日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E シリーズの用語

E シリーズで使用される用語について説明します。

期間 説明

コントローラ

コントローラは、ボード、ファームウェア、ソフトウェアで構成されます。ドライブを制御し、機能を実装します。

デュプレックス / シンプレックス構成

デュプレックスは、ストレージアレイ内に 2 台のコントローラモジュールを配置した構成です。シンプレックスは、コントローラモジュールを 1 つだけ配置した構成です。

HDD

ハードディスクドライブ( HDD )は、磁気コーティングを施した金属製の回転式ディスクを使用するデータストレージデバイスです。

HIC

ホストインターフェイスカード( HIC )は、アレイをホストに接続します。コントローラキャニスターにオプションで取り付けることもできます。

IB

InfiniBand ( IB )は、ハイパフォーマンスのサーバとストレージシステムの間のデータ転送用の通信標準です。

IOPS

IOPS は、 1 秒あたりの入出力処理数です。

ミラーリング

ミラーリングは、継続的な可用性を確保するためにデータボリュームを別のストレージアレイにレプリケートする機能です。

プール

プールは、論理的にグループ化された一連のドライブです。プールを使用して、ホストにアクセス可能な 1 つ以上のボリュームを作成することができます。

電源 / ファンキャニスター

電源 / ファンキャニスターは、シェルフに搭載されるアセンブリです。電源装置と一体型ファンで構成されます。

ラックユニット( U )

1 ラックユニット(省略形は U )は、 44.50mm ( 1.75 インチ)と定義されています。

( SAS )。

Serial Attached SCSI ( SAS )は、コントローラをディスクドライブに直接リンクするポイントツーポイントのシリアルプロトコルです。

RoCE

RDMA over Converged Ethernet ( RoCE )は、イーサネットネットワークを介したリモートダイレクトメモリアクセス( RDMA )を可能にするネットワークプロトコルです。

シェルフ

シェルフは、キャビネットまたはラックに設置されるエンクロージャです。ストレージアレイのハードウェアコンポーネントを収容します。シェルフには、コントローラシェルフとドライブシェルフの 2 種類があります。コントローラシェルフは、コントローラとドライブを収容します。ドライブシェルフは、入出力モジュール( IOM )とドライブを収容します。

スナップショット

Snapshot イメージは、ボリュームのデータを特定の時点でキャプチャした論理コピーです。リストアポイントと同様に、 Snapshot イメージを使用して既知の正常なデータセットにロールバックできます。

SSD の場合

ソリッドステートディスク( SSD )は、ソリッドステートメモリ(フラッシュ)を使用してデータを永続的に格納するデータストレージデバイスです。SSD は従来のハードドライブをエミュレートしたものであり、ハードドライブと同じインターフェイスで利用できます。

ストレージアレイ

ストレージアレイは、シェルフ、コントローラ、ドライブ、ソフトウェア、およびファームウェアを収容します。

ボリューム

ボリュームは、アプリケーション、データベース、およびファイルシステムがデータを格納するコンテナです。ホストがストレージアレイのストレージにアクセスするために作成される論理コンポーネントです。

ワークロード

ワークロードは、アプリケーションをサポートするストレージオブジェクトです。一部のアプリケーションについては、特性が似たボリュームで構成されるように System Manager によってワークロードが設定されます。これらのボリューム特性は、ワークロードがサポートするアプリケーションのタイプに基づいて最適化されます。