日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SANtricity ソフトウェアの概要

E シリーズシステムには、ストレージプロビジョニングとその他のタスクを行うための SANtricity ソフトウェアが搭載されています。

SANtricity ソフトウェアは次の管理インターフェイスで構成されています。

  • System Manager — ストレージアレイ内の 1 台のコントローラの管理に使用する Web ベースのインタフェース。

  • Unified Manager — ネットワーク内のすべてのストレージアレイの表示と管理に使用する Web ベースのインターフェイス。

  • Web Services Proxy — ネットワーク内のすべてのストレージアレイの表示と管理に使用する REST API 。

  • Command Line Interface ( CLI ;コマンドラインインターフェイス) — ストレージアレイの設定および監視に使用するソフトウェアアプリケーション。

注記 EF600 および EF300 ストレージアレイでは、ミラーリング、シンボリューム、 SSD キャッシュの機能はサポートされません。

SANtricity システムマネージャ

System Manager は Web ベースの管理ソフトウェアで、各コントローラに組み込まれています。ユーザインターフェイスにアクセスするには、ブラウザでコントローラの IP アドレスを指定します。セットアップウィザードを使用してシステムを設定できます。

System Manager には、次のようなさまざまな管理機能があります。

* パフォーマンス *

I/O レイテンシ、 IOPS 、 CPU 利用率、スループットなど、最大 30 日分のパフォーマンスデータを表示します。

* ストレージ *

プールまたはボリュームグループを使用してストレージをプロビジョニングし、アプリケーションワークロードを作成

* データ保護 *

Snapshot 、ボリュームコピー、リモートミラーリングを使用してバックアップやディザスタリカバリを実行できます。

* ハードウェア *

コンポーネントのステータスを確認し、ホットスペアドライブの割り当てなど、コンポーネントに関連するいくつかの機能を実行します。

* アラート *

ストレージアレイで発生する重要なイベントを管理者に通知します。アラートは E メール、 SNMP トラップ、 syslog を通じて送信できます。

* アクセス管理 *

ユーザ認証を設定し、ユーザがシステムにログインする際に割り当てられたクレデンシャルの入力を求めます。

* システム設定 *

SSD キャッシュや自動ロードバランシングなど、その他のシステムパフォーマンス機能を設定します。

* サポート *

診断データを表示し、アップグレードを管理します。また、ストレージアレイの健常性を監視してテクニカルサポートに自動ディスパッチを送信する AutoSupport を設定します。

SANtricity Unified Manager の略

Unified Manager は、ドメイン全体の管理に使用する Web ベースのソフトウェアです。E2800 、 EF280 、 EF300 、 E5700 、 EF570 など、すべての新しい E シリーズおよび EF シリーズアレイのステータスをまとめて表示できます。 および EF600 :選択したストレージアレイに対してバッチ処理を実行することもできます。

Unified Manager は、 Web Services Proxy とともに管理サーバにインストールされます。Unified Manager にアクセスするには、ブラウザを開き、 Web Services Proxy がインストールされているサーバの URL を入力します。

Unified Manager には、次のようなさまざまな管理機能があります。

* ストレージ・アレイの検出 *

組織のネットワークで管理対象のストレージアレイを検索および追加します。1 つのページですべてのストレージアレイのステータスを確認できます。

* 起動 *

System Manager のインスタンスを開き、特定のストレージアレイについての管理操作を個別に実行します。

* 設定のインポート *

アラート、 AutoSupport 、ディレクトリサービスなどの設定を 1 つのストレージアレイから複数のアレイに一括でインポートします。

* ミラーリング *

2 つのストレージアレイ間の非同期ミラーペアまたは同期ミラーペアを設定します。

* グループの管理 *

ストレージアレイを管理しやすくするためにグループにまとめます。

* アップグレードセンター *

複数のストレージアレイの SANtricity OS ソフトウェアをアップグレードします。

* 証明書 *

複数のストレージアレイについて、証明書署名要求( CSR )の作成、証明書のインポート、既存の証明書の管理を行います。

* アクセス管理 *

ユーザ認証を設定し、ユーザが Unified Manager にログインする際に割り当てられたクレデンシャルの入力を求めます。

SANtricity Web Services Proxy の略

Web Services Proxy は RESTful API サーバで、数百台の新旧の E シリーズアレイを管理できます。Windows サーバまたは Linux サーバに別途インストールされます。

Web Services には、 REST API と直接やり取りできる API ドキュメントが含まれています。Web Services API のドキュメントにアクセスするには、ブラウザを開き、 Web Services Proxy がインストールされているサーバの URL を入力します。

コマンドラインインターフェイス( CLI )

コマンドラインインターフェイス( CLI )は、ストレージアレイを設定および監視するためのソフトウェアアプリケーションです。CLI を使用すると、 DOS の C :プロンプト、 Linux のオペレーティングシステムパス、 Solaris のオペレーティングシステムパスなど、オペレーティングシステムのプロンプトからコマンドを実行できます。