日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

EF300 または EF600 の HIC をアップグレードするための要件

EF300 または EF600 アレイのホストインターフェイスカード( HIC )をアップグレードまたは交換する前に、次の要件を確認します。

  • この手順でダウンタイムのメンテナンス時間をスケジュールしておきます。この手順が完了するまではストレージアレイのデータにアクセスできません。電源がオンになっているときは両方のコントローラで HIC の構成が同じである必要があるため、 HIC の構成を変更したときは電源をオフにする必要があります。HIC が一致していないと、交換用 HIC を搭載したコントローラをオンラインにしたときにロックダウン状態になります。

  • 新しいホストポートの接続に必要なすべてのケーブル、トランシーバ、スイッチ、ホストバスアダプタ( HBA )を用意しておきます。

    互換性のあるハードウェアについては、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" または "NetApp Hardware Universe の略"

  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

  • No.1 プラスドライバを用意しておきます。

  • コントローラキャニスターに接続する各ケーブルを識別するためのラベルを用意しておきます。

  • コントローラの SANtricity System Manager にアクセスできるブラウザを備えた管理ステーション。( System Manager インターフェイスを開くには、ブラウザでコントローラのドメイン名または IP アドレスを指定します)。

  • HIC の交換やアップグレードによっては、ホストポートプロトコルの変更が必要になることがあります。の手順に従います EF300 または EF600 のホストプロトコルを変更する を参照してください。

  • EF300 コントローラには、ホスト接続用の HIC ポート 2 が取り付けられている必要があります。