日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Brocade Enterprise Fabric Connectivity Manager データコレクタの設定

寄稿者 netapp-alavoie

Cloud Insights では、 Brocade Enterprise Fabric Connectivity Manager ( EFCM )データコレクタを使用して、 Brocade EFCM スイッチのインベントリを検出します。Cloud Insights では、 EFCM バージョン 9.5 、 9.6 、および 9.7 をサポートしています。

要件

  • EFCM サーバのネットワークアドレスまたは完全修飾ドメイン名

  • EFCM のバージョンは 9.5 、 9.6 、または 9.7 である必要があります

  • EFCM サーバの IP アドレス

  • EFCM サーバに対する読み取り専用のユーザ名とパスワード

  • 読み取り専用のユーザ名とパスワードを使用して、 Cloud Insights サーバから Connectrix スイッチへのポート 51512 を介した Telnet アクセスを検証しました

設定

フィールド 説明

EFC サーバ

EFC サーバの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

スイッチのユーザ名

パスワード

スイッチのパスワード

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 15 分です。

ファブリック名

EFCM データコレクタでレポートするファブリック名ファブリック名を WWN としてレポートする場合は、空白のままにします。

通信ポート

スイッチとの通信に使用するポート

トラッピングを有効にします

デバイスからの SNMP トラップの受信時にデータ収集を有効にする場合に選択します。トラップを有効にするを選択した場合は、 SNMP も有効にする必要があります。

トラップ間の最小時間(秒)

トラップでデータ収集を試行する最小間隔。デフォルトは 15 秒です。

非アクティブなゾーンセット

アクティブなゾーンセットに加えてデータ収集の対象に含める非アクティブなゾーンセットをカンマで区切ったリスト

使用する NIC

SAN デバイスをレポートする際に RAU で使用するネットワークインターフェイスを指定します

デバイスを除外します

ポーリングの対象に含めるか除外するユニットの名前をカンマで区切ったリスト

EFCM スイッチのニックネームをスイッチ名として使用します

EFCM スイッチのニックネームを Cloud Insights スイッチ名として使用する場合に選択します。

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300 秒です。