日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

API 経由で Reporting Database にアクセスします

寄稿者 netapp-alavoie

Cloud Insights の強力な API を使用すると、 Cognos Reporting 環境を介さずに、 Cloud Insights Reporting データベースを直接照会できます。

注記 このドキュメントでは、で使用できる Cloud Insights レポート機能について説明します "Premium Edition の場合"

OData

Cloud Insights レポート API は、に従います "OData v4 の" ( Open Data Protocol )レポートデータベースの照会の標準。詳細や詳細については、をご覧ください OData の場合。

すべての要求は、 URL \\ https://<Cloud Insights URL>/rest/v1/dwh_management/OData から開始します

apiKey を生成します

詳細については、をご覧ください "Cloud Insights APIs の略"

API キーを生成するには、次の手順を実行します。

  • Cloud Insights 環境にログインし、 * Admin > API Access * を選択します。

  • [+API Access Token] をクリックします。

  • 名前と概要を入力します。

  • タイプには、 Data Warehouse _ を選択します。

  • 権限を読み取り / 書き込みに設定します。

  • 要望の有効期限を設定します。

  • [ 保存 ] をクリックし、 * キーをコピーして安全な場所に保存します。あとでフルキーにアクセスすることはできません。

APIKeys は、 _Sync_or_Async に適しています。

テーブルの直接クエリ

API キーを配置した状態で、 Reporting データベースの直接クエリを実行できるようになりました。長い URL は、完全な https://<Cloud Insights URL >/rest/v1/dw-damanagement/odata ではなく、表示目的で https://…​/odata/ に簡略化される可能性があります

次のような簡単なクエリを試してください

  • https://<Cloud Insights URL>/rest/v1/dwh-management/odata / dwh_custom

  • https://<Cloud Insights URL>/rest/v1/dwh-management/odata / dwh_inventory

  • https://<Cloud Insights URL>/rest/v1/dwh-management/odata / dwh_inventory/storage

  • https://<Cloud Insights URL>/rest/v1/dwh-management/odata / dwh_inventory/disk

  • \ https://…​/odata/dwh_custom/custom_queries

REST API の例

すべての呼び出しの URL は、 https://<Cloud Insights URL>/rest/v1/dwh_management/odat_ です。

  • Get/{schema}/** - Reporting Database からデータを取得します。少なくとも _Guest_role が必要です。

形式: \\https://<Cloud Insights URL>/rest/v1/dw-management/odata /<schema_name>/<query>_

 https://<domain>/rest/v1/dwh-management/odata/dwh_inventory/fabric?$count=true&$orderby=name
結果
{
   "@odata.context": "$metadata#fabric",
   "@odata.count": 2,
   "value": [
       {
           "id": 851,
           "identifier": "10:00:50:EB:1A:40:3B:44",
           "wwn": "10:00:50:EB:1A:40:3B:44",
           "name": "10:00:50:EB:1A:40:3B:44",
           "vsanEnabled": "0",
           "vsanId": null,
           "zoningEnabled": "0",
           "url": "https://<domain>/web/#/assets/fabrics/941716"
       },
       {
           "id": 852,
           "identifier": "10:00:50:EB:1A:40:44:0C",
           "wwn": "10:00:50:EB:1A:40:44:0C",
           "name": "10:00:50:EB:1A:40:44:0C",
           "vsanEnabled": "0",
           "vsanId": null,
           "zoningEnabled": "0",
           "url": "https://<domain>/web/#/assets/fabrics/941836"
        }
    ]
}

役に立つヒント

Reporting API クエリを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • クエリペイロードには有効な JSON 文字列を指定する必要があります

  • クエリペイロードは 1 行に含める必要があります

  • 二重引用符はエスケープする必要があります。

  • タブは \t としてサポートされています

  • コメントは避けてください

  • 小文字のテーブル名がサポートされています

さらに、

  • 2 つのヘッダーが必要です。

    • 「 X-CloudInsights - apiKey 」という名前を付けます。

    • 属性値「 <apiKey> 」

API キーは Cloud Insights 環境に固有です。