日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Web Services Proxy ファイルをダウンロードしてインストール

インストールを行うには、ファイルをダウンロードし、 Linux サーバまたは Windows サーバにプロキシパッケージをインストールします。

Web Services Proxy ファイルをダウンロード

ネットアップサポートサイトのソフトウェアダウンロードページから、インストールファイルと readme ファイルをダウンロードできます。

ダウンロードパッケージには、 Web Services Proxy と Unified Manager インターフェイスが含まれています。

手順
  1. に進みます "ネットアップサポート - ダウンロード"

  2. E シリーズ SANtricity Web サービスプロキシ * を選択します。

  3. 指示に従ってファイルをダウンロードします。サーバに適したダウンロードパッケージ( Windows の場合は EXE 、 Linux の場合は BIN または RPM )を選択してください。

  4. プロキシと Unified Manager をインストールするサーバにインストールファイルをダウンロードします。

Windows サーバまたは Linux サーバにをインストールします

Web Services Proxy と Unified Manager は、 3 つのモード(グラフィカル、コンソール、サイレント)のいずれかを使用するか、 RPM ファイル( Linux のみ)を使用してインストールできます。

作業を開始する前に
  • "インストール要件を確認します"

  • プロキシと Unified Manager をインストールするサーバに正しいインストールファイル( Windows の場合は EXE 、 Linux の場合は BIN )をダウンロードしておきます。

グラフィカルモードでのインストール

グラフィカルモードでのインストールは、 Windows と Linux のどちらでも実行できます。グラフィカルモードでは、 Windows 形式のインターフェイスにプロンプトが表示されます。

手順
  1. インストールファイルをダウンロードしたフォルダにアクセスします。

  2. Windows または Linux のインストールを起動します。

    • Windows — インストールファイルをダブルクリックします

      'santricity _webservices-windows_x64-nn.nn.nnnn.exe'

    • Linux — 次のコマンドを実行します : 'tricity _webservices -linux_x64-nn.nn.nnnn.bin

      上記ファイル名の「 nn.nn.nn.nnnn 」はバージョン番号です。

    インストールプロセスが開始され、 NetApp SANtricity Web サービスプロキシ + Unified Manager のスプラッシュ画面が表示されます。

  3. 画面の指示に従います。

    インストール時に、複数の機能を有効にし、いくつかの設定パラメータを入力するように求められます。選択した内容は、必要に応じてあとで構成ファイルで変更できます。

  4. Webserver Started というメッセージが表示されたら、 * OK * をクリックしてインストールを完了します。

    Install Complete (インストールの完了)ダイアログボックスが表示されます。

  5. Unified Manager または対話型の API ドキュメントを起動する場合はチェックボックスをクリックし、 * Done * をクリックします。

コンソールモードでのインストール

コンソールモードでのインストールは、 Windows と Linux のどちらでも実行できます。コンソールモードでは、ターミナルウィンドウにプロンプトが表示されます。

手順
  1. 次のコマンドを実行します :`< インストールファイル名 >-i console`

    上記のコマンドでは、「 <install filename> 」はダウンロードしたプロキシインストールファイルの名前を表します(例: 'tricity _webservices-windows_x64.nn.nn.nnnn.exe') 。

    注記 インストール・プロセス中にいつでもインストールをキャンセルするには ' コマンドプロンプトで quit を入力します

    インストールプロセスが開始され、「 Launching Installer — Introduction 」というメッセージが表示されます。

  2. 画面の指示に従います。

    インストール時に、複数の機能を有効にし、いくつかの設定パラメータを入力するように求められます。選択した内容は、必要に応じてあとで構成ファイルで変更できます。

  3. インストールが完了したら、 Enter キーを押してインストーラを終了します。

サイレントモードでのインストール

サイレントモードでのインストールは、 Windows と Linux のどちらでも実行できます。サイレントモードでは、メッセージやスクリプトはターミナルウィンドウに表示されません。

手順
  1. 次のコマンドを実行します。「 < インストールファイル名 > -i silent 」

    上記のコマンドでは、「 <install filename> 」はダウンロードしたプロキシインストールファイルの名前を表します(例: 'tricity _webservices-windows_x64.nn.nn.nnnn.exe') 。

  2. Enter キーを押します。

    インストールプロセスが完了するまでに数分かかることがあります。インストールが完了すると、ターミナルウィンドウにコマンドプロンプトが表示されます。

RPM コマンドでのインストール( Linux のみ)

RPM パッケージ管理システムと互換性がある Linux システムでは、オプションの RPM ファイルを使用して Web Services Proxy をインストールできます。

手順
  1. プロキシと Unified Manager をインストールするサーバに RPM ファイルをダウンロードします。

  2. ターミナルウィンドウを開きます。

  3. 次のコマンドを入力します。

    「 rpm -u SANtricity_webservices-nn.nn.nnnn -n x86_64 」 rpm を指定します

    注記 上記コマンドの「 nn.nn.nn.nnnn 」はバージョン番号です。

    インストールプロセスが完了するまでに数分かかることがあります。インストールが完了すると、ターミナルウィンドウにコマンドプロンプトが表示されます。