日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

容量を削除

寄稿者

ドライブを削除することで、既存のプールまたはSSDキャッシュの容量を減らすことができます。

ドライブを削除したあと、プールまたはSSDキャッシュの各ボリューム内のデータは残りのドライブに再配置されます。削除されたドライブは割り当てが解除され、その容量はストレージアレイの合計空き容量に加算されます。

容量を削除する際のガイドラインを次に示します。

  • SSDキャッシュ内の最後のドライブを削除するには、まずSSDキャッシュを削除する必要があります。

  • プール内のドライブの数を11本より少なくすることはできません。

  • 一度に削除できるドライブは最大12本です。12本を超えるドライブを削除する必要がある場合は、手順 を繰り返します。

  • 削除したドライブのデータがプールまたはSSDキャッシュ内の残りのドライブに再配置される際に、プールまたはSSDキャッシュにそのデータを十分に格納できる空き容量がない場合、ドライブは削除できません。

パフォーマンスへの影響は次のとおりです。

  • プールまたはSSDキャッシュからドライブを削除すると、ボリュームのパフォーマンスが低下する可能性があります。

  • プールまたはSSDキャッシュから容量を削除しても、予約済み容量は消費されません。ただし、プールまたはSSDキャッシュに残っているドライブの数に基づいて、予約済み容量が減少する可能性があります。

セキュリティ対応ドライブには、次のような影響があります。

  • セキュリティ対応でない最後のドライブを削除すると、プール内に残るのはすべてセキュリティ対応のドライブになります。この場合、プールのセキュリティを有効にするオプションが表示されます。

  • Data Assurance(DA)対応でない最後のドライブを削除すると、プール内に残るのはすべてDA対応のドライブになります。

  • このプールに作成する新しいボリュームはすべてDA対応になります。既存のボリュームをDA対応にする場合は、ボリュームを削除してから再作成する必要があります。

手順
  1. 管理ページで、ストレージアレイを選択します。

    メニューを選択します。Provisioning(プロビジョニング)[Configure Pools and Volume Groups](プールとボリュームグループの構成)。

  2. プールまたはSSDキャッシュを選択し、メニューをクリックします。More [容量の削除]

    Remove Capacityダイアログボックスが表示されます。

  3. リストから1つ以上のドライブを選択します。

    リストでドライブを選択または選択解除すると、選択した容量の合計フィールドが更新されます。このフィールドには、選択したドライブを削除後のプールまたはSSDキャッシュの合計容量が表示されます。

  4. [*削除]をクリックし、ドライブを削除することを確認します。

プールまたはSSDキャッシュの新しく削減された容量は、プールおよびボリュームグループビューに反映されます。