日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データコレクタの設定

寄稿者 netapp-alavoie dgracenetapp このページの PDF をダウンロード

データセンター内のデバイスからデータを収集するように、 Cloud Insights 環境内のデータコレクタを設定します。

作業を開始する前に
  • データの収集を開始する前に、 Acquisition Unit を設定しておく必要があります。

  • データの収集元のデバイスのクレデンシャルが必要です。

  • データの収集元のすべてのデバイスには、デバイスのネットワークアドレス、アカウント情報、およびパスワードが必要です。

手順
  1. Cloud Insights メニューで、 * Admin > Data Collector* をクリックします

    使用可能なデータコレクタがベンダー別に表示されます。

  2. 必要なベンダーの [+Collector] をクリックし、設定するデータコレクタを選択します。

    ダイアログボックスで、データコレクタを設定し、 Acquisition Unit を追加できます。

  3. データコレクタの名前を入力します。

    名前には、英字( a ~ z )、数字( 0 ~ 9 )、ダッシュ( - )、アンダースコア( _ )、アポストロフィ( ' )を使用できます。 およびピリオド( . )を使用できます。

  4. このデータコレクタに関連付ける Acquisition Unit を入力します。

  5. Configuration (設定)画面で必須フィールドを入力します。

  6. [ 詳細構成 *] をクリックして、追加の構成フィールドを追加します。すべてのデータコレクタで高度な設定が必要となるわけで

  7. Test Configuration* をクリックして、データコレクタが正しく設定されていることを確認します。

  8. [Add Collector* (コレクタの追加) ] をクリックして設定を保存し、 Cloud Insights テナントにデータコレクタを追加します。

新しいデータコレクタを追加すると、 Cloud Insights は 3 つのポーリングを開始します。

  • 最初のインベントリポーリング:すぐに

  • 第 1 回のパフォーマンスデータのポーリングでベースラインを確立:インベントリのポーリング直後

  • 第 2 回パフォーマンスポーリング:第 1 回のパフォーマンスポーリングが完了してから 15 秒以内

ポーリングは、設定されたインベントリとパフォーマンスのポーリング間隔に従って続行されます。