日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E2800 ホストポートプロトコルを変更する場合の要件

E2800 アレイでホストプロトコルを変更する前に、要件を確認してください。

変更可能なホストポート

次の図は、 SFP+ (光ファイバ)ベースボードホストポート * ( 1 ) * 2 つと SFP+ (光ファイバ) HIC ポート * ( 2 ) * 4 つを搭載した E2800 コントローラの背面を示しています。

28 DWG e2800 光ベースクアッド SFP HIC
注記 2 ポートの HIC も使用できます。

ストレージアレイ内の E2800 コントローラに搭載されているベースボードホストポートと HIC ポートはさまざまです。次の表は、機能パックで変更可能なホストポートを示しています。

ベースボードホストポート HIC ポート 変更可能なポート

SFP+ (光ファイバ)ポート × 2

なし

ベースボードホストポートのみ

SFP+ (光ファイバ)ポート × 2

SFP+ (光ファイバ)ポート × 4

すべてのポート

SFP+ (光ファイバ)ポート × 2

SFP+ (光ファイバ)ポート × 2

すべてのポート

SFP+ (光ファイバ)ポート × 2

SAS ポート × 2 または SAS ポート × 4

ベースボードホストポートのみ

SFP+ (光ファイバ)ポート × 2

RJ-45 ( base-T )ポート × 2

ベースボードホストポートのみ

RJ-45 ( base-T )ポート × 2

なし

いずれのポートもありません

RJ-45 ( base-T )ポート × 2

RJ-45 ( base-T )ポート × 2

いずれのポートもありません

ベースボードホストポートと HIC ポートで同じホストプロトコルを使用することも別々のホストプロトコルを使用することもできます。

ホストプロトコルを変更する場合の要件

  • この手順のダウンタイムメンテナンス時間をスケジュールする必要があります。

  • 変更の実行時はホスト I/O 処理を停止する必要があり、変更が完了するまではストレージアレイのデータにアクセスできません。

  • アウトオブバンド管理を使用する必要があります。(インバンド管理を使用してこの手順を完了することはできません)。

  • 変換に必要なハードウェアを入手しておきます。必要なハードウェアやパーツについて確認が必要な場合は、ネットアップの営業担当者にお問い合わせください。

  • ストレージアレイのベースボードホストポートを変更する際、現在ネットアップから購入したデュアルプロトコル( _unified-connect ) SFP トランシーバを使用している場合は、 SFP トランシーバを変更する必要はありません。

  • デュアルプロトコル SFP トランシーバが FC ( 4Gbps 、 16Gbps )と iSCSI ( 10Gbps )の両方をサポートしていることを確認しますが、 1Gbps iSCSI はサポートしていないことを確認します。を参照してください "手順 1 :デュアルプロトコル SFP があるかどうかを確認します" 取り付けられている SFP トランシーバのタイプを確認するには、次の手順を実行します

ホストプロトコルの変更に関する考慮事項

ホストプロトコルを変更する際の考慮事項は、ベースボードホストポートおよび HIC ポートの変更前と変更後のプロトコルによって異なります。

ミラーリング機能や Data Assurance ( DA )機能を使用している場合は、ホストポートプロトコルを変更したときにそれらの機能が受ける影響について理解しておく必要があります。

注記 次の考慮事項は、すでに使用中のストレージアレイを変換する場合にのみ適用されます。ホストやボリュームがまだ定義されていない新しいストレージアレイを変更する場合は適用されません。

FC から iSCSI への変換

  • FC ベースボードポートに接続された SAN ブートホストがある場合は、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" 構成が iSCSI でサポートされていることを確認するツール。サポートされない場合は、ホストプロトコルを iSCSI に変換できません。

  • DA 機能は iSCSI ではサポートされません。

    • DA を現在使用していて FC ホストポートを iSCSI に変換する場合は、すべてのボリュームで DA を無効にする必要があります。

    • iSCSI への変換前に DA を無効にしておかないと、変換後にストレージアレイが準拠しない状態になります。

  • 同期ミラーリング機能は iSCSI ではサポートされません。

    • 同期ミラーリング関係を現在使用していて FC ホストポートを iSCSI に変換する場合は、同期ミラーリングを非アクティブ化する必要があります。

    • SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照して、すべての同期ミラーペアを削除します。これにより、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイのミラー関係が削除されます。また、オンラインヘルプの手順に従って、同期ミラーリングを非アクティブ化します。

      注意 iSCSI への変換前に同期ミラーリング関係を非アクティブ化しておかないと、システムからデータにアクセスできなくなり、データが失われる可能性があります。
  • 非同期ミラーリングを使用する場合は、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの両方で同じプロトコルを使用する必要があります。

    • 非同期ミラーリングを現在使用していてすべてのホストポートを FC から iSCSI に変換する場合は、機能パックを適用する前に非同期ミラーリングを非アクティブ化する必要があります。

    • SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照して、すべてのミラー整合性グループを削除し、ローカルとリモートのストレージアレイからすべてのミラーペアを削除します。また、オンラインヘルプの手順に従って、非同期ミラーリングを非アクティブ化します。

iSCSI から FC への変換

  • 非同期ミラーリングを使用する場合は、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの両方で同じプロトコルを使用する必要があります。非同期ミラーリングをベースボードポート経由で現在使用している場合は、プロトコルを変更する前に、非同期ミラーリングを非アクティブ化する必要があります。

  • SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照して、すべてのミラー整合性グループを削除し、ローカルとリモートのストレージアレイからすべてのミラーペアを削除します。また、オンラインヘルプの手順に従って、非同期ミラーリングを非アクティブ化します。

FC から FC / iSCSI への変換

ミラーリングに関する考慮事項:

  • 同期ミラーリングは iSCSI ではサポートされません。

  • ミラーリングに使用されているストレージアレイのポートが FC ポートのみでその一部を iSCSI に変換する場合は、どのポートがミラーリングに使用されているかを特定する必要があります。

  • 変換後にローカルとリモート両方のストレージアレイにアクティブな FC ポートが少なくとも 1 つあればかぎり、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイのポートを同じプロトコルに変換する必要はありません。

  • ミラー関係に使用されているポートを変換する場合は、機能パックを適用する前に同期または非同期のミラー関係をすべて非アクティブ化する必要があります。

  • ミラーリングに使用されていないポートを変換する場合は、非同期ミラーリング処理には影響はありません。

  • 機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。機能パックを適用したら、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの間の通信をテストします。

Data Assurance に関する考慮事項:

  • Data Assurance ( DA )機能は iSCSI ではサポートされません。

    データアクセスが中断しないようにするために、機能パックを適用する前にホストクラスタで DA ボリュームの再マッピングや削除が必要になる場合があります。

    構成 実行する手順

    デフォルトクラスタに DA ボリュームがある

    デフォルトクラスタ内のすべての DA ボリュームを再マッピングします。

    • DA ボリュームをホスト間で共有しない場合は、次の手順を実行します。

      1. FC ホストポートのセットごとにホストパーティションを作成します(作成していない場合)。

      2. DA ボリュームを適切なホストポートに再マッピングします。

    • DA ボリュームをホスト間で共有する場合は、次の手順を実行します。

      1. FC ホストポートのセットごとにホストパーティションを作成します(作成していない場合)。

      2. 適切なホストポートを含むホストクラスタを作成します。

      3. DA ボリュームを新しいホストクラスタに再マッピングします。

        注記 この方法により、デフォルトクラスタに残っているボリュームへのボリュームアクセスがなくなります。

    FC のみのホストを含むホストクラスタに DA ボリュームがあり、 iSCSI のみのホストを追加する必要がある

    次のいずれかの方法で、クラスタに含まれるすべての DA ボリュームを削除します。

    注記 このシナリオでは、 DA ボリュームを共有することはできません。
    • DA ボリュームをホスト間で共有しない場合は、すべての DA ボリュームをクラスタ内の個々の FC ホストに再マッピングします。

    • iSCSI のみのホストを専用のホストクラスタに分離し、 FC ホストクラスタはそのまま残します( DA ボリュームを共有)。

    • iSCSI のみのホストに FC HBA を追加して、 DA ボリュームと DA が有効でないボリュームの両方を共有できるようにします。

    DA ボリュームが FC のみのホストを含むホストクラスタにある、または DA ボリュームが個々の FC ホストパーティションにマッピングされている

    機能パックを適用する前に必要な処理はありません。DA ボリュームはそれぞれの FC ホストにマッピングされたままになります。

    パーティションが定義されていません

    マッピングされているボリュームがないため、機能パックを適用する前に必要な処理はありません。ホストプロトコルの変換後、適切な手順に従ってホストパーティションを作成し、必要に応じてホストクラスタも作成します。

iSCSI から FC / iSCSI への変換

  • ミラーリングに使用されているポートを変換する場合は、 iSCSI のまま変換しないポートにミラーリング関係を移動する必要があります。

    そうしないと、ローカルアレイの新しい FC ポートとリモートアレイの既存の iSCSI ポートでプロトコルが一致しないため、変換後に通信リンクが停止する可能性があります。

  • ミラーリングに使用されていないポートを変換する場合は、非同期ミラーリング処理には影響はありません。

    機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。機能パックを適用したら、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの間の通信をテストします。

FC / iSCSI から FC への変換

  • すべてのホストポートを FC に変換する場合は、 FC 経由の非同期ミラーリングに最も大きい番号の FC ポートを使用する必要があることに注意してください。

  • ミラー関係に使用されているポートを変換する場合は、機能パックを適用する前に関係を非アクティブ化する必要があります。

    注意 * データ損失の可能性 * — ポートを FC に変換する前に iSCSI 経由の非同期ミラーリング関係を削除しておかないと、コントローラがロックダウンされ、データが失われる可能性があります。
  • ストレージアレイの現在のポートが iSCSI ベースボードポートと FC HIC ポートの場合は、非同期ミラーリング処理には影響はありません。

    変換の前後に最も大きい番号の FC ポートでミラーリングが実行され、 HIC ポートのラベルは図の「 * 2 * 」のままになります。機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。機能パックを適用したら、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの間の通信をテストします。

  • ストレージアレイの現在のポートが FC ベースボードポートと iSCSI HIC ポートの場合は、機能パックを適用する前に FC 経由のミラーリング関係を削除する必要があります。

    機能パックを適用すると、ミラーリングサポートは最も大きい番号のベースボードホストポート(図の * 1 * )から最も大きい番号の HIC ポート(図の * 2 * のラベル)に移行します。

    28 DWG e2800 fc iscsi to fc
    変換前 変換後 必要な手順

    ベースボードポート

    HIC ポート

    ミラーリングに使用するポート

    ベースボードポート

    HIC ポート

    ミラーリングに使用するポート

    iSCSI

    FC

    • ( 2 ) *

    FC

    FC

    • ( 2 ) *

    変換前にミラー整合性グループを同期し、変換後に通信をテストする

    FC

    iSCSI

    • ( 1 ) *

    FC

    FC

    • ( 2 ) *

    実行前にミラーリング関係を削除し、完了後にミラーリングを再確立してください

FC / iSCSI から iSCSI への変換

  • 同期ミラーリングは iSCSI ではサポートされません。

  • ミラー関係に使用されているポートを変換する場合は、機能パックを適用する前にミラーリング関係を非アクティブ化する必要があります。

    注意 * データ損失の可能性 * - ポートを iSCSI に変換する前に FC 経由のミラーリング関係を削除しないと、コントローラがロックダウン状態になり、データが失われる可能性があります。
  • ミラーリングに使用されているポートを変換しない場合は、ミラーリング処理には影響はありません。

  • 機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。

  • 機能パックを適用したら、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの間の通信をテストします。

ホストプロトコルが同じ場合のミラーリング処理

ミラーリングに使用されるホストポートのプロトコルが機能パックの適用後に同じであれば、ミラーリング処理には影響はありません。それでも、機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。

機能パックを適用したら、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの間の通信をテストします。方法については、 SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照してください。