日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Converged Systems Advisor のトラブルシューティングを行う

寄稿者 netapp-bcammett netapp-rlithman

Converged Systems Advisor の使用中に問題が発生した場合は、次の情報を使用すると問題を解決できます。

Web ブラウザからエージェントに接続することはできません

FlexPod デバイスの検出を設定するには、 Web ブラウザを使用してエージェントに接続する必要があります。Web ブラウザから接続できない場合は、エージェントが csa.netapp.com へのアウトバウンドインターネット接続を確立していることを確認してください。エージェントアプリケーションはインターネット接続なしで起動できないため、 Web インターフェイスにアクセスできません。

インターネットアクセスにプロキシサーバが必要な場合は、 "エージェント仮想マシンを使用するように構成します"

エージェントはデバイスを検出できません

エージェントが FlexPod デバイスを検出できない場合は、次の点を確認してください。

  • エージェントが各 FlexPod デバイスに接続されていることを確認します。

    確認するには、エージェントから各デバイスに ping を実行します。

  • ローカルネットワークが 172.17.x.x サブネットを使用しているかどうかを確認します。

    エージェントは、 172.17.x.x サブネットを内部的に使用します。ローカルネットワークが同じサブネットを使用している場合は、エージェント上のサブネットを変更する必要があります。

    1. エージェントの仮想マシンコンソールにログインします。

      デフォルトのユーザ名は「 CSA 」で、デフォルトのパスワードは「 netapp 」です。ログイン後にデフォルトパスワードを変更する必要があります。

    2. 次の内容で /etc/dockerdocker/daemon.json ファイルを追加します。

      { "bip": "172.44.x.x"}

      BIP アドレスには、競合しない IP アドレスを使用できます。172 の範囲にある必要はありません。

    3. 仮想マシンをリブートします。

SSH を使用してエージェント VM に接続できません

エージェント VM の SSH はデフォルトでは無効になっています。

  • SSH を開始するには、 vCenter のコンソールからエージェント VM にログインし、次のコマンドを実行します。

    'UDO su systemctl start ssh

  • SSH が有効になっているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

    'systemctl is -enabled ssh'

  • エージェント VM の SSH のステータスを確認するには、次のコマンドを実行します。

    'systemctl status ssh'

  • リブート後も SSH が維持されるようにするには、次のコマンドを実行します。

    'UDO su systemctl enable ssh