日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージアレイの NVMe over RoCE 接続を設定します

コントローラに NVMe over RoCE ( RDMA over Converged Ethernet )用の接続が含まれている場合は、 SANtricity System Manager のハードウェアページまたはシステムページで NVMe ポートを設定できます。

必要なもの
  • コントローラ上の NVMe over RoCE ホストポート。それ以外の場合、 System Manager では NVMe over RoCE 設定を使用できません。

  • ホスト接続の IP アドレス。

NVMe over RoCE 構成には、 * Hardware * ページまたはメニューからアクセスできます: Settings [ System ] 。このタスクでは、 Hardware ページからポートを設定する方法について説明します。

注記 NVMe over RoCE の設定と機能は、ストレージアレイのコントローラに NVMe over RoCE ポートが搭載されている場合にのみ表示されます。
手順
  1. System Manager インターフェイスから、 * Hardware * を選択します。

  2. NVMe over RoCE ポートを設定するコントローラをクリックします。

    コントローラのコンテキストメニューが表示されます。

  3. NVMe over RoCE ポートの設定 * を選択します。

    Configure NVMe over RoCE Ports * ( NVMe over RoCE ポートの設定 * )ダイアログボックスが開きます。

  4. ドロップダウンリストで、設定するポートを選択し、 * Next * をクリックします。

  5. 使用するポート設定を選択し、 * 次へ * をクリックします。

    すべてのポート設定を表示するには、ダイアログボックスの右側にある * Show more port settings * リンクをクリックします。

    ポートの設定 説明

    イーサネットポート速度の設定

    目的の速度を選択します。ドロップダウンリストに表示されるオプションは、ネットワークがサポートできる最大速度( 10Gbps など)によって異なります。指定できる値は次のとおりです。

    • オートネゴシエート

    • 10 Gbps

    • 25Gbps

    • 40Gbps

    • 50 Gbps

    • 100Gbps

    • 200 Gbps

    注記 QSFP56 ケーブルで 200Gb 対応の HIC を接続している場合、自動ネゴシエーションは Mellanox スイッチやアダプタに接続している場合にのみ使用できます。
    注記 NVMe over RoCE ポートには、そのポートの SFP の対応速度に合った速度を設定する必要があります。すべてのポートを同じ速度に設定する必要があります。

    IPv4 を有効にするか、 IPv6 を有効にします

    一方または両方のオプションを選択して、 IPv4 ネットワークと IPv6 ネットワークのサポートを有効にします。

    MTU サイズ( * Show more port settings* をクリックすると使用可能)

    必要に応じて、最大伝送ユニット( MTU )の新しいサイズ(バイト)を入力します。デフォルトの MTU サイズは 1500 バイト / フレームです。1500 ~ 4200 の値を入力する必要があります

    [*IPv4 を有効にする *] を選択した場合は、 [ 次へ *] をクリックすると、 IPv4 設定を選択するためのダイアログボックスが開きます。[*IPv6 を有効にする *] を選択した場合、 [ 次へ *] をクリックすると、 IPv6 設定を選択するためのダイアログボックスが開きます。両方のオプションを選択した場合は、 IPv4 設定のダイアログボックスが最初に開き、 * 次へ * をクリックすると、 IPv6 設定のダイアログボックスが開きます。

  6. IPv4 と IPv6 、またはその両方を自動または手動で設定します。すべてのポート設定を表示するには、ダイアログボックスの右側にある * Show more settings * リンクをクリックします。

    ポートの設定 説明

    DHCP サーバから自動的に設定を取得します

    設定を自動的に取得するには、このオプションを選択します。

    静的な設定を手動で指定します

    このオプションを選択した場合は、フィールドに静的アドレスを入力します。IPv4 の場合は、ネットワークのサブネットマスクとゲートウェイも指定します。IPv6 の場合は、ルーティング可能な IP アドレスとルータの IP アドレスも指定します。

    注記 ルーティング可能な IP アドレスが 1 つしかない場合は、残りのアドレスを 0 : 0 : 0 : 0 : 0 : 0 : 0 : 0 に設定します。

    VLAN サポートを有効にします( * Show more settings * をクリックして使用可能)。

    注記 このオプションは、 iSCSI 環境でのみ使用できます。NVMe over RoCE 環境では使用できません。

    イーサネットの優先順位を有効にする( [ 詳細設定を表示する *] をクリックして使用可能)。

    注記 このオプションは、 iSCSI 環境でのみ使用できます。NVMe over RoCE 環境では使用できません。
  7. [ 完了 ] をクリックします。