日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Secure エージェントの削除

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Secure エージェントを削除する場合は、そのエージェントに関連付けられているすべてのデータコレクタを先に削除する必要があります。

エージェントの削除

重要 エージェントを削除すると、そのエージェントに関連付けられているすべてのデータコレクタが削除されます。別のエージェントでデータコレクタを設定する場合は、 Agent を削除する前に、 Data Collector 設定のバックアップを作成する必要があります。
作業を開始する前に
  1. エージェントに関連付けられているすべてのデータコレクタが Cloud Secure ポータルから削除されていることを確認します。

    注:関連するすべてのコレクタが停止状態にある場合は、この手順を無視してください。

エージェントを削除する手順:
  1. エージェント VM に SSH 接続し、次のコマンドを実行します。プロンプトが表示されたら、「 y 」と入力して続行します。

    sudo /opt/netapp/cloudsecure/agent/install/cloudsecure-agent-uninstall.sh
    Uninstall CloudSecure Agent? [y|N]:
  2. [*Admin] > [Data Collectors] > [Agents] をクリックします

    設定されたエージェントのリストが表示されます。

  3. 削除するエージェントのオプションメニューをクリックします。

  4. [ 削除( Delete ) ] をクリックします。

    [ エージェントの削除 *] ページが表示されます。

  5. 削除を確認するには、 * Delete * をクリックします。