日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SANtricity Web Services Proxy の概要

SANtricity Web Services Proxy は RESTful API サーバで、ホストシステムに別途インストールして、数百台規模の新旧の NetApp E シリーズストレージシステムを管理します。プロキシには SANtricity Unified Manager が搭載されており、同様の機能を提供する Web ベースのインターフェイスです。

詳細については、こちらをご覧ください

  • Unified Manager — プロキシインストールには、新しい E シリーズおよび EF シリーズストレージシステムへの設定アクセスを提供する Web ベースのインターフェイス、 SANtricity Unified Manager が含まれます。詳細については、 Unified Manager のオンラインヘルプを参照してください。このヘルプはユーザインターフェイスまたはから入手できます "ドキュメントセンター"

  • GitHub リポジトリ — GitHub には、 NetApp SANtricity Web サービス API の使用方法を示すサンプルスクリプトをまとめ、整理するためのリポジトリが用意されています。リポジトリにアクセスするには、を参照してください "ネットアップ Web Services のサンプル"

  • Representational State Transfer ( REST ): Web Services は実質的にすべての SANtricity 管理機能へのアクセスを提供する RESTful API であるため、 REST の概念を理解しておく必要があります。詳細については、を参照してください "アーキテクチャスタイルとネットワークベースのソフトウェアアーキテクチャの設計"

  • JavaScript Object Notation ( JSON ): Web Services のデータは JSON でエンコードされているため、 JSON のプログラミング概念を理解しておく必要があります。詳細については、を参照してください "JSON の概要"