを表示します

実施しました

HTTPS

失敗した物理容量

実施しました

HTTPS

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

HTTPS

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

合計物理容量

実施しました

HTTPS

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スペアの物理容量

実施しました

HTTPS

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージプール

データの割り当て容量

ギャップ

HTTPS

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

HTTPS

DWH容量に含める

実施しました

HTTPS

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

HTTPS

物理ディスク容量(MB)

実施しました

HTTPS

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

HTTPS

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

ステータス

実施しました

HTTPS

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

HTTPS

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

パフォーマンス

内部ボリューム

レイテンシ合計

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

レイテンシ読み取り

実施しました

IOPS:その他

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

スループット書き込み

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

IOPSの合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

合計容量

実施しました

使用済み容量

実施しました

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

時系列で報告されます

使用容量の比率

実施しました

合計データ容量

実施しました

データの使用容量

実施しました

Snapshotの使用容量

実施しました

StoragePoolディスク

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Azure NetApp Files REST API

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Brocade ファイバチャネルスイッチ

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

178.0
183.0
Brocade 200E
Brocade 300E
Brocade 3900
Brocade 4024 Embedded
Brocade 48000
Brocade 5000
Brocade 5100
Brocade 5300
Brocade 5480エンベデッド
Brocade 6505
Brocade 6510
Brocade 6520
Brocade 6548
Brocade 7800
Brocade 7840
Brocade DCX
Brocade DCX-4Sバックボーン
Brocade DCX8510-4
Brocade DCX8510-8
Brocade G610
Brocade G620
Brocade G630
Brocade G720
Brocade M5424エンベデッド
Brocade X6-4
Brocade X6-8
Brocade X7-4
Brocade X7-8

V5.3.2c
V6.2.1b
V6.2.2G
v6.3.2
V6.4.1a
V6.4.2
V6.4.2a
v7.0.0
v7.0.1b
v7.1.0c
v7.3.0c
V7.3.1d
V7.4.1d
V7.4.1f
V7.4.2a
V7.4.2c
V7.4.2D
V7.4.2G
V7.4.2G_CVR_824494_01
V7.4.2h
V7.4.2j1
v8.0.2a
v8.0.2c
v8.0.2D
v8.1.2G
v8.1.2j
v8.1.2k
v8.2.0
v8.2.0b
v8.2.1c
v8.2.1d
v8.2.2a
v8.2.2b
v8.2.2c
v8.2.2D
v8.2.2d4
v8.2.3
v8.2.3a
v8.2.3A1
v8.2.3b
v8.2.3c
v8.2.3C1
v9.0.0b
v9.0.1a
v9.0.1b4
v9.0.1c
v9.0.1d
v9.0.1e
v9.0.1e1
v9.1.0b
v9.1.1
v9.1.1_01
v9.1.1b

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

FCネームサーバエントリ

FC ID

実施しました

SSH

NXポートWWN

実施しました

SSH

physicalica lport WWN(物理ポートWWN)

実施しました

SSH

スイッチポートのWWN

実施しました

SSH

ファブリック

名前

実施しました

手動入力

VSANがイネーブルです

実施しました

SSH

vsanId

実施しました

SSH

WWN

実施しました

SSH

IVR物理ファブリック

IVRシャーシWWN

実施しました

SSH

IVR対応シャーシWWNのカンマ区切りリスト

最小IVRChassis WWN

実施しました

SSH

IVRファブリックの識別子

情報

データソース名

実施しました

SSH

情報

日付

実施しました

SSH

発信者ID

実施しました

SSH

Originatorキー

実施しました

SSH

Logical Switch の略

シャーシWWN

実施しました

SSH

ドメインID

実施しました

SSH

ファームウェアバージョン

実施しました

SSH

IP

実施しました

SSH

製造元

実施しました

SSH

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

手動入力

シリアル番号

実施しました

SSH

スイッチのロール

実施しました

SSH

スイッチの状態

実施しました

SSH

スイッチのステータス

実施しました

SSH

を入力します

ギャップ

SSH

WWN

実施しました

SSH

ポート

ブレード

実施しました

SSH

FC4プロトコル

実施しました

SSH

GBICタイプ

実施しました

SSH

生成されました

実施しました

SSH

名前

実施しました

手動入力

ノードWWN

実施しました

SSH

WWNが存在しない場合はポートIDを使用してレポートする必要があります。

ポート ID

実施しました

SSH

ポート番号

実施しました

SSH

ポート速度

実施しました

SSH

ポートの状態

実施しました

SSH

ポートステータス

実施しました

SSH

ポートタイプ( Port Type )

実施しました

SSH

物理ポートのステータス

実施しました

SSH

raw速度ギガビット

実施しました

SSH

不明な接続

実施しました

SSH

WWN

実施しました

SSH

スイッチ

ドメインID

実施しました

SSH

ファームウェアバージョン

実施しました

SSH

IP

実施しました

SSH

URLを管理します

実施しました

SSH

製造元

実施しました

SSH

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

手動入力

シリアル番号

実施しました

SSH

スイッチのロール

実施しました

SSH

スイッチの状態

実施しました

SSH

スイッチのステータス

実施しました

SSH

を入力します

ギャップ

SSH

VSANがイネーブルです

実施しました

SSH

WWN

実施しました

SSH

不明です

ドライバ

実施しました

SSH

ファームウェア

実施しました

SSH

生成されました

実施しました

SSH

製造元

実施しました

SSH

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

手動入力

WWN

実施しました

SSH

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

SSH

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

SSH

ソース

実施しました

SSH

WWN

実施しました

SSH

ゾーン

ゾーン名

実施しました

SSH

ゾーンメンバー

を入力します

ギャップ

SSH

WWN

実施しました

SSH

ゾーニング機能

アクティブな構成

実施しました

SSH

コンフィギュレーション名(Configuration Name)

実施しました

SSH

デフォルトのゾーニング動作

実施しました

SSH

WWN

実施しました

SSH

パフォーマンス

ポート

BBクレジット

実施しました

SNMP

BBクレジットゼロ合計

実施しました

SNMP

BBクレジット

実施しました

SNMP

BBクレジットがゼロになります

実施しました

SNMP

portErrors.class3破棄

実施しました

SNMP

portErrors.crc

実施しました

SNMP

ポートエラー

実施しました

SNMP

portErrors.encOut

実施しました

SNMP

ポートエラー

実施しました

SNMP

長いフレームが原因のポートエラーです

ポートエラー

実施しました

SNMP

短いフレームによるポートエラーです

portErrors.linkFailure

実施しました

SNMP

ポートエラーリンク障害

portErrors.linkResetRx

実施しました

SNMP

ポートエラー

実施しました

SNMP

リンクがリセットされたためポートエラーが発生しました

ポートエラー

実施しました

SNMP

ポートエラー信号損失

ポートエラー

実施しました

SNMP

ポートエラー同期が失われました

ポートエラー

実施しました

SNMP

ポートエラータイムアウトの破棄

ポートエラー

実施しました

SNMP

合計ポートエラー数

トラフィックフレームレート

実施しました

SNMP

合計トラフィックフレームレート

実施しました

SNMP

トラフィックフレームレート

実施しました

SNMP

平均フレームサイズ

実施しました

SNMP

トラフィックの平均フレームサイズ

Tx Frames(送信フレーム)

実施しました

SNMP

トラフィックの平均フレームサイズ

トラフィックレート

実施しました

SNMP

合計トラフィックレート

実施しました

SNMP

トラフィックレート

実施しました

SNMP

トラフィック利用率

実施しました

SNMP

トラフィック利用率

実施しました

SNMP

合計トラフィック使用率

トラフィック利用率

実施しました

SNMP

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Brocade SNMP

SNMP

SNMPv1、SNMPv2、SNMPv3

161

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Brocade SSH

SSH

SSH

22.

いいえ

いいえ

正しいです

正しいです

データソースウィザードの設定

手動入力

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Brocade Network Advisor HTTP

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

APIのバージョン モデル ファームウェアバージョン

14.4.1
14.4.3
14.4.4
14.4.5

Brocade 5300
Brocade 6510
Brocade 6520
Brocade 6548
Brocade DCX 8510-8
Brocade G620
DS-6620B
EMC Connectrix ED-DCX8510-8B

v7.2.1a
V7.3.1a
V7.4.1b
V7.4.2D
v8.2.3b
v8.2.3c
v9.0.1a
v9.0.1b
v9.0.1e1

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

FCネームサーバエントリ

FC ID

実施しました

HTTP/S

NXポートWWN

実施しました

HTTP/S

physicalica lport WWN(物理ポートWWN)

実施しました

HTTP/S

スイッチポートのWWN

実施しました

HTTP/S

ファブリック

名前

実施しました

HTTP/S

VSANがイネーブルです

実施しました

HTTP/S

vsanId

実施しました

HTTP/S

WWN

実施しました

HTTP/S

情報

API概要 の略

実施しました

HTTP/S

API名

実施しました

HTTP/S

APIのバージョン

実施しました

HTTP/S

データソース名

実施しました

HTTP/S

情報

日付

実施しました

HTTP/S

発信者ID

実施しました

HTTP/S

Originatorキー

実施しました

HTTP/S

ポート

ブレード

実施しました

HTTP/S

FC4プロトコル

実施しました

HTTP/S

GBICタイプ

実施しました

HTTP/S

生成されました

実施しました

HTTP/S

名前

実施しました

HTTP/S

ポート ID

実施しました

HTTP/S

ポート番号

実施しました

HTTP/S

ポート速度

実施しました

HTTP/S

ポートの状態

実施しました

HTTP/S

ポートステータス

実施しました

HTTP/S

ポートタイプ( Port Type )

実施しました

HTTP/S

物理ポートのステータス

実施しました

HTTP/S

raw速度ギガビット

実施しました

HTTP/S

不明な接続

実施しました

HTTP/S

WWN

実施しました

HTTP/S

スイッチ

ドメインID

実施しました

HTTP/S

ファームウェアバージョン

実施しました

HTTP/S

IP

実施しました

HTTP/S

URLを管理します

実施しました

HTTP/S

製造元

実施しました

HTTP/S

モデル

実施しました

HTTP/S

名前

実施しました

HTTP/S

シリアル番号

実施しました

HTTP/S

スイッチのロール

実施しました

HTTP/S

スイッチの状態

実施しました

HTTP/S

スイッチのステータス

実施しました

HTTP/S

を入力します

ギャップ

HTTP/S

WWN

実施しました

HTTP/S

不明です

ドライバ

実施しました

HTTP/S

ファームウェア

実施しました

HTTP/S

製造元

実施しました

HTTP/S

モデル

実施しました

HTTP/S

WWN

実施しました

HTTP/S

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

HTTP/S

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

HTTP/S

ソース

実施しました

HTTP/S

WWN

実施しました

HTTP/S

ゾーン

ゾーン名

実施しました

HTTP/S

ゾーンメンバー

を入力します

ギャップ

HTTP/S

WWN

実施しました

HTTP/S

ゾーニング機能

アクティブな構成

実施しました

HTTP/S

コンフィギュレーション名(Configuration Name)

実施しました

HTTP/S

WWN

実施しました

HTTP/S

パフォーマンス

ポート

BBクレジットゼロ合計

実施しました

HTTP/S

BBクレジット

実施しました

HTTP/S

BBクレジットがゼロになります

実施しました

HTTP/S

portErrors.class3破棄

実施しました

HTTP/S

portErrors.crc

実施しました

HTTP/S

ポートエラー

実施しました

HTTP/S

ポートエラー

実施しました

HTTP/S

短いフレームによるポートエラーです

portErrors.linkFailure

実施しました

HTTP/S

ポートエラーリンク障害

ポートエラー

実施しました

HTTP/S

ポートエラー信号損失

ポートエラー

実施しました

HTTP/S

ポートエラー同期が失われました

ポートエラー

実施しました

HTTP/S

ポートエラータイムアウトの破棄

ポートエラー

実施しました

HTTP/S

合計ポートエラー数

トラフィックレート

実施しました

HTTP/S

合計トラフィックレート

実施しました

HTTP/S

トラフィックレート

実施しました

HTTP/S

トラフィック利用率

実施しました

HTTP/S

トラフィック利用率

実施しました

HTTP/S

合計トラフィック使用率

トラフィック利用率

実施しました

HTTP/S

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Brocade Network Advisor REST API

HTTP / HTTPS

HTTP / HTTPS

80対443

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Brocade FOS REST

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

Brocade 6505
Brocade G720
Brocade X6-8

v8.2.3c
v8.2.3C1
v9.0.1e1
v9.1.1b

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

FCネームサーバエントリ

FC ID

実施しました

HTTPS

NXポートWWN

実施しました

HTTPS

physicalica lport WWN(物理ポートWWN)

実施しました

HTTPS

スイッチポートのWWN

実施しました

HTTPS

ファブリック

名前

実施しました

HTTPS

VSANがイネーブルです

実施しました

HTTPS

vsanId

実施しました

HTTPS

WWN

実施しました

HTTPS

情報

API概要 の略

実施しました

HTTPS

API名

実施しました

HTTPS

APIのバージョン

実施しました

HTTPS

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

Originatorキー

実施しました

HTTPS

Logical Switch の略

WWN

実施しました

HTTPS

IP

実施しました

HTTPS

ファームウェアバージョン

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

スイッチのロール

実施しました

HTTPS

を入力します

ギャップ

HTTPS

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スイッチの状態

実施しました

HTTPS

ドメインID

実施しました

HTTPS

シャーシWWN

実施しました

HTTPS

ポート

ブレード

実施しました

HTTPS

生成されました

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

ノードWWN

実施しました

HTTPS

WWNが存在しない場合はポートIDを使用してレポートする必要があります。

ポート ID

実施しました

HTTPS

ポート番号

実施しました

HTTPS

ポート速度

実施しました

HTTPS

ポートの状態

実施しました

HTTPS

ポートステータス

実施しました

HTTPS

ポートタイプ( Port Type )

実施しました

HTTPS

物理ポートのステータス

実施しました

HTTPS

raw速度ギガビット

実施しました

HTTPS

不明な接続

実施しました

HTTPS

WWN

実施しました

HTTPS

説明

実施しました

HTTPS

スイッチ

ドメインID

実施しました

HTTPS

ファームウェアバージョン

実施しました

HTTPS

IP

実施しました

HTTPS

URLを管理します

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スイッチのロール

実施しました

HTTPS

スイッチの状態

実施しました

HTTPS

スイッチのステータス

実施しました

HTTPS

を入力します

ギャップ

HTTPS

VSANがイネーブルです

実施しました

HTTPS

WWN

実施しました

HTTPS

不明です

ドライバ

実施しました

HTTPS

ファームウェア

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

WWN

実施しました

HTTPS

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

HTTPS

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

HTTPS

ソース

実施しました

HTTPS

WWN

実施しました

HTTPS

ゾーン

ゾーン名

実施しました

HTTPS

ゾーンメンバー

を入力します

ギャップ

HTTPS

WWN

実施しました

HTTPS

ゾーニング機能

アクティブな構成

実施しました

HTTPS

コンフィギュレーション名(Configuration Name)

実施しました

HTTPS

デフォルトのゾーニング動作

実施しました

HTTPS

WWN

実施しました

HTTPS

パフォーマンス

ポート

BBクレジット

実施しました

HTTPS

BBクレジットゼロ合計

実施しました

HTTPS

BBクレジット

実施しました

HTTPS

BBクレジットがゼロになります

実施しました

HTTPS

portErrors.class3破棄

実施しました

HTTPS

portErrors.crc

実施しました

HTTPS

ポートエラー

実施しました

HTTPS

portErrors.encOut

実施しました

HTTPS

ポートエラー

実施しました

HTTPS

長いフレームが原因のポートエラーです

ポートエラー

実施しました

HTTPS

短いフレームによるポートエラーです

portErrors.linkFailure

実施しました

HTTPS

ポートエラーリンク障害

portErrors.linkResetRx

実施しました

HTTPS

ポートエラー

実施しました

HTTPS

リンクがリセットされたためポートエラーが発生しました

ポートエラー

実施しました

HTTPS

ポートエラー信号損失

ポートエラー

実施しました

HTTPS

ポートエラー同期が失われました

ポートエラー

実施しました

HTTPS

合計ポートエラー数

トラフィックフレームレート

実施しました

HTTPS

合計トラフィックフレームレート

実施しました

HTTPS

トラフィックフレームレート

実施しました

HTTPS

平均フレームサイズ

実施しました

HTTPS

トラフィックの平均フレームサイズ

Tx Frames(送信フレーム)

実施しました

HTTPS

トラフィックの平均フレームサイズ

トラフィックレート

実施しました

HTTPS

合計トラフィックレート

実施しました

HTTPS

トラフィックレート

実施しました

HTTPS

トラフィック利用率

実施しました

HTTPS

トラフィック利用率

実施しました

HTTPS

合計トラフィック使用率

トラフィック利用率

実施しました

HTTPS

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Brocade FOS REST API

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Cisco MDS / Nexusファブリックスイッチ

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

8978-E04
CN1610
DS-C9124-2-K9
DS-C9124-K9
DS-C9132T-K9
DS-C9134-K9
DS-C9148-16P-K9
DS-C9148-32P-K9
DS-C9148-48P-K9
DS-C9148S-K9
DS-C9148T-K9
DS-C9222I-K9
DS-C9250I-K9
DS-C9396S-K9
DS-C9396T-K9
DS-C9506
DS-C9509
DS-C9513
DS-C9706
DS-C9710
DS-C9718
DS-HP-8GFC-K9
DS-HP-FC-K9
N5K-C5548UP
N5K-C5596UP
N5K-C56128P
N5K-C5696Q
UCS-FI-6248UP
UCS-FI-6296UP
UCS-FI-6332
UCS-FI-6332-16UP
UCS-FI-6454

3.3(1c)
4.1(3a)
5.0(1a)
5.0(3)N2(3.11e)
5.0(3)N2(3.23 o)
5.0(3)N2(4.01d)
5.0(3)N2(4.04e)
5.0(3)N2(4.13e)
5.0(3)N2(4.13i)
5.0(3)N2(4.21e)
5.0(3)N2(4.21j)
5.0(3)N2(4.21k)
5.0(3)N2(4.22c)
5.0(8)
5.2(2D)
5.2(3)N2(2.28g)
5.2(6a)
5.2(8)
5.2(8b)
5.2(8c)
5.2(8d)
5.2(8F)
5.2(8g)
5.2(8時間)
5.2(8i)
6.2(1)
6.2(11)
6.2(11b)
6.2(11c)
6.2(11e)
6.2(13)
6.2(13a)
6.2(15)
6.2(17)
6.2(19)
6.2(21)
6.2(23)
6.2(25)
6.2(27)
6.2(29)
6.2(31)
6.2(33)
6.2(5)
6.2(5a)
6.2(7)
6.2(9)
6.2(9a)
6.2(9C)
7.3(0)D1(1)
7.3(0)DY(1)
7.3(1) DY(1)
7.3(1)N1(1)
7.3(13)N1(1)
7.3(6)N1(1)
7.3(8)N1(1)
8.1(1)
8.1(1a)
8.1(1b)
8.2(1)
8.2(2)
8.3(1)
8.3(2)
8.4(1)
8.4(1a)
8.4(2)
8.4(2a)
8.4(2b)
8.4(2c)
8.4(2D)
8.4(2e)
8.4(2f)
8.5(1)
9.2(1)
9.2(1a)
9.2(2)
9.3(2)
9.3(2a)
9.3(5)I42(2a)
9.3(5)I42(2c)

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

FCネームサーバエントリ

FC ID

実施しました

SNMP

NXポートWWN

実施しました

SNMP

physicalica lport WWN(物理ポートWWN)

実施しました

SNMP

スイッチポートのWWN

実施しました

SNMP

ファブリック

名前

実施しました

SNMP

VSANがイネーブルです

実施しました

SNMP

vsanId

実施しました

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

IVR物理ファブリック

IVRシャーシWWN

実施しました

SNMP

IVR対応シャーシWWNのカンマ区切りリスト

最小IVRChassis WWN

実施しました

SNMP

IVRファブリックの識別子

情報

データソース名

実施しました

SNMP

情報

日付

実施しました

SNMP

発信者ID

実施しました

SNMP

Originatorキー

実施しました

SNMP

Logical Switch の略

シャーシWWN

実施しました

SNMP

ドメインID

実施しました

SNMP

DomainIDタイプ

実施しました

SNMP

IP

実施しました

SNMP

製造元

実施しました

SNMP

優先度

実施しました

SNMP

スイッチのロール

実施しました

SNMP

を入力します

ギャップ

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

ポート

ブレード

実施しました

SNMP

GBICタイプ

実施しました

SNMP

生成されました

実施しました

SNMP

名前

実施しました

SNMP

ポート ID

実施しました

SNMP

ポート番号

実施しました

SNMP

ポート速度

実施しました

SNMP

ポートの状態

実施しました

SNMP

ポートステータス

実施しました

SNMP

ポートタイプ( Port Type )

実施しました

SNMP

物理ポートのステータス

実施しました

SNMP

raw速度ギガビット

実施しました

SNMP

不明な接続

実施しました

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

スイッチ

ファームウェアバージョン

実施しました

SNMP

IP

実施しました

SNMP

URLを管理します

実施しました

SNMP

製造元

実施しました

SNMP

モデル

実施しました

SNMP

名前

実施しました

SNMP

SANRouteがイネーブルです

実施しました

SNMP

このシャーシでSANルーティング(IVRなど)が有効になっているかどうかを示します。

シリアル番号

実施しました

SNMP

スイッチのステータス

実施しました

SNMP

を入力します

ギャップ

SNMP

VSANがイネーブルです

実施しました

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

不明です

ドライバ

実施しました

SNMP

ファームウェア

実施しました

SNMP

生成されました

実施しました

SNMP

製造元

実施しました

SNMP

モデル

実施しました

SNMP

名前

実施しました

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

SNMP

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

SNMP

ソース

実施しました

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

ゾーン

ゾーン名

実施しました

SNMP

ゾーンタイプ

実施しました

SNMP

ゾーンメンバー

を入力します

ギャップ

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

ゾーニング機能

アクティブな構成

実施しました

SNMP

コンフィギュレーション名(Configuration Name)

実施しました

SNMP

デフォルトのゾーニング動作

実施しました

SNMP

コントロールのマージ

実施しました

SNMP

WWN

実施しました

SNMP

パフォーマンス

ポート

BBクレジット

実施しました

SNMP

BBクレジットゼロ合計

実施しました

SNMP

BBクレジット

実施しました

SNMP

BBクレジットがゼロになります

実施しました

SNMP

portErrors.class3破棄

実施しました

SNMP

portErrors.crc

実施しました

SNMP

ポートエラー

実施しました

SNMP

長いフレームが原因のポートエラーです

ポートエラー

実施しました

SNMP

短いフレームによるポートエラーです

portErrors.linkFailure

実施しました

SNMP

ポートエラーリンク障害

portErrors.linkResetRx

実施しました

SNMP

ポートエラー

実施しました

SNMP

リンクがリセットされたためポートエラーが発生しました

ポートエラー

実施しました

SNMP

ポートエラー信号損失

ポートエラー

実施しました

SNMP

ポートエラー同期が失われました

ポートエラー

実施しました

SNMP

ポートエラータイムアウトの破棄

ポートエラー

実施しました

SNMP

合計ポートエラー数

トラフィックフレームレート

実施しました

SNMP

合計トラフィックフレームレート

実施しました

SNMP

トラフィックフレームレート

実施しました

SNMP

平均フレームサイズ

実施しました

SNMP

トラフィックの平均フレームサイズ

Tx Frames(送信フレーム)

実施しました

SNMP

トラフィックの平均フレームサイズ

トラフィックレート

実施しました

SNMP

合計トラフィックレート

実施しました

SNMP

トラフィックレート

実施しました

SNMP

トラフィック利用率

実施しました

SNMP

トラフィック利用率

実施しました

SNMP

合計トラフィック使用率

トラフィック利用率

実施しました

SNMP

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Cisco SNMP

SNMP

SNMPv1(インベントリのみ)、SNMPv2、SNMPv3

161

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

凝集性

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

C2500
C2505
C4000コンピューティングノード
C4600
C5036
C5066
C6025
C6035
C6055
PXG1
UCS-C240M5H10

6.5.1f_release-20210913_13f6a4bf
6.5.1f_u1_release-20211027_9e4e40cb
6.6.0d_u6_release-20221204_c03629f0
6.8.1_release-20220807_6c9115ef
6.8.1_U1_RELEASE - 20221022_6f58ed2a
6.8.1_U2_RELEASE - 20230412_5ced2ed3
6.8.1_U3_RELEASE - 20230509_1e641b74
7.0_U1_RELEASE-20230222_8995f044

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

容量を使用

ディスクID

実施しました

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

名前

実施しました

ファイル共有

にはInternalVolumeを指定します

実施しました

ファイル共有が内部ボリューム(ネットアップボリューム)であるか、内部ボリューム内のqtree /フォルダであるか

は共有です

実施しました

このファイル共有に関連付けられている共有があるかどうか

名前

実施しました

パス

実施しました

FileShareのパス

qtree ID

実施しました

qtreeの一意のID

情報

API名

実施しました

データソース名

実施しました

情報

日付

実施しました

発信者ID

実施しました

Originatorキー

実施しました

内部ボリューム

圧縮が有効になりました

実施しました

ストレージプールで圧縮が有効になっている

重複排除が有効です

実施しました

ストレージプールで重複排除が有効になっている

重複排除の削減量

実施しました

重複排除による削減率

内部ボリュームID

実施しました

名前

実施しました

使用可能な物理比率

実施しました

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

シンプロビジョニング

実施しました

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

合計使用容量

実施しました

合計容量(MB)

合計使用容量(MB)

実施しました

使用容量のホルダーをデバイスからの読み取り用に配置します

を入力します

ギャップ

qtree

名前

実施しました

qtree ID

実施しました

qtreeの一意のID

を入力します

ギャップ

共有

IPインターフェイス

実施しました

この共有が公開されるIPアドレスをカンマで区切ったリスト

名前

実施しました

プロトコル

実施しました

共有プロトコルの列挙子

ストレージ

IPを表示します

実施しました

失敗した物理容量

実施しました

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

URLを管理します

実施しました

製造元

実施しました

マイクロコードのバージョン

実施しました

モデル

実施しました

名前

実施しました

合計物理容量

実施しました

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

スペアの物理容量

実施しました

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

モデル

実施しました

名前

実施しました

シリアル番号

実施しました

UUID

実施しました

バージョン

実施しました

ソフトウェアバージョン

ストレージプール

圧縮が有効になりました

実施しました

ストレージプールで圧縮が有効になっている

重複排除が有効です

実施しました

ストレージプールで重複排除が有効になっている

重複排除の削減量

実施しました

重複排除による削減率

DWH容量に含める

実施しました

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

物理ディスク容量(MB)

実施しました

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

使用可能容量から物理容量への変換率

ステータス

実施しました

ストレージプールID

実施しました

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

合計使用容量

実施しました

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

暗号化

実施しました

パフォーマンス

ディスク

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

利用率の合計

実施しました

内部ボリューム

合計容量

実施しました

使用容量の比率

実施しました

使用済み容量

実施しました

qtree.10以上

ストレージ

レイテンシ合計

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

レイテンシ読み取り

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

スループット書き込み

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

IOPSの合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

利用率の合計

実施しました

StoragePoolディスク

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

スループット書き込み

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

IOPSの合計

実施しました

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Cohesity REST API

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

EMC Celerra(SSH)

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

NS-480FC
NSX
VG8
VNX5200
VNX5300
VNX5400
VNX5600
VNX7600

5.5.38-1
6.0.65-2
7.1.76-4
7.1.79-8
7.1.83-2
8.1.21-266
8.1.21-303
8.1.9-155

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ファイル共有

にはInternalVolumeを指定します

実施しました

SSH

ファイル共有が内部ボリューム(ネットアップボリューム)であるか、内部ボリューム内のqtree /フォルダであるか

は共有です

実施しました

SSH

このファイル共有に関連付けられている共有があるかどうか

名前

実施しました

SSH

パス

実施しました

SSH

FileShareのパス

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

ステータス

実施しました

SSH

情報

API名

実施しました

SSH

APIのバージョン

実施しました

SSH

データソース名

実施しました

SSH

情報

日付

実施しました

SSH

発信者ID

実施しました

SSH

Originatorキー

実施しました

SSH

内部ボリューム

データの割り当て容量

ギャップ

SSH

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

SSH

重複排除が有効です

実施しました

SSH

ストレージプールで重複排除が有効になっている

重複排除の削減量

実施しました

SSH

重複排除による削減率

GuidKey 1.

実施しました

SSH

GuidKey1は、OCIバージョン7.3.5以降にGUIDキーが変更されていないすべてのオブジェクトを対象としています。

ガイドキー2.

実施しました

SSH

GuidKey2は、OCIバージョン7.3.5以降でGUIDキーが変更されていないすべてのオブジェクトに暗黙的に適用されます。

内部ボリュームID

実施しました

SSH

最終Snapshot時間

実施しました

SSH

最後のSnapshotの時刻

名前

実施しました

SSH

その他の割り当て済み容量

ギャップ

SSH

他の(スナップショットではなくデータ)に割り当てられている容量

その他の使用容量(MB)

実施しました

SSH

データとSnapshot以外の容量

使用可能な物理比率

実施しました

SSH

使用可能容量から物理容量への変換率

Snapshot数

実施しました

SSH

内部ボリューム上のSnapshotの数

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニング

実施しました

SSH

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

SSH

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

SSH

合計使用容量

実施しました

SSH

合計容量(MB)

合計使用容量(MB)

実施しました

SSH

使用容量のホルダーをデバイスからの読み取り用に配置します

を入力します

ギャップ

SSH

Virtual Storageの略

実施しました

SSH

仮想ストレージを所有(vFiler)

qtree

GuidKey 1.

実施しました

SSH

GuidKey1は、OCIバージョン7.3.5以降にGUIDキーが変更されていないすべてのオブジェクトを対象としています。

ガイドキー2.

実施しました

SSH

GuidKey2は、OCIバージョン7.3.5以降でGUIDキーが変更されていないすべてのオブジェクトに暗黙的に適用されます。

名前

実施しました

SSH

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

クォータハード容量制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

クォータソフト容量の制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

クォータ使用済み容量

実施しました

SSH

現在使用されているMB単位のスペース

を入力します

ギャップ

SSH

クォータ

GuidKey 1.

実施しました

SSH

GuidKey1は、OCIバージョン7.3.5以降にGUIDキーが変更されていないすべてのオブジェクトを対象としています。

ガイドキー2.

実施しました

SSH

GuidKey2は、OCIバージョン7.3.5以降でGUIDキーが変更されていないすべてのオブジェクトに暗黙的に適用されます。

ハード容量制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容される最大ディスクスペース(ハードリミット)

ファイルのハードリミット

実施しました

SSH

クォータターゲットに許可される最大ファイル数

内部ボリュームID

実施しました

SSH

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

クォータID

実施しました

SSH

クォータの一意のID

容量のソフトリミット(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

ファイルのソフトリミット

実施しました

SSH

クォータターゲットに許可される最大ファイル数

を入力します

ギャップ

SSH

使用済み容量

実施しました

SSH

使用済みファイル

実施しました

SSH

現在使用されているファイルの数

共有

IPインターフェイス

実施しました

SSH

この共有が公開されるIPアドレスをカンマで区切ったリスト

名前

実施しました

SSH

プロトコル

実施しました

SSH

共有プロトコルの列挙子

共有イニシエータ

イニシエータ

実施しました

SSH

アクセス権

実施しました

SSH

この特定の共有の権限

ストレージ

CPU数

実施しました

SSH

ストレージのCPU数

IPを表示します

実施しました

SSH

失敗した物理容量

実施しました

SSH

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

SSH

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

SSH

製造元

実施しました

SSH

マイクロコードのバージョン

実施しました

SSH

モデル

実施しました

SSH

合計物理容量

実施しました

SSH

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

SSH

スペアの物理容量

実施しました

SSH

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージプール

データの割り当て容量

ギャップ

SSH

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

SSH

重複排除が有効です

実施しました

SSH

ストレージプールで重複排除が有効になっている

DWH容量に含める

実施しました

SSH

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

SSH

RAID グループ

実施しました

SSH

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

SSH

使用可能容量から物理容量への変換率

Snapshotの割り当て容量

ギャップ

SSH

Snapshotの割り当て済み容量(MB単位)

Snapshotの使用容量

実施しました

SSH

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

SSH

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

SSH

合計使用容量

実施しました

SSH

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

SSH

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Celerra CLIの場合

SSH

SSH

正しいです

いいえ

正しいです

正しいです

EMC CLARiX(NaviCLI)

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

APIのバージョン モデル ファームウェアバージョン

6.23
6.26
6.28
7.30
7.32
7.33

AX4-5F8
CX3-20f
CX3-40f
CX4-480
VNX5100
VNX5200
VNX5300
VNX5400
VNX5500
VNX5600
VNX5700
VNX5800
VNX7600
VNX8000

04.28.000.5.710
04.30.000.5.525
05.32.000.5.218
05.32.000.5.219
05.32.000.5.221
05.32.000.5.225
05.32.000.5.249
05.33.000.5.074
05.33.009.5.155
05.33.009.5.184
05.33.009.5.186
05.33.009.5.218
05.33.009.5.231
05.33.009.5.236
05.33.009.5.238
05.33.009.6.305
05.33.021.5.256
05.33.021.5.266
2.23.50.5.710
3.26.20.5.011
3.26.40.5.029

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

CLI の使用

容量を使用

ディスクID

実施しました

CLI の使用

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

グループ

実施しました

CLI の使用

場所

ギャップ

CLI の使用

このディスクがアレイ内に物理的に配置されている場所

モデル

実施しました

CLI の使用

名前

実施しました

CLI の使用

ロール

実施しました

CLI の使用

ロールの列挙値

実施しました

CLI の使用

ディスクロールの列挙子

シリアル番号

実施しました

CLI の使用

ステータス

実施しました

CLI の使用

ステータスの列挙値

実施しました

CLI の使用

ディスクステータスの列挙

を入力します

ギャップ

CLI の使用

Enumと入力します

実施しました

CLI の使用

ディスクタイプの列挙子

ベンダー

実施しました

CLI の使用

情報

API名

実施しました

CLI の使用

APIのバージョン

実施しました

CLI の使用

クライアントAPI名

実施しました

CLI の使用

クライアントAPIバージョン

実施しました

CLI の使用

データソース名

実施しました

CLI の使用

情報

日付

実施しました

CLI の使用

発信者ID

実施しました

CLI の使用

ストレージ

IPを表示します

実施しました

CLI の使用

失敗した物理容量

実施しました

CLI の使用

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

CLI の使用

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

CLI の使用

URLを管理します

実施しました

CLI の使用

製造元

実施しました

CLI の使用

マイクロコードのバージョン

実施しました

CLI の使用

モデル

実施しました

CLI の使用

名前

実施しました

CLI の使用

合計物理容量

実施しました

CLI の使用

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

CLI の使用

スペアの物理容量

実施しました

CLI の使用

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

SupportActive

実施しました

CLI の使用

ストレージがアクティブ/アクティブ構成をサポートしているかどうかを指定します

仮想

実施しました

CLI の使用

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

名前

実施しました

CLI の使用

シリアル番号

実施しました

CLI の使用

UUID

実施しました

CLI の使用

管理Ipアドレス

実施しました

CLI の使用

ストレージプール

重複排除が有効です

実施しました

CLI の使用

ストレージプールで重複排除が有効になっている

DWH容量に含める

実施しました

CLI の使用

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

CLI の使用

その他の割り当て済み容量

ギャップ

CLI の使用

他の(スナップショットではなくデータ)に割り当てられている容量

その他の使用容量(MB)

実施しました

CLI の使用

データとSnapshot以外の容量

物理ディスク容量(MB)

実施しました

CLI の使用

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

CLI の使用

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

CLI の使用

使用可能容量から物理容量への変換率

冗長性

実施しました

CLI の使用

冗長性レベル

Snapshotの割り当て容量

ギャップ

CLI の使用

Snapshotの割り当て済み容量(MB単位)

Snapshotの使用容量

実施しました

CLI の使用

ステータス

実施しました

CLI の使用

ストレージプールID

実施しました

CLI の使用

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

CLI の使用

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

CLI の使用

合計使用容量

実施しました

CLI の使用

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

CLI の使用

仮想

実施しました

CLI の使用

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージ同期

モード

実施しました

CLI の使用

モード列挙

実施しました

CLI の使用

ソースボリューム

実施しました

CLI の使用

状態

実施しました

CLI の使用

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

状態の列挙

実施しました

CLI の使用

ターゲットボリューム

実施しました

CLI の使用

テクノロジ

実施しました

CLI の使用

ストレージ効率化の原因となるテクノロジが変化しています

ボリューム

AutoTier Policy Identifierの略

実施しました

CLI の使用

動的階層ポリシーの識別子

自動階層化

実施しました

CLI の使用

このストレージプールが他のプールとの自動階層化に参加しているかどうかを示します

容量

実施しました

CLI の使用

Snapshotの使用容量(MB単位)

ディスクグループ

実施しました

CLI の使用

ディスクグループタイプ

ディスクタイプ

使用できません

CLI の使用

ジャンクションパス

実施しました

CLI の使用

メタ

実施しました

CLI の使用

このボリュームがmemeberを持つメタボリュームかどうかを示すフラグ。メタボリュームのディスクグループが空になります。

名前

実施しました

CLI の使用

合計物理容量

実施しました

CLI の使用

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

冗長性

実施しました

CLI の使用

冗長性レベル

レプリカソース

実施しました

CLI の使用

レプリカターゲット

実施しました

CLI の使用

ストレージプールID

実施しました

CLI の使用

シンプロビジョニング

実施しました

CLI の使用

を入力します

ギャップ

CLI の使用

UUID

実施しました

CLI の使用

使用済み容量

実施しました

CLI の使用

ボリュームマップ

LUN

実施しました

CLI の使用

バックエンドLUNの名前

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

CLI の使用

ストレージポート

実施しました

CLI の使用

を入力します

ギャップ

CLI の使用

ボリュームマスク

イニシエータ

実施しました

CLI の使用

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

CLI の使用

ストレージポート

実施しました

CLI の使用

を入力します

ギャップ

CLI の使用

ボリュームメンバー

容量

実施しました

CLI の使用

Snapshotの使用容量(MB単位)

名前

実施しました

CLI の使用

ランク

実施しました

CLI の使用

合計物理容量

実施しました

CLI の使用

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

冗長性

実施しました

CLI の使用

冗長性レベル

ストレージプールID

実施しました

CLI の使用

使用済み容量

実施しました

CLI の使用

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

CLI の使用

IP

実施しました

CLI の使用

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

CLI の使用

ソース

実施しました

CLI の使用

WWN

実施しました

CLI の使用

パフォーマンス

ディスク

IOPS読み取り

実施しました

CLI の使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

CLI の使用

IOPS -書き込み

実施しました

CLI の使用

スループット読み取り

実施しました

CLI の使用

合計スループット

実施しました

CLI の使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

CLI の使用

読み取り利用率

実施しました

CLI の使用

利用率の合計

実施しました

CLI の使用

利用率ライト

実施しました

CLI の使用

ストレージ

キャッシュヒット率読み取り

実施しました

CLI の使用

キャッシュヒット率の合計

実施しました

CLI の使用

キャッシュヒット率書き込み

実施しました

CLI の使用

失敗した物理容量

実施しました

CLI の使用

物理容量

実施しました

CLI の使用

スペアの物理容量

実施しました

CLI の使用

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

ストレージプールの容量

実施しました

CLI の使用

IOPS:その他

実施しました

CLI の使用

IOPS読み取り

実施しました

CLI の使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

CLI の使用

IOPS -書き込み

実施しました

CLI の使用

レイテンシ合計

実施しました

CLI の使用

部分ブロック率

実施しました

CLI の使用

スループット読み取り

実施しました

CLI の使用

合計スループット

実施しました

CLI の使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

CLI の使用

ストレージノード

IOPS読み取り

実施しました

CLI の使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

CLI の使用

IOPS -書き込み

実施しました

CLI の使用

利用率の合計

実施しました

CLI の使用

StoragePoolディスク

プロビジョニング済み容量

実施しました

CLI の使用

物理容量

実施しました

CLI の使用

合計容量

実施しました

CLI の使用

使用済み容量

実施しました

CLI の使用

オーバーコミット容量率です

実施しました

CLI の使用

時系列で報告されます

使用容量の比率

実施しました

CLI の使用

IOPS読み取り

実施しました

CLI の使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

CLI の使用

IOPS -書き込み

実施しました

CLI の使用

その他の合計容量

実施しました

CLI の使用

その他の使用容量

実施しました

CLI の使用

Snapshotのリザーブ容量

実施しました

CLI の使用

Snapshotの使用容量

実施しました

CLI の使用

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

CLI の使用

時系列で報告されます

スループット読み取り

実施しました

CLI の使用

合計スループット

実施しました

CLI の使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

CLI の使用

読み取り利用率

実施しました

CLI の使用

利用率の合計

実施しました

CLI の使用

利用率ライト

実施しました

CLI の使用

ボリューム

キャッシュヒット率読み取り

実施しました

CLI の使用

キャッシュヒット率の合計

実施しました

CLI の使用

キャッシュヒット率書き込み

実施しました

CLI の使用

物理容量

実施しました

CLI の使用

合計容量

実施しました

CLI の使用

使用済み容量

実施しました

CLI の使用

使用容量の比率

実施しました

CLI の使用

IOPS読み取り

実施しました

CLI の使用

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

CLI の使用

IOPS -書き込み

実施しました

CLI の使用

レイテンシ読み取り

実施しました

CLI の使用

レイテンシ合計

実施しました

CLI の使用

レイテンシライト

実施しました

CLI の使用

部分ブロック率

実施しました

CLI の使用

スループット読み取り

実施しました

CLI の使用

合計スループット

実施しました

CLI の使用

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

CLI の使用

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Navi CLIの場合

CLI の使用

6389、2162、2163、443(HTTPS)/ 80(HTTP)

正しいです

正しいです

正しいです

いいえ

EMC Data Domain(SSH)

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

DD VE
DD2200
DD2500
DD3300
DD4200
DD6300
DD6800
DD6900
DD7200
DD9300
DD9400
DD9500
DD9800
DD990
DD9900

6.1.2.051-633576
6.1.2.20-606786
6.1.2.50-632120
6.2.0.30-629757
6.2.0.35-635767
6.2.1.30-663869
6.2.1.40-671977
6.2.1.60-686365
7.10.0.0-1017741
7.10.1.0-1042928
7.2.0.30-663847
7.2.0.50-671975
7.2.0.60-682124
7.2.0.70-686759
7.2.0.90-692270
7.6.0.20-689174
7.6.0.30-690691
7.7.0.7-1007134
7.7.1.10-1011247
7.7.2.011-1011427
7.7.2.10-1011249
7.7.3.0-1011963
7.7.4.0-1017976
7.7.5.1-1040473
7.7.5.11-1046187
7.8.0.0-1008134

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

SSH

容量を使用

ディスクID

実施しました

SSH

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

グループ

実施しました

SSH

場所

ギャップ

SSH

このディスクがアレイ内に物理的に配置されている場所

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

ロール

実施しました

SSH

ロールの列挙値

実施しました

SSH

ディスクロールの列挙子

シリアル番号

実施しました

SSH

スピード

実施しました

SSH

ディスクの速度(rpm)

ステータス

実施しました

SSH

ステータスの列挙値

実施しました

SSH

ディスクステータスの列挙

を入力します

ギャップ

SSH

Enumと入力します

実施しました

SSH

ディスクタイプの列挙子

ファイル共有

にはInternalVolumeを指定します

実施しました

SSH

ファイル共有が内部ボリューム(ネットアップボリューム)であるか、内部ボリューム内のqtree /フォルダであるか

は共有です

実施しました

SSH

このファイル共有に関連付けられている共有があるかどうか

名前

実施しました

SSH

パス

実施しました

SSH

FileShareのパス

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

情報

データソース名

実施しました

SSH

情報

日付

実施しました

SSH

発信者ID

実施しました

SSH

内部ボリューム

データの割り当て容量

ギャップ

SSH

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

SSH

重複排除が有効です

実施しました

SSH

ストレージプールで重複排除が有効になっている

重複排除の削減量

実施しました

SSH

重複排除による削減率

内部ボリュームID

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

その他の割り当て済み容量

ギャップ

SSH

他の(スナップショットではなくデータ)に割り当てられている容量

その他の使用容量(MB)

実施しました

SSH

データとSnapshot以外の容量

使用可能な物理比率

実施しました

SSH

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニング

実施しました

SSH

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

SSH

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

SSH

合計使用容量

実施しました

SSH

合計容量(MB)

合計使用容量(MB)

実施しました

SSH

使用容量のホルダーをデバイスからの読み取り用に配置します

を入力します

ギャップ

SSH

qtree

名前

実施しました

SSH

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

クォータハード容量制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

クォータソフト容量の制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

を入力します

ギャップ

SSH

クォータ

ハード容量制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容される最大ディスクスペース(ハードリミット)

内部ボリュームID

実施しました

SSH

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

クォータID

実施しました

SSH

クォータの一意のID

容量のソフトリミット(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

を入力します

ギャップ

SSH

使用済み容量

実施しました

SSH

共有

IPインターフェイス

実施しました

SSH

この共有が公開されるIPアドレスをカンマで区切ったリスト

名前

実施しました

SSH

プロトコル

実施しました

SSH

共有プロトコルの列挙子

共有イニシエータ

イニシエータ

実施しました

SSH

アクセス権

実施しました

SSH

この特定の共有の権限

ストレージ

CPU数

実施しました

SSH

ストレージのCPU数

IPを表示します

実施しました

SSH

失敗した物理容量

実施しました

SSH

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

SSH

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

SSH

製造元

実施しました

SSH

マイクロコードのバージョン

実施しました

SSH

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

合計物理容量

実施しました

SSH

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

SSH

スペアの物理容量

実施しました

SSH

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージプール

データの割り当て容量

ギャップ

SSH

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

SSH

重複排除が有効です

実施しました

SSH

ストレージプールで重複排除が有効になっている

重複排除の削減量

実施しました

SSH

重複排除による削減率

DWH容量に含める

実施しました

SSH

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

SSH

その他の割り当て済み容量

ギャップ

SSH

他の(スナップショットではなくデータ)に割り当てられている容量

その他の使用容量(MB)

実施しました

SSH

データとSnapshot以外の容量

物理ディスク容量(MB)

実施しました

SSH

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

SSH

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

SSH

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

SSH

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

SSH

合計使用容量

実施しました

SSH

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

SSH

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Data Domain CLIの略

SSH

SSH

22.

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

EMC ECS

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

ECS の場合

3.6.1.1
3.6.1.3
3.6.2.1
3.6.2.4
3.7.0.0
3.7.0.3
3.7.0.4
3.7.0.5
3.8.0.1
3.8.0.2

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

HTTPS

容量を使用

ディスクID

実施しました

HTTPS

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

場所

ギャップ

HTTPS

このディスクがアレイ内に物理的に配置されている場所

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

ロール

実施しました

HTTPS

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スピード

実施しました

HTTPS

ディスクの速度(rpm)

ステータス

実施しました

HTTPS

を入力します

ギャップ

HTTPS

Enumと入力します

実施しました

HTTPS

ディスクタイプの列挙子

ベンダー

実施しました

HTTPS

ディスクグループ

容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量(MB単位)

ディスクグループID

実施しました

HTTPS

ディスクグループの一意のID

名前

実施しました

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

情報

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

内部ボリューム

重複排除が有効です

実施しました

HTTPS

ストレージプールで重複排除が有効になっている

内部ボリュームID

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニング

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

合計使用容量(MB)

実施しました

HTTPS

使用容量のホルダーをデバイスからの読み取り用に配置します

を入力します

ギャップ

HTTPS

qtree

名前

実施しました

HTTPS

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

を入力します

ギャップ

HTTPS

ストレージ

IPを表示します

実施しました

HTTPS

失敗した物理容量

実施しました

HTTPS

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

HTTPS

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

HTTPS

URLを管理します

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

マイクロコードのバージョン

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

合計物理容量

実施しました

HTTPS

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

スペアの物理容量

実施しました

HTTPS

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

名前

実施しました

HTTPS

UUID

実施しました

HTTPS

バージョン

実施しました

HTTPS

ソフトウェアバージョン

ノードの容量利用率-合計(MB)

実施しました

HTTPS

ノードの使用可能容量利用率(MB)

実施しました

HTTPS

ノードの使用容量利用率(MB)

実施しました

HTTPS

ストレージプール

DWH容量に含める

実施しました

HTTPS

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

HTTPS

物理ディスク容量(MB)

実施しました

HTTPS

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

HTTPS

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

HTTPS

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

パフォーマンス

内部ボリューム

合計容量

実施しました

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

使用容量の比率

実施しました

HTTPS

合計オブジェクト数

実施しました

HTTPS

ストレージ

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

ストレージノード

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

ノードの容量利用率-合計

実施しました

HTTPS

ノード-使用可能容量利用率

実施しました

HTTPS

ノード使用容量利用率

実施しました

HTTPS

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

StoragePoolディスク

プロビジョニング済み容量

実施しました

HTTPS

物理容量

実施しました

HTTPS

合計容量

実施しました

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

オーバーコミット容量率です

実施しました

HTTPS

時系列で報告されます

使用容量の比率

実施しました

HTTPS

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

EMC ECS REST API

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Dell EMC IsilonとPowerScale REST

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

A200
A2000
A300 の比較
A3000
F200
F600
F800
F900
H400
H500
NL410
S210
X210
X400
X410

9.1.0.11
9.1.0.6
9.2.1.10
9.2.1.11
9.2.1.12
9.2.1.16
9.2.1.19
9.2.1.21
9.2.1.6
9.2.1.7
9.2.1.9
9.4.0.11
9.4.0.12
9.4.0.13
9.4.0.14
9.4.0.5
9.4.0.7
9.5.0.3
v8.0.0.4
v8.0.0.6
v8.0.0.7
v8.1.2.0
v8.2.2.0

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

HTTPS

容量を使用

ディスクID

実施しました

HTTPS

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

グループ

実施しました

HTTPS

場所

ギャップ

HTTPS

このディスクがアレイ内に物理的に配置されている場所

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

ロール

実施しました

HTTPS

ロールの列挙値

実施しました

HTTPS

ディスクロールの列挙子

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スピード

実施しました

HTTPS

ディスクの速度(rpm)

ステータス

実施しました

HTTPS

ステータスの列挙値

実施しました

HTTPS

ディスクステータスの列挙

を入力します

ギャップ

HTTPS

Enumと入力します

実施しました

HTTPS

ディスクタイプの列挙子

ベンダー

実施しました

HTTPS

ベンダーID

実施しました

HTTPS

ディスクグループ

容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量(MB単位)

ディスクグループID

実施しました

HTTPS

ディスクグループの一意のID

名前

実施しました

HTTPS

物理ディスク容量(MB)

実施しました

HTTPS

ストレージプールの物理容量として使用されます

冗長性

実施しました

HTTPS

冗長性レベル

ステータス

実施しました

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

ベンダーディスクグループタイプ

実施しました

HTTPS

ディスクグループタイプのベンダー指定

ベンダー階層

実施しました

HTTPS

ベンダー固有の階層名

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

ファイル共有

にはInternalVolumeを指定します

実施しました

HTTPS

ファイル共有が内部ボリューム(ネットアップボリューム)であるか、内部ボリューム内のqtree /フォルダであるか

は共有です

実施しました

HTTPS

このファイル共有に関連付けられている共有があるかどうか

名前

実施しました

HTTPS

パス

実施しました

HTTPS

FileShareのパス

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

情報

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

内部ボリューム

圧縮が有効になりました

実施しました

HTTPS

ストレージプールで圧縮が有効になっている

圧縮による削減量

実施しました

HTTPS

圧縮による削減率

データの割り当て容量

ギャップ

HTTPS

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

HTTPS

重複排除が有効です

実施しました

HTTPS

ストレージプールで重複排除が有効になっている

内部ボリュームID

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

Snapshotの割り当て容量

ギャップ

HTTPS

Snapshotの割り当て済み容量(MB単位)

Snapshotの使用容量

実施しました

HTTPS

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニング

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

HTTPS

qtree

名前

実施しました

HTTPS

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

クォータハード容量制限(MB)

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

クォータソフト容量の制限(MB)

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

クォータ使用済み容量

実施しました

HTTPS

現在使用されているMB単位のスペース

を入力します

ギャップ

HTTPS

クォータ

ハード容量制限(MB)

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許容される最大ディスクスペース(ハードリミット)

ファイルのハードリミット

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許可される最大ファイル数

内部ボリュームID

実施しました

HTTPS

qtree ID

実施しました

HTTPS

qtreeの一意のID

クォータID

実施しました

HTTPS

クォータの一意のID

容量のソフトリミット(MB)

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

ファイルのソフトリミット

実施しました

HTTPS

クォータターゲットに許可される最大ファイル数

しきい値(MB)

実施しました

HTTPS

クォータターゲットのディスクスペースのしきい値

を入力します

ギャップ

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

使用済みファイル

実施しました

HTTPS

現在使用されているファイルの数

ユーザ/グループのターゲット

実施しました

HTTPS

このクォータが参照するユーザ/グループターゲット

共有

説明

実施しました

HTTPS

IPインターフェイス

実施しました

HTTPS

この共有が公開されるIPアドレスをカンマで区切ったリスト

名前

実施しました

HTTPS

プロトコル

実施しました

HTTPS

共有プロトコルの列挙子

共有イニシエータ

イニシエータ

実施しました

HTTPS

アクセス権

実施しました

HTTPS

この特定の共有の権限

ストレージ

IPを表示します

実施しました

HTTPS

失敗した物理容量

実施しました

HTTPS

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

HTTPS

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

HTTPS

URLを管理します

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

マイクロコードのバージョン

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

合計物理容量

実施しました

HTTPS

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スペアの物理容量

実施しました

HTTPS

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

UUID

実施しました

HTTPS

ストレージノード

メモリサイズ

ギャップ

HTTPS

デバイスメモリ(MB単位)

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

シリアル番号

実施しました

HTTPS

状態

実施しました

HTTPS

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

UUID

実施しました

HTTPS

バージョン

実施しました

HTTPS

ソフトウェアバージョン

管理Ipアドレス

実施しました

HTTPS

ストレージプール

圧縮が有効になりました

実施しました

HTTPS

ストレージプールで圧縮が有効になっている

圧縮による削減量

実施しました

HTTPS

圧縮による削減率

データの割り当て容量

ギャップ

HTTPS

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

HTTPS

DWH容量に含める

実施しました

HTTPS

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

HTTPS

その他の割り当て済み容量

ギャップ

HTTPS

他の(スナップショットではなくデータ)に割り当てられている容量

その他の使用容量(MB)

実施しました

HTTPS

データとSnapshot以外の容量

物理ディスク容量(MB)

実施しました

HTTPS

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

HTTPS

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

Snapshotの割り当て容量

ギャップ

HTTPS

Snapshotの割り当て済み容量(MB単位)

Snapshotの使用容量

実施しました

HTTPS

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

HTTPS

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

パフォーマンス

ディスク

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

IOPS -書き込み

実施しました

HTTPS

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

内部ボリューム

合計容量

実施しました

HTTPS

合計データ容量

実施しました

HTTPS

データの使用容量

実施しました

HTTPS

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

IOPS -書き込み

実施しました

HTTPS

Snapshotのリザーブ容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

HTTPS

時系列で報告されます

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

qtree

クォータのハードリミット

実施しました

HTTPS

容量クォータのハードリミット

使用済み容量

実施しました

HTTPS

合計ファイル数

実施しました

HTTPS

クォータ容量

実施しました

HTTPS

使用済み物理クォータ容量

ストレージ

失敗した物理容量

実施しました

HTTPS

物理容量

実施しました

HTTPS

スペアの物理容量

実施しました

HTTPS

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

ストレージプールの容量

実施しました

HTTPS

障害ディスク

実施しました

HTTPS

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

IOPS -書き込み

実施しました

HTTPS

レイテンシ合計

実施しました

HTTPS

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

ストレージノード

障害ディスク

実施しました

HTTPS

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ファイルシステム上の読み取りIOPSの数

IOPS -書き込み

実施しました

HTTPS

ファイルシステムのIOPS書き込み

ファイルスループット読み込み

実施しました

HTTPS

ファイルシステムスループット

実施しました

HTTPS

ファイルシステムスループット書き込み

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

IOPS -書き込み

実施しました

HTTPS

レイテンシ合計

実施しました

HTTPS

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

利用率の合計

実施しました

HTTPS

StoragePoolディスク

プロビジョニング済み容量

実施しました

HTTPS

物理容量

実施しました

HTTPS

合計容量

実施しました

HTTPS

使用済み容量

実施しました

HTTPS

オーバーコミット容量率です

実施しました

HTTPS

時系列で報告されます

使用容量の比率

実施しました

HTTPS

合計データ容量

実施しました

HTTPS

データの使用容量

実施しました

HTTPS

IOPS読み取り

実施しました

HTTPS

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

HTTPS

IOPS -書き込み

実施しました

HTTPS

その他の合計容量

実施しました

HTTPS

その他の使用容量

実施しました

HTTPS

Snapshotのリザーブ容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

HTTPS

時系列で報告されます

スループット読み取り

実施しました

HTTPS

合計スループット

実施しました

HTTPS

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

HTTPS

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

EMC IsilonおよびPowerScale REST API

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Dell EMC Isilon / PowerScale(CLI)

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

A200
A2000
A300 の比較
F200
F800
F900
H400
H500
H600
H700
NL400
NL410
S210
X200
X210
X400
X410

9.1.0.10
9.1.0.12
9.1.0.16
9.1.0.18
9.1.0.19
9.1.0.7
9.2.1.11
9.2.1.13
9.2.1.15
9.2.1.22
9.2.1.7
9.2.1.9
9.3.0.3
9.4.0.0
9.4.0.10
9.4.0.12
9.4.0.13
9.4.0.14
9.4.0.6
9.4.0.7
v7.1.1.8
v7.2.0.5
v7.2.1.3
v7.2.1.6
v8.0.0.4
v8.0.0.6
v8.0.0.7
v8.0.1.1
v8.1.2.0
v8.2.2.0

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

SSH

容量を使用

ディスクID

実施しました

SSH

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

グループ

実施しました

SSH

場所

ギャップ

SSH

このディスクがアレイ内に物理的に配置されている場所

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

ロール

実施しました

SSH

ロールの列挙値

実施しました

SSH

ディスクロールの列挙子

シリアル番号

実施しました

SSH

スピード

実施しました

SSH

ディスクの速度(rpm)

ステータス

実施しました

SSH

ステータスの列挙値

実施しました

SSH

ディスクステータスの列挙

を入力します

ギャップ

SSH

Enumと入力します

実施しました

SSH

ディスクタイプの列挙子

ベンダー

実施しました

SSH

ベンダーID

実施しました

SSH

ディスクグループ

容量

実施しました

SSH

Snapshotの使用容量(MB単位)

ディスクグループID

実施しました

SSH

ディスクグループの一意のID

名前

実施しました

SSH

物理ディスク容量(MB)

実施しました

SSH

ストレージプールの物理容量として使用されます

冗長性

実施しました

SSH

冗長性レベル

ステータス

実施しました

SSH

使用済み容量

実施しました

SSH

ベンダーディスクグループタイプ

実施しました

SSH

ディスクグループタイプのベンダー指定

ベンダー階層

実施しました

SSH

ベンダー固有の階層名

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

ファイル共有

にはInternalVolumeを指定します

実施しました

SSH

ファイル共有が内部ボリューム(ネットアップボリューム)であるか、内部ボリューム内のqtree /フォルダであるか

は共有です

実施しました

SSH

このファイル共有に関連付けられている共有があるかどうか

名前

実施しました

SSH

パス

実施しました

SSH

FileShareのパス

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

情報

データソース名

実施しました

SSH

情報

日付

実施しました

SSH

発信者ID

実施しました

SSH

内部ボリューム

データの割り当て容量

ギャップ

SSH

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

SSH

重複排除が有効です

実施しました

SSH

ストレージプールで重複排除が有効になっている

内部ボリュームID

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

使用可能な物理比率

実施しました

SSH

使用可能容量から物理容量への変換率

Snapshotの割り当て容量

ギャップ

SSH

Snapshotの割り当て済み容量(MB単位)

Snapshotの使用容量

実施しました

SSH

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニング

実施しました

SSH

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

SSH

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

SSH

合計使用容量

実施しました

SSH

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

SSH

qtree

名前

実施しました

SSH

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

クォータハード容量制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

クォータソフト容量の制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

クォータ使用済み容量

実施しました

SSH

現在使用されているMB単位のスペース

を入力します

ギャップ

SSH

クォータ

ハード容量制限(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容される最大ディスクスペース(ハードリミット)

ファイルのハードリミット

実施しました

SSH

クォータターゲットに許可される最大ファイル数

内部ボリュームID

実施しました

SSH

qtree ID

実施しました

SSH

qtreeの一意のID

クォータID

実施しました

SSH

クォータの一意のID

容量のソフトリミット(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットに許容されるディスクスペースの最大容量

ファイルのソフトリミット

実施しました

SSH

クォータターゲットに許可される最大ファイル数

しきい値(MB)

実施しました

SSH

クォータターゲットのディスクスペースのしきい値

を入力します

ギャップ

SSH

使用済み容量

実施しました

SSH

使用済みファイル

実施しました

SSH

現在使用されているファイルの数

ユーザ/グループのターゲット

実施しました

SSH

このクォータが参照するユーザ/グループターゲット

共有

説明

実施しました

SSH

IPインターフェイス

実施しました

SSH

この共有が公開されるIPアドレスをカンマで区切ったリスト

名前

実施しました

SSH

プロトコル

実施しました

SSH

共有プロトコルの列挙子

共有イニシエータ

イニシエータ

実施しました

SSH

アクセス権

実施しました

SSH

この特定の共有の権限

ストレージ

IPを表示します

実施しました

SSH

失敗した物理容量

実施しました

SSH

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

SSH

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

SSH

製造元

実施しました

SSH

マイクロコードのバージョン

実施しました

SSH

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

合計物理容量

実施しました

SSH

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

SSH

スペアの物理容量

実施しました

SSH

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

モデル

実施しました

SSH

名前

実施しました

SSH

シリアル番号

実施しました

SSH

状態

実施しました

SSH

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

UUID

実施しました

SSH

管理Ipアドレス

実施しました

SSH

ストレージプール

データの割り当て容量

ギャップ

SSH

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

SSH

DWH容量に含める

実施しました

SSH

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

SSH

物理ディスク容量(MB)

実施しました

SSH

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

SSH

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

SSH

使用可能容量から物理容量への変換率

Snapshotの割り当て容量

ギャップ

SSH

Snapshotの割り当て済み容量(MB単位)

Snapshotの使用容量

実施しました

SSH

ストレージプールID

実施しました

SSH

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

SSH

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

SSH

合計使用容量

実施しました

SSH

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

SSH

仮想

実施しました

SSH

ストレージ仮想化デバイスですか?

パフォーマンス

内部ボリューム

合計容量

実施しました

SSH

合計データ容量

実施しました

SSH

データの使用容量

実施しました

SSH

Snapshotのリザーブ容量

実施しました

SSH

Snapshotの使用容量

実施しました

SSH

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

SSH

時系列で報告されます

qtree

クォータのハードリミット

実施しました

SSH

容量クォータのハードリミット

クォータのソフトリミット

実施しました

SSH

容量クォータのソフトリミット

使用済み容量

実施しました

SSH

合計ファイル数

実施しました

SSH

クォータ容量

実施しました

SSH

使用済み物理クォータ容量

ストレージ

失敗した物理容量

実施しました

SSH

物理容量

実施しました

SSH

スペアの物理容量

実施しました

SSH

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

ストレージプールの容量

実施しました

SSH

IOPS:その他

実施しました

SSH

IOPS読み取り

実施しました

SSH

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

SSH

IOPS -書き込み

実施しました

SSH

レイテンシ合計

実施しました

SSH

スループット読み取り

実施しました

SSH

合計スループット

実施しました

SSH

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

SSH

ストレージノード

IOPS読み取り

実施しました

SSH

ファイルシステム上の読み取りIOPSの数

IOPS -書き込み

実施しました

SSH

ファイルシステムのIOPS書き込み

ファイルスループット読み込み

実施しました

SSH

ファイルシステムスループット

実施しました

SSH

ファイルシステムスループット書き込み

IOPS読み取り

実施しました

SSH

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

SSH

IOPS -書き込み

実施しました

SSH

レイテンシ合計

実施しました

SSH

スループット読み取り

実施しました

SSH

合計スループット

実施しました

SSH

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

SSH

利用率の合計

実施しました

SSH

StoragePoolディスク

プロビジョニング済み容量

実施しました

SSH

物理容量

実施しました

SSH

合計容量

実施しました

SSH

使用済み容量

実施しました

SSH

オーバーコミット容量率です

実施しました

SSH

時系列で報告されます

使用容量の比率

実施しました

SSH

合計データ容量

実施しました

SSH

データの使用容量

実施しました

SSH

Snapshotのリザーブ容量

実施しました

SSH

Snapshotの使用容量

実施しました

SSH

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

SSH

時系列で報告されます

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

Isilon SSH

SSH

SSH

22.

正しいです

いいえ

正しいです

正しいです

EMC PowerStore REST

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

PowerStore 1000T
PowerStore 1200T
PowerStore 3000T
PowerStore 3200T
PowerStore 5000T
PowerStore 5000倍
PowerStore 9000T
PowerStore 9200T

2.0.1.3
2.1.1.0
2.1.1.1
3.0.0.1
3.2.0.0
3.2.0.1
3.2.1.0

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

容量を使用

ディスクID

実施しました

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

名前

実施しました

スピード

実施しました

ディスクの速度(rpm)

ステータス

実施しました

を入力します

ギャップ

Enumと入力します

実施しました

ディスクタイプの列挙子

ベンダー

実施しました

ファイル共有

にはInternalVolumeを指定します

実施しました

ファイル共有が内部ボリューム(ネットアップボリューム)であるか、内部ボリューム内のqtree /フォルダであるか

は共有です

実施しました

このファイル共有に関連付けられている共有があるかどうか

名前

実施しました

パス

実施しました

FileShareのパス

qtree ID

実施しました

qtreeの一意のID

iSCSIネットワークポータル

IP

実施しました

リスニングポート

実施しました

NIC

実施しました

OID

実施しました

iSCSIネットワークポータルグループ

OID

実施しました

ポータルグループ名

実施しました

ポータルグループタグ

実施しました

iSCSIノード

ホストのエイリアス

実施しました

ノード名

実施しました

OID

実施しました

を入力します

ギャップ

iSCSIセッション

OID

実施しました

イニシエータOID

実施しました

ポータルグループOID

実施しました

接続数

実施しました

最大接続数

実施しました

イニシエータIPS

実施しました

セキュリティ

実施しました

情報

API名

実施しました

データソース名

実施しました

情報

日付

実施しました

発信者ID

実施しました

Originatorキー

実施しました

内部ボリューム

重複排除が有効です

実施しました

ストレージプールで重複排除が有効になっている

内部ボリュームID

実施しました

名前

実施しました

使用可能な物理比率

実施しました

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

シンプロビジョニング

実施しました

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

合計使用容量

実施しました

合計容量(MB)

合計使用容量(MB)

実施しました

使用容量のホルダーをデバイスからの読み取り用に配置します

を入力します

ギャップ

Virtual Storageの略

実施しました

仮想ストレージを所有(vFiler)

qtree

名前

実施しました

qtree ID

実施しました

qtreeの一意のID

を入力します

ギャップ

共有

IPインターフェイス

実施しました

この共有が公開されるIPアドレスをカンマで区切ったリスト

名前

実施しました

プロトコル

実施しました

共有プロトコルの列挙子

共有イニシエータ

イニシエータ

実施しました

アクセス権

実施しました

この特定の共有の権限

ストレージ

IPを表示します

実施しました

失敗した物理容量

実施しました

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

URLを管理します

実施しました

製造元

実施しました

マイクロコードのバージョン

実施しました

モデル

実施しました

名前

実施しました

合計物理容量

実施しました

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

スペアの物理容量

実施しました

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

SupportActive

実施しました

ストレージがアクティブ/アクティブ構成をサポートしているかどうかを指定します

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

モデル

実施しました

名前

実施しました

パートナーノードUUID

実施しました

HAペアのUUID

UUID

実施しました

バージョン

実施しました

ソフトウェアバージョン

親シリアル番号

実施しました

ストレージプール

圧縮による削減量

実施しました

圧縮による削減率

DWH容量に含める

実施しました

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

物理ディスク容量(MB)

実施しました

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

使用可能容量から物理容量への変換率

ストレージプールID

実施しました

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

合計使用容量

実施しました

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

ボリューム

容量

実施しました

Snapshotの使用容量(MB単位)

ジャンクションパス

実施しました

名前

実施しました

合計物理容量

実施しました

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

ストレージプールID

実施しました

シンプロビジョニング

実施しました

を入力します

ギャップ

UUID

実施しました

使用済み容量

実施しました

QoSポリシー

実施しました

ボリュームマップ

LUN

実施しました

バックエンドLUNの名前

マスキングが必要です

実施しました

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

ストレージポート

実施しました

を入力します

ギャップ

ボリュームマスク

イニシエータ

実施しました

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

を入力します

ギャップ

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

ソース

実施しました

WWN

実施しました

パフォーマンス

内部ボリューム

IOPS:その他

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

レイテンシ読み取り

実施しました

レイテンシ合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

qtree.14以上

ストレージ

失敗した物理容量

実施しました

物理容量

実施しました

スペアの物理容量

実施しました

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

ストレージプールの容量

実施しました

IOPS:その他

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

レイテンシ読み取り

実施しました

レイテンシ合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

ストレージノード

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

レイテンシ読み取り

実施しました

レイテンシ合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

利用率の合計

実施しました

StoragePoolディスク

圧縮による総削減量

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

ボリューム

物理容量

実施しました

合計容量

実施しました

使用済み容量

実施しました

使用容量の比率

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

レイテンシ読み取り

実施しました

レイテンシ合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

EMC PowerStore REST API

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

EMC RecoverPoint(HTTP)

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

RecoverPoint

5.1.P1(175年頃)
5.1.SP4.P1(H.89)
5.1.SP4.P2(H.101)
5.1.SP4.P3(H.109)
5.1.SP4.P4(H.97)

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

情報

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

Originatorキー

実施しました

HTTPS

ストレージ

IPを表示します

実施しました

HTTPS

失敗した物理容量

実施しました

HTTPS

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

HTTPS

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

HTTPS

URLを管理します

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

マイクロコードのバージョン

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

合計物理容量

実施しました

HTTPS

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スペアの物理容量

実施しました

HTTPS

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

メモリサイズ

ギャップ

HTTPS

デバイスメモリ(MB単位)

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

プロセッサ数

実施しました

HTTPS

デバイスCPU

シリアル番号

実施しました

HTTPS

状態

実施しました

HTTPS

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

UUID

実施しました

HTTPS

バージョン

実施しました

HTTPS

ソフトウェアバージョン

ストレージ同期

モード

実施しました

HTTPS

モード列挙

実施しました

HTTPS

ソースストレージ

実施しました

HTTPS

ソースボリューム

実施しました

HTTPS

状態

実施しました

HTTPS

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

状態の列挙

実施しました

HTTPS

ターゲットストレージ

実施しました

HTTPS

ターゲットボリューム

実施しました

HTTPS

テクノロジ

実施しました

HTTPS

ストレージ効率化の原因となるテクノロジが変化しています

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

RecoverPoint REST API

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

EMC ScaleIOおよびPowerFlex REST

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

モデル ファームウェアバージョン

ScaleIO

R2_6.11000.113
R2_6.11000.115
R3_0.1400.101
R3_5.1200.104
R3_6.500.113
R3_6.700.103

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

ディスク

容量(GB)

実施しました

HTTPS

容量を使用

ディスクID

実施しました

HTTPS

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

場所

ギャップ

HTTPS

このディスクがアレイ内に物理的に配置されている場所

名前

実施しました

HTTPS

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スピード

実施しました

HTTPS

ディスクの速度(rpm)

ステータス

実施しました

HTTPS

ステータスの列挙値

実施しました

HTTPS

ディスクステータスの列挙

情報

APIのバージョン

実施しました

HTTPS

Client API概要 の略

実施しました

HTTPS

クライアントAPI名

実施しました

HTTPS

クライアントAPIバージョン

実施しました

HTTPS

データソース名

実施しました

HTTPS

情報

日付

実施しました

HTTPS

発信者ID

実施しました

HTTPS

Originatorキー

実施しました

HTTPS

ストレージ

IPを表示します

実施しました

HTTPS

失敗した物理容量

実施しました

HTTPS

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

HTTPS

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

HTTPS

製造元

実施しました

HTTPS

マイクロコードのバージョン

実施しました

HTTPS

モデル

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

合計物理容量

実施しました

HTTPS

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

HTTPS

スペアの物理容量

実施しました

HTTPS

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

SupportActive

実施しました

HTTPS

ストレージがアクティブ/アクティブ構成をサポートしているかどうかを指定します

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

名前

実施しました

HTTPS

UUID

実施しました

HTTPS

ストレージプール

DWH容量に含める

実施しました

HTTPS

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

HTTPS

物理ディスク容量(MB)

実施しました

HTTPS

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

HTTPS

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

HTTPS

使用可能容量から物理容量への変換率

ステータス

実施しました

HTTPS

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

HTTPS

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

HTTPS

合計使用容量

実施しました

HTTPS

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

HTTPS

仮想

実施しました

HTTPS

ストレージ仮想化デバイスですか?

ボリューム

容量

実施しました

HTTPS

Snapshotの使用容量(MB単位)

ジャンクションパス

実施しました

HTTPS

名前

実施しました

HTTPS

合計物理容量

実施しました

HTTPS

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

ストレージプールID

実施しました

HTTPS

シンプロビジョニング

実施しました

HTTPS

UUID

実施しました

HTTPS

ホストIP

実施しました

HTTPS

パフォーマンス

ディスク

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

スループット書き込み

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

IOPSの合計

実施しました

ストレージ

失敗した物理容量

実施しました

物理容量

実施しました

スペアの物理容量

実施しました

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

ストレージプールの容量

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

ストレージノード

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

レイテンシ読み取り

実施しました

レイテンシ合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

StoragePoolディスク

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

スループット書き込み

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

IOPSの合計

実施しました

ボリューム

物理容量

実施しました

合計容量

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

EMC ScaleIOおよびPowerFlex REST API

HTTPS

HTTPS

443年

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

EMC Symmetrix CLI

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

APIのバージョン モデル ファームウェアバージョン

v10.0.0.0
v10.0.1.0
V7.6.2.67
V8.3.0.22
V8.3.0.6
V8.4.0.7
V8.4.0.9
v9.1.0.18
v9.1.0.5
v9.1.0.6
v9.2.0.0
v9.2.1.0
v9.2.1.1
v9.2.1.2
v9.2.2.0
v9.2.3.0
v9.2.3.1
v9.2.3.4
v9.2.3.5
v9.2.3.6
v9.2.4.1
v9.2.4.2

DMX3-24
DMX4-24
PMax2000
PowerMax_2000
PowerMax_8000
VMAX-1
VMAX100K
VMAX10K
VMAX200K
VMAX250F
VMAX400K
VMAX40K
VMAX450F
VMAX850F
VMAX950F

5773.198.142(168D0000)ビルド5
5876.272.177(16F40000)ビルド39
5876.286.194(16F40000)ビルド115
5876.309.196(16F40000)ビルド162
5977.1131.1131(17590000)ビルド551
5977.1151.1151(17590000)ビルド45
5977.1151.1151(17590000)ビルド59
5977.1151.1151(17590000)ビルド60
5977.1151.1151(17590000)ビルド9
5978.479.479(175A0000)ビルド195
5978.711.711(175A0000)ビルド113
5978.711.711(175A0000)ビルド139
5978.711.711(175A0000)ビルド149
5978.711.711(175A0000)ビルド194
5978.711.711(175A0000)ビルド196
5978.711.711(175A0000)ビルド220
5978.711.711(175A0000)ビルド239
5978.711.711(175A0000)ビルド252
5978.711.711(175A0000)ビルド267
5978.711.711(175A0000)ビルド278
5978.711.711(175A0000)ビルド287
5978.711.711(175A0000)ビルド335
5978.711.711(175A0000)ビルド365
5978.711.711(175A0000)ビルド366
5978.711.711(175A0000)ビルド388
5978.711.711(175A0000)ビルド416
5978.711.711(175A0000)ビルド436
5978.711.711(175A0000)ビルド438
5978.711.711(175A0000)ビルド448
5978.711.711(175A0000)ビルド461
5978.711.711(175A0000)ビルド480
5978.711.711(175A0000)ビルド484
5978.711.711(175A0000)ビルド502
5978.711.711(175A0000)ビルド529
5978.711.711(175A0000)ビルド8

このデータコレクタでサポートされる製品:

プロダクト カテゴリ フィーチャー/属性(Feature/Attribute) ステータス 使用するプロトコル 追加情報

基礎

デバイスグループ

名前

実施しました

ストレージ管理ID

実施しました

を入力します

ギャップ

ディスク

容量(GB)

実施しました

容量を使用

ディスクID

実施しました

アレイ内のこのディスクを一意に識別します

グループ

実施しました

モデル

実施しました

名前

実施しました

ロール

実施しました

ロールの列挙値

実施しました

ディスクロールの列挙子

シリアル番号

実施しました

ステータス

実施しました

ステータスの列挙値

実施しました

ディスクステータスの列挙

Enumと入力します

実施しました

ディスクタイプの列挙子

ベンダー

実施しました

ディスクグループ

容量

実施しました

Snapshotの使用容量(MB単位)

ディスクグループID

実施しました

ディスクグループの一意のID

名前

実施しました

物理ディスク容量(MB)

実施しました

ストレージプールの物理容量として使用されます

冗長性

実施しました

冗長性レベル

使用済み容量

実施しました

ベンダーディスクグループタイプ

実施しました

ディスクグループタイプのベンダー指定

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

iSCSIネットワークポータル

IP

実施しました

リスニングポート

実施しました

NIC

実施しました

OID

実施しました

iSCSIネットワークポータルグループ

OID

実施しました

ポータルグループ名

実施しました

ポータルグループタグ

実施しました

iSCSIノード

ノード名

実施しました

OID

実施しました

を入力します

ギャップ

iSCSIノードマップ

OID

実施しました

ポータルグループOID

実施しました

iSCSIセッション

イニシエータIPS

実施しました

イニシエータOID

実施しました

最大接続数

実施しました

接続数

実施しました

OID

実施しました

ポータルグループOID

実施しました

セキュリティ

実施しました

情報

API概要 の略

実施しました

API名

実施しました

APIのバージョン

実施しました

Client API概要 の略

実施しました

クライアントAPI名

実施しました

クライアントAPIバージョン

実施しました

データソース名

実施しました

情報

日付

実施しました

発信者ID

実施しました

Originatorキー

実施しました

ネットワークパイプ

自動リカバリ

実施しました

双方向

実施しました

動作ステータス

実施しました

ソースID

実施しました

ターゲットID

実施しました

ネットワーク・パイプ・ポートWWN

WWN

実施しました

プロトコルエンドポイント

ID

実施しました

名前

実施しました

ストレージIP

実施しました

ストレージ

IPを表示します

実施しました

失敗した物理容量

実施しました

障害が発生したディスクの物理容量(障害が発生したすべてのディスクの合計)

ファミリー

実施しました

このストレージ・ファミリには' Clariion'Symmetrixなどがあります

IP

実施しました

製造元

実施しました

マイクロコードのバージョン

実施しました

モデル

実施しました

名前

実施しました

合計物理容量

実施しました

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

シリアル番号

実施しました

スペアの物理容量

実施しました

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

ストレージノード

名前

実施しました

UUID

実施しました

ストレージプール

自動階層化

実施しました

このストレージプールが他のプールとの自動階層化に参加しているかどうかを示します

圧縮が有効になりました

実施しました

ストレージプールで圧縮が有効になっている

圧縮による削減量

実施しました

圧縮による削減率

データの割り当て容量

ギャップ

データに割り当てられている容量

データの使用容量

実施しました

重複排除が有効です

実施しました

ストレージプールで重複排除が有効になっている

DWH容量に含める

実施しました

ACQからcotnrolまでの間には、DWH容量に興味深いストロークプールがあります

名前

実施しました

その他の使用容量(MB)

実施しました

データとSnapshot以外の容量

物理ディスク容量(MB)

実施しました

ストレージプールの物理容量として使用されます

RAID グループ

実施しました

このストレージプールがRAIDグループかどうかを示します

使用可能な物理比率

実施しました

使用可能容量から物理容量への変換率

冗長性

実施しました

冗長性レベル

Snapshotの使用容量

実施しました

ソフトリミット(MB)

実施しました

ボリュームの作成またはサイズ変更処理で定義される論理ボリュームサイズ

ストレージプールID

実施しました

シンプロビジョニングがサポートされます

実施しました

この内部ボリュームで、上のボリュームレイヤのシンプロビジョニングがサポートされているかどうか

合計割り当て済み容量

実施しました

合計使用容量

実施しました

合計容量(MB)

を入力します

ギャップ

ベンダー階層

実施しました

ベンダー固有の階層名

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

実効使用容量

実施しました

ストレージ同期

モード

実施しました

モード列挙

実施しました

ソースストレージ

実施しました

ソースボリューム

実施しました

状態

実施しました

デバイスの状態を説明するフリーテキスト

状態の列挙

実施しました

ターゲットストレージ

実施しました

ターゲットボリューム

実施しました

テクノロジ

実施しました

ストレージ効率化の原因となるテクノロジが変化しています

ボリューム

AutoTier Policy Identifierの略

実施しました

動的階層ポリシーの識別子

自動階層化

実施しました

このストレージプールが他のプールとの自動階層化に参加しているかどうかを示します

容量

実施しました

Snapshotの使用容量(MB単位)

ディスクサイズ

実施しました

ディスクサイズのカンマ区切りリスト(GB)

ディスクタイプ

使用できません

メインフレーム

実施しました

このボリュームがメインフレームボリュームかどうかを示します

メタ

実施しました

このボリュームがmemeberを持つメタボリュームかどうかを示すフラグ。メタボリュームのディスクグループが空になります。

名前

実施しました

合計物理容量

実施しました

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

冗長性

実施しました

冗長性レベル

レプリカソース

実施しました

レプリカターゲット

実施しました

スナップショット

実施しました

ストレージプールID

実施しました

シンプロビジョニング

実施しました

を入力します

ギャップ

UUID

実施しました

使用済み容量

実施しました

仮想

実施しました

ストレージ仮想化デバイスですか?

書き込み済み容量

実施しました

ホストによってこのボリュームに書き込まれた合計容量(MB)

ストレージグループ

実施しました

ボリュームマップ

LUN

実施しました

バックエンドLUNの名前

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

ストレージポート

実施しました

TID

実施しました

を入力します

ギャップ

ボリュームマスク

イニシエータ

実施しました

Protocol Controller(プロトコルコントローラ)

実施しました

ストレージポート

実施しました

を入力します

ギャップ

ボリュームメンバー

自動階層化

実施しました

このストレージプールが他のプールとの自動階層化に参加しているかどうかを示します

容量

実施しました

Snapshotの使用容量(MB単位)

シリンダ

実施しました

名前

実施しました

ランク

実施しました

合計物理容量

実施しました

合計物理容量(アレイ上のすべてのディスクの合計)

冗長性

実施しました

冗長性レベル

ストレージプールID

実施しました

UUID

実施しました

使用済み容量

実施しました

ボリューム参照

名前

実施しました

ストレージIP

実施しました

WWNエイリアス

ホストのエイリアス

実施しました

オブジェクトタイプ( Object Type )

実施しました

ソース

実施しました

WWN

実施しました

パフォーマンス

ディスク

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

ストレージ

キャッシュヒット率読み取り

実施しました

キャッシュヒット率の合計

実施しました

キャッシュヒット率書き込み

実施しました

キャッシュ利用率合計

実施しました

失敗した物理容量

実施しました

物理容量

実施しました

スペアの物理容量

実施しました

スペアディスクのraw容量(スペアであるすべてのディスクの合計)

ストレージプールの容量

実施しました

IOPS:その他

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

書き込み保留中です

実施しました

合計書き込み保留中です

ストレージノード

キャッシュヒット率の合計

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

レイテンシ読み取り

実施しました

レイテンシ合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

利用率の合計

実施しました

StoragePoolディスク

プロビジョニング済み容量

実施しました

物理容量

実施しました

合計容量

実施しました

使用済み容量

実施しました

オーバーコミット容量率です

実施しました

時系列で報告されます

使用容量の比率

実施しました

合計データ容量

実施しました

データの使用容量

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

その他の使用容量

実施しました

Snapshotの使用容量

実施しました

Snapshotの使用容量の比率

実施しました

時系列で報告されます

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

ボリューム

キャッシュヒット率読み取り

実施しました

キャッシュヒット率の合計

実施しました

キャッシュヒット率書き込み

実施しました

物理容量

実施しました

合計容量

実施しました

使用済み容量

実施しました

書き込み済み容量

実施しました

使用容量の比率

実施しました

容量比率の書き込み

実施しました

IOPS読み取り

実施しました

ディスク上の読み取りIOPSの数

IOPSの合計

実施しました

IOPS -書き込み

実施しました

レイテンシ読み取り

実施しました

レイテンシ合計

実施しました

レイテンシライト

実施しました

スループット読み取り

実施しました

合計スループット

実施しました

ディスクの平均合計速度(すべてのディスクでの読み取り/書き込み)(MB/秒)

スループット書き込み

実施しました

書き込み保留中です

実施しました

合計書き込み保留中です

このデータコレクタで使用される管理API:

API 使用するプロトコル 使用するトランスポート層プロトコル 使用されている着信ポート 使用されている発信ポート 認証をサポートします 「読み取り専用」のクレデンシャルのみ必要です 暗号化をサポートします ファイアウォール対応(静的ポート)

SYMCLI

CLI の使用

2707

正しいです

正しいです

正しいです

正しいです

Symmetrix SMI-S

SMI-Sの使用

HTTP / HTTPS

5988/5989

正しいです

いいえ

いいえ

正しいです

Dell Unisphere REST

このデータコレクタでサポートされるモデルとバージョン:

APIのバージョン モデル ファームウェアバージョン