日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP Data Collector の設定

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Secure では、データコレクタを使用して、デバイスからファイルとユーザのアクセスデータを収集します。

Cloud Volumes ONTAP ストレージ構成

Cloud Secure エージェントをホストするシングルノード / HA AWS インスタンスを設定するには、 OnCommand Cloud Manager のドキュメントを参照してください。https://docs.netapp.com/us-en/occm/index.html[]

設定が完了したら、次の手順に従って SVM をセットアップします。https://docs.netapp.com/us-en/cloudinsights/task_add_collector_svm.html[]

Agent Machine Configuration の略

Cloud Secure エージェントとして使用するマシンを設定するには、次の手順を実行します。

手順
  1. AWS コンソールにログインし、 EC2-Instances ページに移動して、 Launch instance を選択します。

  2. このページに記載されているバージョンに応じて、 RHEL または CentOS AMI を選択します。https://docs.netapp.com/us-en/cloudinsights/concept_cs_agent_requirements.html[]

  3. Cloud ONTAP インスタンスが存在する VPC とサブネットを選択します。

  4. 割り当てられたリソースとして、 [T2.xlarge _ ( 4 vCPU と 16 GB RAM ) ] を選択します。

    1. EC2 インスタンスを作成します。

  5. YUM パッケージマネージャを使用して、必要な Linux パッケージをインストールします。

    1. Linux パッケージのインストール _wget_or_unzip_native 。

Cloud Secure エージェントをインストールします

  1. Cloud Insights 環境に管理者またはアカウント所有者としてログインします。

  2. Cloud Secure * Admin > Data Collectors * に移動し、 * Agents * タブをクリックします。

  3. [*+Agent] をクリックし、ターゲットプラットフォームとして RHEL を指定します。

  4. [ エージェントインストール ] コマンドをコピーします。

  5. ログインしている RHEL EC2 インスタンスに Agent Installation コマンドを貼り付けます。これにより、すべてのが提供された Cloud Secure エージェントがインストールされます "エージェントの前提条件" 達成された。

詳細な手順については、 https://docs.netapp.com/us-en/cloudinsights/task_cs_add_agent.html#steps-to-install-agent を参照してください