日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NVMe over FC の設定を記録します

このページの PDF を生成して印刷し、次のワークシートを使用して NVMe over Fibre Channel ストレージの構成情報を記録できます。この情報は、プロビジョニングタスクを実行する際に必要になります。

直接接続トポロジ

直接接続トポロジでは、 1 つ以上のホストをコントローラに直接接続します。

NVMe FC 直接トポロジ
  • ホスト 1 の HBA ポート 1 とコントローラ A のホストポート 1

  • ホスト 1 の HBA ポート 2 とコントローラ B のホストポート 1

  • ホスト 2 の HBA ポート 1 とコントローラ A のホストポート 2

  • ホスト 2 の HBA ポート 2 とコントローラ B のホストポート 2

  • ホスト 3 の HBA ポート 1 とコントローラ A のホストポート 3

  • ホスト 3 の HBA ポート 2 とコントローラ B のホストポート 3

  • ホスト 4 の HBA ポート 1 とコントローラ A のホストポート 4

  • ホスト 4 の HBA ポート 2 とコントローラ B のホストポート 4

スイッチ接続トポロジ

ファブリックトポロジでは、 1 つ以上のスイッチを使用します。を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます" を参照してください。

NVMe FC ファブリックトポロジ

ホスト識別子

各ホストのイニシエータ NQN を特定して記録します。

ホストポート接続 ホスト NQN

ホスト(イニシエータ) 1.

ホスト(イニシエータ) 2.

ターゲット NQN

ストレージアレイのターゲット NQN を記録します。

アレイ名 ターゲット NQN

アレイコントローラ(ターゲット)

ターゲット NQN

アレイポートで使用する NQN を記録します。

アレイコントローラ(ターゲット)ポート接続 NQN

コントローラ A のポート 1

コントローラ B のポート 1

コントローラ A のポート 2

コントローラ B 、ポート 2

マッピングホスト名

注記 マッピングホスト名はワークフロー中に作成されます。

マッピングホスト名

ホスト OS タイプ