日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Acquisition Unit の設定

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights は、ローカルサーバにインストールされている Acquisition Unit を使用してデバイスデータを収集します。各 Acquisition Unit では、複数のデータコレクタをホストできます。これらのコレクタは、分析のためにデバイスメトリックを Cloud Insights に送信

ここでは、 Acquisition Unit を追加する方法と、プロキシを使用する環境で必要な追加の手順について説明します。

注記 正確な監査およびデータレポートを作成するためには、 * Network Time Protocol ( NTP ;ネットワークタイムプロトコル) * または * Simple Network Time Protocol ( SNTP ) * を使用して Acquisition Unit マシンの時間を同期することを強く推奨します。

Linux Acquisition Unit の追加

作業を開始する前に
  • プロキシを使用するシステムの場合は、 Acquisition Unit をインストールする前にプロキシ環境変数を設定する必要があります。詳細については、を参照してください [Setting proxy environment variables]

Linux Acquisition Unit のインストール手順
  1. Cloud Insights 環境に管理者またはアカウント所有者としてログインします。

  2. [*Admin] > [Data Collectors] > [Acquisition Units] > [+ Acquisition Unit] をクリックします

    [Install Acquisition Unit_Dialog] が表示されます。Linux を選択します。

Linux AU の手順

  1. Acquisition Unit をホストしているサーバまたは VM が推奨されるシステム要件を満たしていることを確認する。

  2. サーバでサポートされているバージョンの Linux が実行されていることを確認します。サポートされているバージョンのリストについては、「サポートされている OS バージョン」( i )をクリックしてください。

  3. ダイアログ内の Installation コマンドスニペットを、 Acquisition Unit をホストするサーバまたは VM のターミナルウィンドウにコピーします。

  4. Bash シェルにコマンドを貼り付けて実行します。

完了後
  • [*Admin] > [Data Collectors] > [Acquisition units] をクリックして、 Acquisition Unit のステータスを確認します。

  • Acquisition Unit のログには、 /var/log/netapp/cloudInsights /acq/ acq.log からアクセスできます

  • Acquisition Unit を制御するには、次のスクリプトを使用します。

    • cloudinsights-service.sh ( stop 、 start 、 restart 、 status を確認)

  • Acquisition Unit をアンインストールするには、次のスクリプトを使用します。

    • cloudinsights-uninstall.sh

プロキシ環境変数を設定しています

プロキシを使用する環境では、 Acquisition Unit を追加する前にプロキシ環境変数を設定する必要があります。プロキシの設定手順は、 _ Acquisition Unit の追加ダイアログに記載されています。

  1. [+ in_ プロキシサーバを使用しますか ?_ ] をクリックします

  2. コマンドをテキストエディタにコピーし、必要に応じてプロキシ変数を設定します。

    注:プロキシユーザ名とパスワードのフィールドでは、特殊文字に関する制限に注意してください。 ユーザ名フィールドに入力できます。' : ' 、 % 、 ' ! ' パスワードフィールドに入力できます。

  3. Bash シェルを使用して、端末で編集したコマンドを実行します。

  4. Acquisition Unit ソフトウェアをインストールします。

プロキシ設定:

Acquisition Unit は、 Cloud Insights サーバへの接続に双方向認証を使用します。認証するには、クライアント証明書を Cloud Insights サーバに渡す必要があります。これを実現するには、 HTTPS 要求をデータを復号化せずに Cloud Insights サーバに転送するようにプロキシを設定する必要があります。

最も簡単な方法は、プロキシまたはファイアウォールでワイルドカード設定を指定して Cloud Insights と通信することです。次に例を示します。

*.cloudinsights.netapp.com
注記 ワイルドカードにアスタリスク( * )を使用するのは一般的ですが、プロキシ / ファイアウォールの設定では異なる形式を使用することがあります。プロキシのドキュメントで、ワイルドカードを正しく指定できることを確認してください。

プロキシ URL の表示

オンボーディング中にデータコレクタを選択するときに [* プロキシ設定 * ] リンクをクリックするか、 [* ヘルプ > サポート * ] ページの [_ プロキシ設定 _ ] の下のリンクをクリックすると、プロキシエンドポイントの URL を表示できます。次のようなテーブルが表示されます。

プロキシエンドポイントテーブル

Windows Acquisition Unit の追加

Windows Acquisition Unit のインストールの手順
  1. 管理者権限を持つユーザとして Acquisition Unit サーバ / VM にログインします。

  2. そのサーバーで、ブラウザウィンドウを開き、管理者またはアカウント所有者として Cloud Insights 環境にログインします。

  3. [*Admin] > [Data Collectors] > [Acquisition Units] > [+ Acquisition Unit] をクリックします。

    [Install Acquisition Unit_Dialog] が表示されます。Windows を選択します。

Windows AU のインストール
  1. Acquisition Unit をホストしているサーバまたは VM が推奨されるシステム要件を満たしていることを確認する。

  2. サーバでサポートされているバージョンの Windows が実行されていることを確認します。サポートされているバージョンのリストについては、「サポートされている OS バージョン」( i )をクリックしてください。

  3. [ インストーラのダウンロード( Windows 64 ビット) *] ボタンをクリックします。

  4. アクセスキーをコピーします。インストール中にこのファイルが必要になります。

  5. Acquisition Unit のサーバ / VM で、ダウンロードしたインストーラを実行します。

  6. プロンプトが表示されたら、アクセスキーをインストールウィザードに貼り付けます。

  7. インストール中に、プロキシサーバーの設定が表示されます。

完了後
  • [*Admin] > [Data Collectors] > [Acquisition units] をクリックして、 Acquisition Unit のステータスを確認します。

  • Acquisition Unit のログには、 <install dir>\Cloud Insights \Acquisition Unit \log\acq.log からアクセスできます

  • Acquisition Unit のステータスを確認するには、次のスクリプトを使用します。

    cloudinsights-service.sh

プロキシ設定:

Acquisition Unit は、 Cloud Insights サーバへの接続に双方向認証を使用します。認証するには、クライアント証明書を Cloud Insights サーバに渡す必要があります。これを実現するには、 HTTPS 要求をデータを復号化せずに Cloud Insights サーバに転送するようにプロキシを設定する必要があります。

最も簡単な方法は、プロキシまたはファイアウォールでワイルドカード設定を指定して Cloud Insights と通信することです。次に例を示します。

*.cloudinsights.netapp.com
注記 ワイルドカードにアスタリスク( * )を使用するのは一般的ですが、プロキシ / ファイアウォールの設定では異なる形式を使用することがあります。プロキシのドキュメントで、ワイルドカードを正しく指定できることを確認してください。

プロキシ URL の表示

オンボーディング中にデータコレクタを選択するときに [* プロキシ設定 * ] リンクをクリックするか、 [* ヘルプ > サポート * ] ページの [_ プロキシ設定 _ ] の下のリンクをクリックすると、プロキシエンドポイントの URL を表示できます。次のようなテーブルが表示されます。

プロキシエンドポイントテーブル

Acquisition Unit のアンインストール

Acquisition Unit ソフトウェアをアンインストールするには、次の手順を実行します。

  • Windows : *

    1. Acquisition Unit のサーバー /VM で、 Control Panel を開いて、「プログラムのアンインストール」を選択します。Cloud Insights Acquisition Unit プログラムを選択して削除します。

    2. [ アンインストール ] をクリックし、画面の指示に従います。

  • Linux : *

    1. Acquisition Unit サーバ / VM で、次のコマンドを実行します。

       sudo cloudinsights-uninstall.sh -p
      . アンインストールのヘルプについては、次のコマンドを実行します。
      sudo cloudinsights-uninstall.sh --help
  • 両方: *

    1. AU ソフトウェアをアンインストールした後、 * Admin > Data Collectors * に移動し、 * Acquisition Unit * タブを選択します。

    2. アンインストールする Acquisition Unit の右側にある Options ボタンをクリックし、 _Delete_を 選択します。Acquisition Unit は、その Acquisition Unit にデータコレクタが割り当てられていない場合にのみ削除できます。

注:デフォルトの Acquisition Unit は削除できません。古い AU を削除する前に、デフォルトとして別の AU を選択します。

Acquisition Unit の再インストール

Acquisition Unit を同じサーバ / VM に再インストールするには、次の手順を実行する必要があります。

Acquisition Unit を再インストールするには、あらかじめ別のサーバ / VM で一時的な Acquisition Unit を設定しておく必要があります。

手順
  1. Acquisition Unit サーバ /VM にログインし、 AU ソフトウェアをアンインストールします。

  2. Cloud Insights 環境にログインして、 * Admin > Data Collectors * にアクセスします。

  3. 各データコレクタについて、右側の [ オプション ] メニューをクリックし、 Edit を選択します。一時収集ユニットにデータコレクタを割り当て、 * 保存 * をクリックします。

    同じタイプの複数のデータコレクタを選択し、 * 一括アクション * ボタンをクリックすることもできます。Edit を選択し、データコレクタを一時 Acquisition Unit に割り当てます。

  4. すべてのデータコレクタを一時的な Acquisition Unit に移動したら、 * Admin > Data Collectors * に移動し、 * Acquisition Unit * タブを選択します。

  5. 再インストールする Acquisition Unit の右側にある Options ボタンをクリックし、 _Delete_を 選択します。Acquisition Unit は、その Acquisition Unit にデータコレクタが割り当てられていない場合にのみ削除できます。

  6. Acquisition Unit ソフトウェアを元のサーバ / VM に再インストールできるようになりました。+ Acquisition Unit * をクリックし、上記の手順に従って Acquisition Unit をインストールします。

  7. Acquisition Unit を再インストールしたら、データコレクタを Acquisition Unit に再び割り当てます。

AU 詳細を表示しています

Acquisition Unit ( AU )の詳細ページには、 AU に関する有用な情報やトラブルシューティングに役立つ情報が表示されます。AU 詳細ページには、次のセクションがあります。

  • 以下を示す * サマリ * セクション:

    • * Acquisition Unit の名前 * と IP *

    • AU の現在の接続 * Status *

    • * 最終報告 * データコレクタのポーリング時間に成功

    • AU マシンの * オペレーティング・システム *

    • AU の現在の * 注 * 。このフィールドには、 AU のコメントを入力します。このフィールドには、最後に追加されたメモが表示されます。

  • 各データコレクタについて、 AU * Data Collectors * のテーブルが表示されます。

    • * 名前 *- このリンクをクリックすると、追加情報を使用してデータコレクタの詳細ページにドリルダウンできます

    • * Status * - 成功またはエラー情報

    • * タイプ * - ベンダー / モデル

    • * データコレクタの IP * アドレス

    • 現在の * 影響 * レベル

    • *Last Acquired * time :データコレクタが最後に正常にポーリングされた時刻

AU Detail Page の例

データコレクタごとに、 [Three dots] メニューをクリックして、データコレクタの複製、編集、ポーリング、または削除を実行できます。このリストで複数のデータコレクタを選択して、それらに対して一括操作を実行することもできます。

Acquisition Unit を再起動するには、ページ上部の「 * Restart * 」ボタンをクリックします。接続に問題が発生した場合に、このボタンをドロップダウンして、 AU への * 接続の復元 * を試行します。