日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リモートストレージボリュームのハードウェアを設定する

サポートされる iSCSI プロトコルを使用してリモートストレージシステムと通信できるように E シリーズストレージシステムを設定する必要があります。

リモートストレージデバイスと E シリーズアレイを設定

SANtricity システムマネージャに進んでリモートストレージボリューム機能を設定する前に、次の手順を実行します。

  1. E シリーズシステムとリモートストレージシステムの間に、接続された接続を手動で確立して、 2 つのシステムが iSCSI 経由で通信するように設定できるようにします。

  2. iSCSI ポートを設定して、 E シリーズシステムとリモートストレージシステムが相互に通信できるようにします。

  3. E シリーズシステムの IQN を取得します。

  4. E シリーズシステムをリモートストレージシステムから認識できるようにします。リモートストレージシステムが E シリーズシステムの場合は、デスティネーションの E シリーズシステムの IQN をホストポートの接続情報として使用してホストを作成します。

  5. リモートストレージデバイスがホスト / アプリケーションによって使用されている場合は、次の手順を実行します。

    • リモートストレージデバイスへの I/O を停止します。

    • リモートストレージデバイスのマッピングを解除 / アンマウントします。

  6. E シリーズストレージシステム用に定義されたホストに、リモートストレージデバイスをマッピングします。

  7. マッピングに使用されているデバイスの LUN 番号を取得します。

注記 推奨:インポートプロセスを開始する前にリモートソースボリュームをバックアップしてください。

ストレージアレイをケーブル接続します

セットアッププロセスでは、ストレージアレイと I/O ホストを iSCSI 互換インターフェイスにケーブル接続する必要があります。

次の図は、 iSCSI 接続を介してリモートストレージボリューム操作を実行するようにシステムをケーブル接続する方法の例を示しています。

iSCSI ポートを設定

ターゲット(ローカルの E シリーズストレージアレイ)とソース(リモートストレージアレイ)の間の通信を確保するために、 iSCSI ポートを設定する必要があります。

iSCSI ポートは、サブネットに基づいて複数の方法で設定できます。次に、リモートストレージボリューム機能で使用する iSCSI ポートの設定方法について、いくつかの例を示します。

ソース A ソース B ターゲット A ターゲット B

10.10.1.100/22

10.10.2.100/22

10.10.1.101/22

10.10.2.101/22

ソース A ソース B ターゲット A ターゲット B

10.10.0.100/16

10.10.0.100/16

10.10.0.101/16

10.10.0.101/16