日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E5700 コントローラの交換に際しての要件

E5700 コントローラを交換する前に、要件と考慮事項を確認してください。

各コントローラキャニスターには、コントローラカード、バッテリ、およびオプションでホストインターフェイスカード( HIC )が搭載されています。

手順の概要

障害が発生したコントローラキャニスターを交換するときは、バッテリと HIC が取り付けられている場合は元のコントローラキャニスターから取り外して、交換用コントローラキャニスターに取り付ける必要があります。

コントローラキャニスターに障害が発生したかどうかは、次の 2 つの方法で確認できます。

  • SANtricity System Manager の Recovery Guru で、コントローラキャニスターを交換するように指示されます。

  • コントローラキャニスターの黄色の警告 LED が点灯して、コントローラに障害が発生したことが通知されます。

e5700 警告 LED コールアウト
  • ( 1 ) * Attention LED

注記 この図はコントローラキャニスターの例を示したものです。コントローラキャニスターのホストポートは、この図と異なる場合があります。
  • この 手順 環境 IOM12 および IOM12B ドライブシェルフを使用します。

注記 この手順 は、シェルフの IOM のホットスワップや交換に使用されます。つまり、 IOM12 モジュールを別の IOM12 モジュールに交換するか、 IOM12B モジュールを別の IOM12B モジュールに交換しなければなりません。(シェルフに IOM12 モジュールを 2 台搭載することも、 IOM12B モジュールを 2 つ使用することもできます)

障害が発生したコントローラの交換に際しての要件

コントローラを交換する前に、次の作業を完了しておく必要があります。

  • 交換するコントローラキャニスターと同じパーツ番号の交換用コントローラキャニスター。

注記 交換用コントローラには 16GB のメモリがあらかじめ取り付けられています。コントローラで 64GB の構成が必要な場合は、交換用コントローラを取り付ける前に、付属のアップグレードキットを使用してください。
  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

  • コントローラキャニスターに接続する各ケーブルを識別するためのラベル。

  • No.1 プラスドライバ。

  • コントローラの SANtricity System Manager にアクセスできるブラウザを備えた管理ステーション。( System Manager インターフェイスを開くには、ブラウザでコントローラのドメイン名または IP アドレスを指定します)。

    必要に応じて、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用して一部の手順を実行できます。CLI にアクセスできない場合は、次のいずれかを実行できます。

    • * SANtricity System Manager (バージョン 11.60 以降) * - System Manager から CLI パッケージ( zip ファイル)をダウンロードします。[ 設定 ] 、 [ システム ] 、 [ アドオン ] 、 [ コマンドラインインターフェイス ] の順に選択します。次に、 DOS C :プロンプトなどのオペレーティングシステムプロンプトから問題 CLI コマンドを実行します。

    • * SANtricity Storage Manager/Enterprise Management Window ( EMW ):ソフトウェアをダウンロードしてインストールするには ' エクスプレス・ガイドの指示に従ってくださいEMW から CLI コマンドを実行するには、次のメニューを選択します: Tools [Execute Script]

デュプレックス構成の要件

コントローラシェルフにコントローラを 2 台搭載したデュプレックス構成の場合は、次の条件を満たしていれば、ストレージアレイの電源をオンにした状態でホスト I/O 処理を継続したままコントローラキャニスターを交換できます。

  • シェルフのもう一方のコントローラキャニスターのステータスが「最適」である。

  • SANtricity System Manager の Recovery Guru の詳細領域の「 * 削除してもよろしいですか?」というメッセージが表示され、このコンポーネントを削除しても安全であることを示します。