日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

キャビネットの設置を完了

キャビネットの移動が完了したら、水平調節脚と安定脚を下げ、取り外したコンポーネントを再度取り付け、その他の必要なコンポーネントを取り付けて、キャビネットを電源に接続します。

手順 1 :水平調節脚と安定脚を下げます

キャビネットの脚を調整してキャビネットを安定させます。水平調節脚は、キャスターを浮いた状態にしてキャビネットを支えます。安定脚は、最終的な設置先に配置したキャビネットの転倒を防止します。

手順
  1. キャスターを浮いた状態にしてキャビネットを支えるために、水平調節脚を下げて調整します。

    水平調節脚はキャビネットの底部の隅にあります。

  2. キャビネットが可能なかぎり水平になっていることを確認します。

    次の図は、安定脚と水平調節脚の拡大図です。

    83000 08

    1.

    水平調節脚

    2.

    安定脚

手順 2 :トレイを再度取り付けます

キャビネットを移動したら、トレイを元の場所に再び取り付けることができます。

注意 次のトレイはキャビネットの上部にヘッドから取り付けないでください _ 。フル装備したときの各トレイの重量は 100kg ( 220 ポンド)を超えます。キャビネットの上部に取り付けると、このトレイで最も重いキャビネットが形成され、 E2660 、 E2660 、 E2760 、 E5460 、 E5560 のバランスが容易になることがあります。 および E5660 コントローラドライブトレイ、および DE6600 ドライブトレイ
手順
  1. すべてのトレイをキャビネットの元の場所に再び取り付けます。

    注意 * 負傷の危険性 * — 空のトレイの重量は約 56.7 kg (125 ポンド ) です。空のトレイを安全に移動するには、 3 名で運搬する必要がありますトレイにコンポーネントが装備されている場合は、電動リフトで運搬する必要があります
  2. すべてのコンポーネントをトレイの元の場所に再び取り付けます。

    アドレスの競合やデータアクセスの中断を防ぐために、すべてのコンポーネントを同じトレイの同じ場所に戻してください

  3. すべてのケーブルをトレイの元の場所に再び取り付けます。

  4. インターフェイスケーブルをキャビネットに配線します。

  5. キャビネットの主電源コードを、 2 つの外部電源に配線します。現在のところ、電源コードを接続しないでください。

手順 3 :ケーブルスプールとタイラップを取り付ける

トレイを再度取り付けたら、ケーブルスプールとタイラップを取り付けます。ケーブルスプールとタイラップは、ケーブルをまとめる場合や、コントローラとトレイのケーブル配線に使用します。

ステップ
  1. ケーブルスプールとタイラップは、両側に縦に並んだ電源コンセントに沿って取り付けます。

    83003 01 DWG 3040 ケーブルスプール

    1.

    タイラップの場所

    2.

    ケーブルスプール

手順 4 :追加のトレイを取り付ける

必要に応じて、追加のトレイを取り付けることができます。空いているトレイスペースはカバーして通気を確保する必要があります。

手順
  1. 追加のトレイを取り付ける必要がある場合は、それらのトレイの取り付け用ハードウェアを取り付けます。

  2. キャビネットに空きがある場合は、トレイの上または下の空いているスペースを前面パネルキットで覆います。

    キャビネット内の通気を維持するためには、空いているスペースをカバーする必要があります。

  3. トレイの電源をオンにします。

手順 5 :追加のマウントレールを取り付ける

別々に出荷された(キャビネットに取り付けられていない)コントローラドライブトレイを取り付ける場合は、キャビネットに追加のマウントレールが必要になることがあります。

手順
  1. マウントレールの場所を決定します。

    • * 既存のトレイの上 * — キャビネットの上部トレイのすぐ上にマウントレールを配置します

    • * 既存のトレイの下 * — 取り付けられているトレイを保持するのに十分なスペースがある取り付けレールを配置します

      • 2U コントローラドライブトレイまたはドライブトレイの場合は 8.9cm ( 3.5 インチ

      • 4U コントローラドライブトレイまたはドライブトレイの場合は 17.8 cm ( 7 インチ

  2. 右前部と左前部の支柱にある計測マーカーを使用して、マウントレールをキャビネットの両側の同じ位置に取り付けます。

    92042 06

    1.

    前部アジャスタブルレール

    2.

    後部アジャスタブルレール

    3.

    調整プレートとネジ

    4.

    レール用 M5 × 10mm マウントネジ

    5.

    クリップナット

    6.

    後部押さえブラケット

    7.

    垂直サポート

    注記 3040 キャビネットにレールを取り付けるときは、クリップナットと後部押さえブラケットを使用しません。
  3. 後部アジャスタブルレールを支柱に配置します。

  4. 後部アジャスタブルレールの穴を支柱の穴の前面に合わせます。

  5. M5 × 10mm ネジを 2 本取り付けます。

    1. 支柱から後部アジャスタブルレールにネジを通します。

    2. ネジを締めます。

  6. 前部アジャスタブルレールを支柱に配置します。

  7. 前部アジャスタブルレールの穴を支柱の穴の前面に合わせます。

  8. M5 × 10mm ネジを 2 本取り付けます。

    1. 支柱から前部アジャスタブルレールの一番下の穴にネジを通します。

    2. 支柱から前部アジャスタブルレールの上部 3 つのうち中央の穴にネジを通します。

    3. ネジを締めます。

    注記 残りの 2 つのネジ穴は、トレイの取り付けに使用します
  9. 手順 3 から 8 を繰り返して、キャビネットの反対側に 2 本目のレールを取り付けます。

  10. 該当するトレイの取り付け手順に従って、各トレイを取り付けます。

  11. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • トレイのスペースがすべて埋まっている場合は、トレイの電源を入れます。

    • トレイのスペースがすべて埋まっているわけではない場合は、前面パネルキットを使用して、取り付けられているトレイの上または下にある空きスペースを覆います。

手順 6 :キャビネットを電源に接続する

キャビネットの設置を完了するには、キャビネットのコンポーネントの電源をオンにします。

トレイの電源をオンにする手順の間、トレイの前面と背面の LED が点滅します。構成によっては、電源投入手順が完了するまでに数分かかることがあります。

手順
  1. キャビネットのすべてのコンポーネントの電源をオフにします。

  2. 12 個の回路ブレーカーすべてをオフ(下の位置)にします。

  3. NEMA L6-30 コネクタ(米国とカナダ)または IEC 60309 コネクタ(米国とカナダ以外) 6 個を、それぞれ空いている電源コンセントに差し込みます。

    注記 各 PDU をキャビネットの外部の独立した電源に接続する必要があります。
  4. 12 個の回路ブレーカーすべてをオン(上の位置)にします。

    83002 05 DWG 3040 キャビネットの PDU

    1.

    回路ブレーカー

    2.

    電源コンセント

    3.

    電源入力ボックス

  5. キャビネットのすべてのドライブトレイの電源をオンにします。

    注記 ドライブトレイの電源をオンにしたあと 30 秒待ってから、コントローラドライブトレイの電源をオンにしてください。
  6. ドライブトレイの電源をオンにしたあと 30 秒待ち、キャビネットのすべてのコントローラドライブトレイの電源をオンにします。

キャビネットの設置が完了しました。通常の運用を再開することができます。