日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E2800 HIC の交換に際しての要件

E2800 のホストインターフェイスカード( HIC )を追加、アップグレード、交換する前に、要件と考慮事項を確認してください。

手順の概要

HIC を交換する手順は、コントローラの数が 1 台か 2 台かによって次のように異なります。

ストレージアレイのコントローラの数 実行する手順

1 台( E2812 または E2824 シンプレックス)

  1. ホスト I/O 処理を停止します

  2. コントローラシェルフの電源をオフにします

  3. コントローラキャニスターを取り外します

  4. バッテリを交換します

  5. コントローラキャニスターを交換します

  6. コントローラシェルフに電源を投入します

2 台のコントローラ( E2860 、 E2812 または E2824 )

  1. コントローラをオフラインにします

  2. コントローラキャニスターを取り外します

  3. バッテリを交換します

  4. コントローラキャニスターを交換します

  5. コントローラをオンラインにします

HIC の追加、アップグレード、交換に際しての要件

ホストインターフェイスカード( HIC )を追加、アップグレード、交換するときは、次の要件に注意してください。

  • この手順でダウンタイムのメンテナンス時間をスケジュールしておきます。HIC を取り付けるときは電源をオフにする必要があるため、この手順が完了するまではストレージアレイのデータにアクセスできません。(これは、電源をオンにしたときに HIC の構成が両方のコントローラで同じになっている必要があるため、デュプレックス構成にも当てはまります。)

  • ストレージアレイにコントローラが 1 台あるか 2 台あるかに応じて、 1 つまたは 2 つの HIC を用意しておきます。コントローラと互換性がある HIC を使用する必要があります。

    デュプレックス構成(コントローラが 2 台)の場合は、 2 つのコントローラキャニスターに同じ HIC を取り付ける必要があります。HIC が一致していないと、交換用 HIC を搭載したコントローラをオンラインにしたときにロックダウン状態になります。

  • 新しいホストポートの接続に必要なすべてのケーブル、トランシーバ、スイッチ、ホストバスアダプタ( HBA )を用意しておきます。

    互換性のあるハードウェアについては、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" または "NetApp Hardware Universe の略"

  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

  • No.1 プラスドライバを用意しておきます。

  • コントローラキャニスターに接続する各ケーブルを識別するためのラベルを用意しておきます。

  • コントローラの SANtricity System Manager にアクセスするためのブラウザを備えた管理ステーションを用意しておきます。( System Manager インターフェイスを開くには、ブラウザでコントローラのドメイン名または IP アドレスを指定します)。