日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アノテーションの使用

寄稿者 netapp-alavoie dgracenetapp このページの PDF をダウンロード

アノテーションを作成し、監視対象のアセットに割り当てる。アノテーションは、物理的な場所、終了日、ストレージ階層、ボリュームのサービスレベルなど、アセットに関する情報を提供するメモです。

アノテーションの定義

アノテーションを使用すると、ビジネスニーズに合わせて、ビジネス固有のカスタムデータをアセットに追加できます。Cloud Insights には、アセットのライフサイクル(開始日や終了日)、建物やデータセンターの場所、階層などの一連のアノテーションがデフォルトで用意されていますが、他の方法でデータを表示することもできます。

カスタムアノテーションのデータは、スイッチのメーカー、ポートの数、パフォーマンス統計など、すでに収集されたデバイスの補足データになります。アノテーションを使用して追加したデータは Cloud Insights で検出されません。

作業を開始する前に
  • 環境のデータを関連付ける必要がある業界固有の用語をリストします。

  • 環境のデータを関連付ける必要がある会社固有の用語をリストします。

  • 使用できるデフォルトのアノテーションタイプがないかどうかを特定します。

  • 作成する必要があるカスタムアノテーションを特定します。アセットに割り当てる前に、アノテーションを作成する必要があります。

アノテーションを作成するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Cloud Insights メニューで、 * Manage > Annotations * をクリックします

  2. [ * + 注釈 * ( * + Annotation * ) ] をクリックして、新しい注釈を作成する。

  3. 名前( Name )、アノテートアイテム(概要)を入力し、新しいアノテートアイテムに入力します。

    たとえば、次のように入力して、データセンター 4 のアセットの物理的な場所を定義するテキストアノテーションを作成します。

    • アノテーションの名前(「 Location 」など)を入力します。

    • 「 Physical location is Data Center 4 」など、アノテーションの説明に使用する概要を入力します。

    • アノテーションの「 type 」を入力します(「 Text 」など)。

アセットへのアノテーションの手動割り当て

アセットにアノテーションを割り当てると、アセットをビジネスに関連付けてソート、グループ化、レポートするのに役立ちます。アノテーションルールを使用して特定のタイプのアセットにアノテーションを自動的に割り当てることができますが、アセットページを使用して個々のアセットにアノテーションを割り当てることができます。

作業を開始する前に
  • 割り当てるアノテーションを作成しておく必要があります。

手順
  1. Cloud Insights 環境にログインします。

  2. アノテーションを適用するアセットを選択します。

    • アセットを検索するには、クエリ、ダッシュボードウィジェットから選択、または検索します。目的のアセットが見つかったら、リンクをクリックしてアセットのランディングページを開きます。

  3. アセットページの [ ユーザーデータ ] セクションで、 [+Annotation] をクリックします。

  4. [ 注釈の追加 ] ダイアログボックスが表示されます。

  5. リストからアノテーションを選択します。

  6. 値をクリックし、選択したアノテーションのタイプに応じて次のいずれかを実行します。

    • アノテーションタイプがリスト、日付、またはブーリアンの場合は、値をリストから選択します。

    • アノテーションタイプがテキストの場合は、値を入力します。

  7. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

アノテーションを割り当てたあとに値を変更する場合は、アノテーションフィールドをクリックして別の値を選択します。fly_option で _Add 新規値を選択したリストタイプのアノテーションの場合は ' 既存の値を選択するだけでなく ' 新しい値を入力できます

アノテーションルールを使用してアノテーションを割り当てる

定義した条件に基づいてアセットにアノテーションを自動的に割り当てるには、アノテーションルールを設定します。それらのルールに基づいて、アセットにアノテーションが割り当てられます。 Cloud InsightsCloud Insights には、デフォルトのアノテーションルールも 2 つ用意されています。これらのルールは、ニーズに合わせて変更することができ、不要な場合は削除することもできます。

アノテーションルールの作成

アノテーションを個々のアセットに手動で適用する代わりに、アノテーションルールを使用して複数のアセットに自動的にアノテーションを適用することができます。個々のアセットページで手動で設定したアノテーションは、 Insight でアノテーションルールが評価されるときにルールベースのアノテーションよりも優先されます。

アノテーションルールのクエリを作成しておく必要があります。

アノテーションタイプはルールの作成中に編集することもできますが、事前に定義しておくことを推奨します。

手順
  1. [ 管理( Manage ) ] > [ 注釈ルール( Annotation rules ) ] をクリック

    アノテーションルールページに、既存のアノテーションルールのリストが表示されます。

  2. 「 * + 追加」をクリックします。

  3. 次の手順を実行します。

    1. [* 名前 *] ボックスに、ルールを説明する一意の名前を入力します。

      この名前はアノテーションルールページに表示されます。

    2. * クエリ * をクリックし、アセットへのアノテーションの適用に使用するクエリを選択します。

    3. [* Annotation* ] をクリックし、適用する注釈を選択します。

    4. * 値 * をクリックし、アノテーションの値を選択します。

      たとえば、 Birthday のアノテーションを選択した場合は、日付の値を指定します。

    5. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    6. すべてのルールをすぐに実行する場合は、 * すべてのルールを実行 * をクリックします。それ以外の場合、ルールは定期的に実行されます。