日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E2800 電源キャニスターの交換( 60 ドライブ)

E2800 アレイの電源キャニスターは、次のタイプのシェルフを含む 60 ドライブシェルフと交換できます。

  • E2860 コントローラシェルフです

  • DE460C ドライブシェルフ

60 ドライブのコントローラシェルフまたはドライブシェルフには、冗長性を確保するために電源キャニスターが 2 つずつ搭載されています。電源キャニスターで障害が発生した場合は、シェルフの電源の冗長性を維持するために、できるだけ早く交換する必要があります。

電源キャニスターは、ストレージアレイの電源をオンにした状態でホスト I/O 処理を継続したまま交換できます。 シェルフの 2 つ目の電源キャニスターのステータスが「最適」で、 SANtricity System Manager の Recovery Guru の「詳細」領域の「 * 取り外し可」フィールドに「 * はい」と表示されているかぎり。

このタスクの実行中は、機器の過熱を防ぐために、もう一方の電源キャニスターから両方のファンに電力が供給されます。

作業を開始する前に
  • の電源キャニスターの要件を確認します "キャニスター交換に際しての要件"

  • Recovery Guru の詳細で、電源キャニスターを搭載した問題があることを確認し、 Recovery Guru から「 * reconfirm * 」を選択して、先に対処する必要がある項目がほかにないことを確認します。

  • 電源キャニスターの黄色の警告 LED が点灯していることを確認します。キャニスターで障害が発生した場合に点灯します。シェルフの両方の電源キャニスターで黄色の警告 LED が点灯している場合は、テクニカルサポートに連絡してください。

必要なもの
  • コントローラシェルフまたはドライブシェルフのモデルに対応した交換用電源キャニスター。

  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

手順 1 :電源キャニスターを交換する準備をします

60 ドライブのコントローラシェルフまたはドライブシェルフの電源キャニスターを交換する準備をします。

手順
  1. SANtricity システムマネージャを使用してストレージアレイのサポートデータを収集します。

    1. メニューを選択します。 Support [ Support Center > Diagnostics ] (サポートセンター > 診断)。

    2. 「サポートデータの収集」を選択します。

    3. [Collect]( 収集 ) をクリックします

      ブラウザの Downloads フォルダに、「 * support-data.7z * 」という名前でファイルが保存されます。

  2. SANtricity System Manager で、障害が発生した電源キャニスターを特定します。

    1. 「 * ハードウェア * 」を選択します。

    2. 電源を確認します 「 * Shelf * 」ドロップダウン・リストの右側にあるアイコンをクリックして、電源キャニスターに障害が発生したシェルフを特定します。

      コンポーネントで障害が発生している場合、このアイコンは赤色で表示されます。

    3. 赤いアイコンが表示されたシェルフが見つかったら、 * シェルフの背面を表示 * を選択します。

    4. いずれかの電源キャニスターまたは赤色の電源アイコンを選択します。

    5. 電源装置 * タブで、電源キャニスターのステータスを確認して、交換する必要がある電源キャニスターを特定します。

      ステータスが * Failed * のコンポーネントは交換する必要があります。

      注意 シェルフのもう一方の電源キャニスターのステータスが「最適」でない場合は、障害が発生した電源キャニスターのホットスワップを行わないでください。この場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。
    注記 障害が発生した電源キャニスターに関する情報は、 Recovery Guru の詳細領域で確認することも、シェルフに対して表示される情報を確認することもできます。また、サポートのイベントログでコンポーネントタイプ別にフィルタリングすることもできます。
  3. ストレージアレイの背面から、警告 LED を確認して、取り外す必要がある電源キャニスターを特定します。

    交換する必要があるのは、警告 LED が点灯している電源キャニスターです。

    28 dwg e2860 de460c PSU w maint e2800
    • ( 1 ) * _ 電源 LED _ 。緑色で点灯している場合は、電源キャニスターが正常に機能しています。消灯 * の場合、電源キャニスターで障害が発生しているか、 AC スイッチがオフになっているか、 AC 電源コードが正しく取り付けられていないか、 AC 電源コードの入力電圧が範囲内にない( AC 電源コードの供給側に問題がある)かのいずれかの状態になっています。

    • ( 2 ) * Attention LED 。黄色で点灯 * 、電源キャニスターで障害が発生しているか、この電源キャニスターへの入力電力はないのにもう一方の電源キャニスターが動作している場合。

手順 2 :障害が発生した電源キャニスターを取り外す

新しい電源キャニスターに交換できるように、障害が発生した電源キャニスターを取り外します。

手順
  1. 静電気防止処置を施します。

  2. 新しい電源キャニスターを開封し、シェルフの近くの平らな場所に置きます。

    梱包材は、障害が発生した電源キャニスターを返送するときのためにすべて保管しておいてください。

  3. 取り外す必要がある電源キャニスターの電源スイッチをオフにします。

  4. 取り外す必要がある電源キャニスターの電源コード固定クリップを開き、電源キャニスターから電源コードを抜きます。

  5. 電源キャニスターのカムハンドルのオレンジラッチを押し、カムハンドルを最大まで開いて電源キャニスターをミッドプレーンから外します。

  6. カムハンドルをつかみ、電源キャニスターをスライドしてシェルフから引き出します。

    注意 電源キャニスターを取り外すときは、重量があるので必ず両手で支えながら作業してください。

手順 3 :新しい電源キャニスターを取り付ける

障害が発生した電源キャニスターの代わりに、新しい電源キャニスターを取り付けます。

手順
  1. 新しい電源キャニスターのオン / オフスイッチがオフになっていることを確認します。

  2. 両手で支えながら電源キャニスターの端をシステムシャーシの開口部に合わせ、電源キャニスターが所定の位置に固定されるまでカムハンドルを使用してシャーシにそっと押し込みます。

    注意 電源キャニスターをスライドしてシステムに挿入する際に力を入れすぎないように注意してください。コネクタが破損することがあります。
  3. カムハンドルを閉じます。ラッチがカチッという音を立ててロックされ、電源キャニスターが完全に収まります。

  4. 電源キャニスターに電源コードを再接続し、電源コード固定クリップを使用して電源キャニスターに固定します。

  5. 新しい電源キャニスターの電源をオンにします。

手順 4 :電源キャニスターの交換後の処理

新しい電源キャニスターが正しく動作していることを確認し、サポートデータを収集して、通常の動作を再開します。

手順
  1. 新しい電源キャニスターで、緑の電源 LED が点灯し、黄色の警告 LED が消灯していることを確認します。

  2. SANtricity システムマネージャの Recovery Guru で「 * 再確認」を選択し、問題が解決されたことを確認します。

  3. 障害が発生した電源キャニスターがまだ報告される場合は、の手順を繰り返します [Step 2: Remove failed power canister] およびインチ [Step 3: Install new power canister]。問題が引き続き発生する場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  4. 静電気防止用の保護を外します。

  5. SANtricity システムマネージャを使用してストレージアレイのサポートデータを収集します。

    1. メニューを選択します。 Support [ Support Center > Diagnostics ] (サポートセンター > 診断)。

    2. 「サポートデータの収集」を選択します。

    3. [Collect]( 収集 ) をクリックします

      ブラウザの Downloads フォルダに、「 * support-data.7z * 」という名前でファイルが保存されます。

  6. 障害のある部品は、キットに付属する RMA 指示書に従ってネットアップに返却してください。

これで電源キャニスターの交換は完了です。通常の運用を再開することができます。