日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E5700 ホストプロトコルの変更後の処理

ホストポートのプロトコルを変更したら、新しいプロトコルを使用する手順を追加で実行します。

実行する必要がある手順は、ベースボードホストポートおよび HIC ポートの変更前と変更後のプロトコルによって異なります。

FC から iSCSI への変換を完了します

ホストポートを以前の FC から iSCSI に変換した場合は、 iSCSI をサポートするために既存の設定の変更が必要になることがあります。次の手順は、 iSCSI HIC が搭載されていない場合にのみ該当します。

このタスクは、すでに使用中のストレージアレイを変換する場合にのみ適用されます。

ホストやボリュームがまだ定義されていない新しいストレージアレイを変換する場合は適用されません。新しいストレージアレイのホストポートプロトコルを変換した場合は、を参照してください "ケーブル接続手順" ケーブルと SFP を取り付けるには次に、の手順に従います "Linux の簡単な設定""Windows の簡単な設定"または "VMware の簡単な設定" をクリックして各プロトコルのセットアップを完了します。

手順
  1. スイッチを設定します。

    iSCSI トラフィックの転送に使用するスイッチは、ベンダーの iSCSI に関する推奨事項に従って設定する必要があります。これらの推奨事項には、設定の指示とコードの更新が含まれる場合があります。

  2. SANtricity System Manager で、メニュー:ハードウェア [iSCSI ポートの設定 ] を選択します。

  3. ポート設定を選択します。

    iSCSI ネットワークはさまざまな方法でセットアップできます。環境に最適な構成を選択するには、ネットワーク管理者に相談してください。

  4. SANtricity システムマネージャでホスト定義を更新します。

    注記 ホストまたはホストクラスタを追加する手順を確認する必要がある場合は、 SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照してください。
    1. メニューから「 Storage [Hosts] 」を選択します。

    2. ポートを関連付けるホストを選択し、 * 表示 / 設定の編集 * をクリックします。

      ホスト設定ダイアログボックスが表示されます。

    3. [ ホストポート *] タブをクリックします。

      sam1130 ss ホスト設定ダイアログポートタブ maint e5700
    4. [ * 追加 ] をクリックし、 [ * ホスト・ポートの追加 * ] ダイアログ・ボックスを使用して、新しいホスト・ポート識別子をホストに関連付けます。

      ホストポート識別子名の長さは、ホストインターフェイスのテクノロジによって決まります。FC のホストポート識別子名は 16 文字です。iSCSI のホストポート識別子名は最大 223 文字です。ポートは一意である必要があります。すでに設定されているポート番号は使用できません。

    5. 削除 * をクリックし、 * ホストポートの削除 * ダイアログボックスを使用して、ホストポート識別子を削除(関連付けを解除)します。

      • Delete * オプションを使用しても、ホスト・ポートは物理的には削除されません。このオプションを選択すると、ホストポートとホストの間の関連付けが削除されます。ホストバスアダプタまたは iSCSI イニシエータを削除しないかぎり、ホストポートは引き続きコントローラで認識されます。

    6. [Save] をクリックして、ホストポート識別子の設定に変更を適用します。

    7. 上記の手順を繰り返して、すべてのホストポート識別子の追加と削除を行います。

  5. LUN が正しく検出されるように、ホストをリブートするか再スキャンを実行します。

  6. ボリュームを再マウントするか、ブロックボリュームの使用を開始します。

これでホストプロトコルの変更は完了です。通常の運用を再開することができます。

iSCSI から FC への変換を完了

ホストポートを以前の iSCSI から FC に変換した場合は、 FC をサポートするために既存の設定の変更が必要になることがあります。次の手順は、 FC HIC が搭載されていない場合にのみ該当します。

このタスクは、すでに使用中のストレージアレイを変換する場合にのみ適用されます。

ホストやボリュームがまだ定義されていない新しいストレージアレイを変換する場合は適用されません。新しいストレージアレイのホストポートプロトコルを変換した場合は、を参照してください "ケーブル接続手順" ケーブルと SFP を取り付けるには次に、の手順に従います "Linux の簡単な設定""Windows の簡単な設定"または "VMware の簡単な設定" をクリックして各プロトコルのセットアップを完了します。

手順
  1. HBA ユーティリティをインストールし、イニシエータの WWPN を確認します。

  2. スイッチをゾーニングします。

    スイッチをゾーニングすることで、ホストをストレージに接続し、パスの数を制限することができます。スイッチのゾーニングはスイッチの管理インターフェイスで設定します。

  3. SANtricity システムマネージャでホスト定義を更新します。

    1. メニューから「 Storage [Hosts] 」を選択します。

    2. ポートを関連付けるホストを選択し、 * 表示 / 設定の編集 * をクリックします。

      ホスト設定ダイアログボックスが表示されます。

    3. [ ホストポート *] タブをクリックします。

      sam1130 ss ホスト設定ダイアログポートタブ maint e5700
    4. [ * 追加 ] をクリックし、 [ * ホスト・ポートの追加 * ] ダイアログ・ボックスを使用して、新しいホスト・ポート識別子をホストに関連付けます。

      ホストポート識別子名の長さは、ホストインターフェイスのテクノロジによって決まります。FC のホストポート識別子名は 16 文字です。iSCSI のホストポート識別子名は最大 223 文字です。ポートは一意である必要があります。すでに設定されているポート番号は使用できません。

    5. 削除 * をクリックし、 * ホストポートの削除 * ダイアログボックスを使用して、ホストポート識別子を削除(関連付けを解除)します。

      • Delete * オプションを使用しても、ホスト・ポートは物理的には削除されません。このオプションを選択すると、ホストポートとホストの間の関連付けが削除されます。ホストバスアダプタまたは iSCSI イニシエータを削除しないかぎり、ホストポートは引き続きコントローラで認識されます。

    6. [Save] をクリックして、ホストポート識別子の設定に変更を適用します。

    7. 上記の手順を繰り返して、すべてのホストポート識別子の追加と削除を行います。

  4. マッピングされたストレージが正しく検出されるように、ホストをリブートするか再スキャンを実行します。

  5. ボリュームを再マウントするか、ブロックボリュームの使用を開始します。

これでホストプロトコルの変更は完了です。通常の運用を再開することができます。

IB-iSER と IB-SRP 、 NVMe over IB 、 NVMe over RoCE 、 NVMe over FC の間の変更後の処理が完了しました

機能パックキーを適用して、 InfiniBand iSER HIC ポートで使用されるプロトコルを SRP 、 NVMe over InfiniBand 、 NVMe over RoCE 、 NVMe over Fibre Channel のいずれかに変換したら、適切なプロトコルを使用するようにホストを設定する必要があります。

手順
  1. SRP 、 iSER 、または NVMe のプロトコルを使用するようにホストを設定します。

    SRP 、 iSER 、または NVMe を使用するようにホストを設定する詳しい手順については、を参照してください "Linux の簡単な設定"

  2. ホストをストレージアレイに接続して SRP の設定を行うために、適切なオプションで InfiniBand ドライバスタックを有効にする必要があります。

    具体的な設定は Linux ディストリビューションによって異なる場合があります。を確認します "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" 具体的な手順および解決策のその他の推奨設定については、を参照してください。

これでホストプロトコルの変更は完了です。通常の運用を再開することができます。