日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アノテーションのインポート

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights には、 CSV ファイルからアノテーションやアプリケーションをインポートして、指定したオブジェクトに割り当てるための API が用意されています。

注記 Cloud Insights API は、 * Cloud Insights プレミアムエディション * で利用できます。

インポート中です

[*Admin] > [API Access] リンクには、が含まれています "ドキュメント" * Assets / Import * API の場合。このドキュメントでは、 .csv ファイルの形式について説明しています。

API をインポートします

.csv ファイル形式の略

CSV ファイルの一般的な形式は次のとおりです。ファイルの 1 行目では、インポートフィールドを定義し、フィールドの順序を指定します。次に、アノテーションまたはアプリケーションごとに個別の行を表示します。すべてのフィールドを定義する必要はありません。ただし、後続の注釈行は、定義行と同じ順序に従う必要があります。

 [Object Type] , [Object Name or ID] , Annotation Type [, Annotation Type,  ...] [, Application] [, Tenant] [, Line_Of_Business] [, Business_Unit] [, Project]
.csv ファイルの例については、 API のドキュメントを参照してください。

API スワッガー自体から .csv ファイルからアノテーションをインポートして割り当てることができます。使用するファイルを選択し、 _Execute_Button をクリックします。

インポートして割り当てます

インポートビヘイビア

インポート処理では、インポートするオブジェクトとオブジェクトタイプに応じて、データの追加、マージ、または置換が行われます。インポート時には、次の動作に注意してください。

  • 同じ名前のアノテーションがターゲットシステムにない場合、アノテーションまたはアプリケーションが追加されます。

  • 同じ名前のアノテーションがターゲットシステムにある場合、アノテーションタイプがリストであれば、アノテーションがマージされます。

  • 同じ名前のアノテーションがターゲットシステムにある場合、アノテーションタイプがリスト以外であれば、アノテーションが置き換えられます。

    メモ:同じ名前でタイプが異なるアノテーションがターゲットシステムにあると、インポートは失敗します。失敗したアノテーションにオブジェクトが依存している場合、誤った情報や不要な情報が表示されることがあります。インポート処理の完了後、すべてのアノテーションの依存関係を確認してください。

  • アノテーション値が空の場合、そのアノテーションはオブジェクトから削除されます。継承された注釈は影響を受けません。

  • 日付タイプのアノテーション値は、 UNIX 時間(ミリ秒)で指定する必要があります。

  • ボリュームまたは内部ボリュームのアノテーションでは、オブジェクト名はストレージ名とボリューム名を組み合わせたもので、区切り文字として使用されます。たとえば、 < ストレージ名 >-> < ボリューム名 > のように指定します

  • オブジェクト名にカンマが含まれている場合は、名前全体を二重引用符で囲む必要があります。たとえば、「 Netapp1 !」、「 NetApp 2 」、「 -> 023F_ 」のように入力します

  • ストレージ、スイッチ、ポートにアノテーションを接続している場合は、「アプリケーション」列は無視されます。

  • テナント、基幹業務、ビジネスユニット、プロジェクトのいずれかまたは両方がビジネスエンティティになります。すべてのビジネスエンティティと同様に、いずれの値も空にすることができます。

次のオブジェクトタイプに注釈を付けることができます。

オブジェクトタイプ

名前またはキー

ホスト

ID\-><id> または <Name>

VM

ID\-><id> または < 名前 >

ストレージプール

ID\-><id> または <Storage Name> <Storage Pool Name>

内部ボリューム

ID\-><id> または <Storage Name>-> <Internal Volume Name>

ボリューム

ID\-><id> または <Storage Name>-> <Volume Name>

ストレージ

ID\-><id> または <Name>

スイッチ

ID\-><id> または <Name>

ポート

ID\-><id> または <WWN>

qtree

ID\-><id> または <Storage Name> <Internal Volume Name>\-><qtree Name>

共有

ID\-><id> または <Storage Name> <Internal Volume Name>\-><Share Name>-><Protocol> [\-><qtree 名(デフォルト qtree の場合はオプション) >]