日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

EF300 および EF600 ハードウェアをメンテナンスする

EF300 および EF600 ストレージシステムの場合は、次のコンポーネントのメンテナンス手順を実行できます。

電池

バッテリはコントローラに搭載されており、 AC 電源で障害が発生した場合にキャッシュデータを保持します。

コントローラ

コントローラは、ボード、ファームウェア、ソフトウェアで構成されます。ドライブを制御し、 SANtricity System Manager の機能を実装します。

DIMM

メモリサイズが異なる場合や DIMM に障害がある場合は、 DIMM (デュアルインラインメモリモジュール)を交換する必要があります。

ドライブ

ドライブは、データの物理ストレージメディアとして使用されるデバイスです。

ファン

EF300 または EF600 のコントローラシェルフまたはドライブシェルフには、コントローラを冷却するためのファンが 5 台ずつ搭載されています。

ホストインターフェイスカード( HIC )

ホストインターフェイスカード( HIC )はコントローラキャニスターに取り付ける必要があります。EF600 コントローラには、オプションの HIC 上にホストポートがあります。HIC に搭載されたホストポートのことを HIC ポートと呼びます。

ホストポートプロトコル

互換性と通信の確立のために、ホストのプロトコルを別のプロトコルに変換することができます。

電源装置

電源装置は、コントローラシェルフに電源の冗長性を提供します。

SAS 拡張カード

SAS 拡張カードは、コントローラキャニスターに取り付けることができます。EF300 コントローラは SAS 拡張をサポートします。