日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シェルフ損失の保護およびドロワー損失の保護とは何ですか?

寄稿者

シェルフ損失の保護とドロワー損失の保護は、シェルフまたはドロワーで単一障害が発生した場合にデータアクセスを維持するためのプールとボリュームグループの属性です。

シェルフ損失の保護

シェルフは、ドライブまたはドライブとコントローラを格納するエンクロージャです。シェルフ損失の保護が有効な場合、1台のドライブシェルフとの通信が完全に失われた場合でもプールまたはボリュームグループ内のボリューム上のデータへのアクセスが保証されます。通信が完全に失われるケースには、ドライブシェルフの電源喪失や、両方のI/Oモジュール(IOM)の障害などがあります。

注記 プールまたはボリュームグループですでにドライブに障害が発生している場合は、シェルフ損失の保護は保証されません。この状況で、ドライブシェルフへのアクセス、さらにその結果プールまたはボリュームグループ内の別のドライブへのアクセスを失うと、データが失われます。

シェルフ損失の保護の条件は、次の表で説明するように、保護の手法によって異なります。

レベル シェルフ損失の保護の条件 必要なシェルフの最小数

プール

プールには少なくとも5つのシェルフのドライブが含まれている必要があり、各シェルフで同じ数のドライブが必要です。シェルフ損失の保護は大容量シェルフには適用されません。大容量シェルフがあるシステムの場合は、ドロワー損失の保護を参照してください。

5.

RAID 6

ボリュームグループに同じドロワーのドライブが3本以上含まれない。

3.

RAID 3またはRAID 5

ボリュームグループ内のドライブがすべて別々のシェルフに配置されている。

3.

RAID 1

RAID 1ペアのドライブがそれぞれ別のシェルフに配置されている。

2.

RAID 0

シェルフ損失の保護は実現できない。

該当なし

ドロワー損失の保護

ドロワーはシェルフのコンパートメントの1つで、引き出してドライブを設置します。ドロワーを備えているのは大容量シェルフのみです。ドロワー損失の保護が有効な場合、1つのドロワーとの通信が完全に失われた場合でもプールまたはボリュームグループ内のボリューム上のデータへのアクセスが保証されます。通信が完全に失われるケースには、ドロワーの電源喪失や、ドロワー内のコンポーネント障害などがあります。

注意 プールまたはボリュームグループですでにドライブに障害が発生している場合は、ドロワー損失の保護は保証されません。この状況でドロワーにアクセスできなくなると(その結果プールまたはボリュームグループ内の別のドライブにアクセスできなくなると)、データが失われます。

ドロワー損失の保護の条件は、次の表で説明するように、保護の手法によって異なります。

レベル ドロワー損失の保護の基準 必要なドロワーの最小数

プール

プール候補にはすべてのドロワーのドライブを含める必要があり、各ドロワーに同じ数のドライブが必要です。プールには少なくとも5つのドロワーのドライブが含まれている必要があり、各ドロワーに同じ数のドライブが必要です。60ドライブのシェルフでは、プールに含まれる15、20、25、30、35でドロワー損失の保護を実現できます。 40、45、50、55、または60ドライブ。初回作成後に、5の倍数でプールに追加できます。

5.

RAID 6

ボリュームグループに同じドロワーのドライブが3本以上含まれない。

3.

RAID 3または5

ボリュームグループ内のドライブがすべて別々のドロワーに配置されている

3.

RAID 1

ミラーペアのドライブがそれぞれ別のドロワーに配置されている。

2.

RAID 0

ドロワー損失の保護は実現できない。

該当なし