日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

webhook を使用した通知

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Webhook を使用すると、ユーザーはカスタマイズされた webhook チャネルを使用して、さまざまなアプリケーションにアラート通知を送信できます。

多くの商用アプリケーションでは、標準入力インターフェイスとして Webhook がサポートされています。たとえば、 Slack 、 PagerDuty 、 Teams 、および Discord は、すべてのウェブフックをサポートしています。Cloud Insights は、汎用のカスタマイズ可能なウェブフックチャネルをサポートすることで、これらの配信チャネルの多くをサポートできます。Web フックの情報は、これらのアプリケーション Web サイトに掲載されています。たとえば、 Slack で提供されます "この便利なガイドです"

複数の Web フックチャネルを作成できます。各チャネルは異なる目的に合わせて、アプリケーションや受信者などを個別に指定できます

webhook チャネルインスタンスは、次の要素で構成されています。

名前

一意の名前

URL

webhook のターゲット URL 。 _http : // または _https : // プレフィックスを含みます

メソッド

GET 、 POST-DEFAULT は POST です

カスタムヘッダー

ここで任意のカスタムヘッダー行を指定します

メッセージ本文

メッセージの本文をここに入力します

デフォルトのアラートパラメータ

に、 webhook のデフォルトパラメータを示します

カスタムパラメータとシークレット

カスタムパラメータとシークレットを使用すると、一意のパラメータとパスワードなどのセキュアな要素を追加できます

Webhook の作成

Cloud Insights ウェブフックを作成するには、 [*Admin] > [Notifications] に移動し、 [*webhooks] タブを選択します。

次の図は、 Slack 用に設定された webhook の例を示しています。

webhook の例

Cloud Insights ウェブフックは、いくつかのデフォルトパラメータで構成されています。また、独自のカスタムパラメータまたはシークレットを作成することもできます。

Cloud Insights のデフォルトの Webhook パラメータ

パラメータ:パラメータとは何ですか?また、パラメータの使用方法を教えてください。

アラートパラメータは、アラートごとに動的に設定される値です。たとえば、 %%TriggeredOn%% の _Parameter はアラートがトリガーされたオブジェクトで置き換えられます。

カスタムパラメータとシークレット

このセクションでは、任意のカスタムパラメータやシークレットを追加できます。セキュリティ上の理由から、シークレットが定義されている場合は、 webhook 作成者だけがこの webhook チャネルを変更できます。他のユーザに対しては読み取り専用です。

モニタで [Webhook Notification] を選択します

で webhook 通知を選択します "モニタ"をクリックして、 [* Alerts] > [Manage Monitors * (モニタの管理) ] に移動し、目的のモニタを選択するか、新しいモニタを追加します。[ チーム通知の設定 ] セクションで、配信方法として [Webhook] を選択します。警告レベル(重大、警告、解決済み)を選択し、目的のウェブフックを選択します。

Webhook モニタの通知

Webhook の例:

のウェブフック "たるみ"のウェブフック のウェブフック のウェブフック