日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IP デバイスの解決

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

IP の識別画面には、自動デバイス解決または手動デバイス解決によって識別された iSCSI 共有と CIFS 共有または NFS 共有が表示されます。また、未識別のデバイスも表示されます。画面には、デバイスの IP アドレス、名前、ステータス、 iSCSI ノード、および共有名が表示されます。識別に成功したデバイスの割合も表示されます。

IP デバイス解決

IP デバイスを手動で追加する

IP 識別画面で使用可能な手動追加機能を使用して、 IP デバイスを Cloud Insights に手動で追加できます。

手順
  1. Cloud Insights Web UI にログインします。

  2. [Manage] > [Device resolution] をクリックします

  3. [IP Address identify *] タブをクリックします。

  4. [ * 追加( Add * ) ] ボタンをクリックします。

    Add Device ダイアログが表示されます

  5. アドレス、 IP アドレス、および一意のデバイス名を入力します。

入力したデバイスは、 [IP Address Identify ( IP アドレスの識別) ] タブのデバイスのリストに追加されます。

.csv ファイルからの IP デバイス識別情報のインポート

IP デバイスの識別情報を、 .csv ファイルのデバイス識別情報のリストを使用して手動でデバイス解決機能にインポートできます。

  1. 作業を開始する前に

デバイスの識別情報をデバイス解決機能に直接インポートするには、正しい形式の .csv ファイルが必要です。IP デバイスの .csv ファイルには、次の情報が必要です。

住所

IP

名前

データフィールドは、次の例に示すように、引用符で囲む必要があります。

"Address","IP","Name"
"ADDRESS6447","IP6447","NAME-6447"
"ADDRESS3211","IP3211","NAME-3211"
"ADDRESS593","IP593","NAME-593"
注記 ベストプラクティスとして、まず IP アドレス識別情報を .csv ファイルにエクスポートし、そのファイルに必要な変更を加えてから、そのファイルを IP アドレス識別にインポートすることをお勧めします。これにより、必要な列が適切な順序で配置されます。

IP デバイス識別情報の .csv ファイルへのエクスポート

Cloud Insights デバイス解決機能から、既存の IP デバイスの識別情報を .csv ファイルにエクスポートできます。エクスポートしたデバイス識別情報を変更して Cloud Insights に再びインポートすることで、最初にエクスポートした識別情報と類似するデバイスの識別に使用できます。

。このシナリオは、 .csv ファイルで簡単に編集できる属性がデバイスに似ている場合に使用し、その後システムにインポートし直すことができます。

IP デバイスの識別情報を .csv ファイルにエクスポートすると、次の情報がこの順序でファイルに格納されます。

住所

IP

名前

手順
  1. Cloud Insights Web UI にログインします。

  2. [Manage] > [Device Resolution] をクリックします

  3. [IP Address identify *] タブを選択します。

  4. 識別情報をエクスポートする IP デバイスを選択します。

  5. [* Export* ] をクリックします ボタンを押します。