日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストクラスタを作成する

寄稿者

複数のホストが同じボリュームへのI/Oアクセスを必要とする場合は、ホストクラスタを作成できます。

ホストクラスタを作成する際は、次のガイドラインに注意してください。

  • クラスタの作成に使用できるホストが複数ない場合、この処理は開始されません。

  • ホストクラスタ内のホストはオペレーティングシステムが異なっていてもかまいません(異機種混在)。

  • ホストクラスタのNVMeホストをNVMe以外のホストと混在させることはできません。

  • Data Assurance(DA)対応ボリュームを作成する場合は、使用するホスト接続でDAがサポートされている必要があります。

    ストレージアレイのコントローラで DA をサポートしていないホスト接続が使用されている場合、関連付けられているホストからは DA 対応ボリュームのデータにアクセスできません。

  • 選択した名前がすでに使用されている場合、この処理は失敗します。

  • 名前は 30 文字以内にする必要があります。

手順
  1. Manage (管理)ページで、ホスト接続があるストレージアレイを選択します。

  2. メニューを選択します。 Provisioning [ ホストの設定 ] 。

    Configure Hosts ページが開きます。

  3. メニューを選択します。Create [Host cluster](ホストクラスタの作成)。

    Create Host Cluster(ホストクラスタの作成)ダイアログボックスが表示されます。

  4. ホストクラスタの設定を必要に応じて選択します。

    設定 説明

    名前

    新しいホストクラスタの名前を入力します。

    ボリュームアクセスを共有するホストを選択します

    ドロップダウンリストから2つ以上のホストを選択します。このリストには、ホストクラスタにまだ含まれていないホストのみが表示されます。

  5. [ 作成( Create ) ] をクリックします。

    選択したホストが接続されているインターフェイスタイプのData Assurance(DA)機能が異なる場合、ホストクラスタでDAを使用できないことを示すメッセージがダイアログに表示されます。この場合、ホストクラスタにDA対応ボリュームを追加することはできません。続行するには「*はい」を選択し、キャンセルするには「*いいえ」を選択します。

    DA を使用すると、ストレージシステム全体のデータの整合性が向上します。ホストとドライブの間でデータが移動されたときにストレージアレイがエラーの有無をチェックします。新しいボリュームに DA を使用すると、すべてのエラーが検出されます。

新しいホストクラスタが表に表示され、その下の行に割り当てられたホストが表示されます。

I/O処理に使用できるように、ボリュームをホストクラスタに割り当てる必要があります。に進みます "ホストにボリュームを割り当てます"