日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ハードウェアを設置

E2860 、 E5760 、または DE460 の各ストレージシステムを 2 ポストラックまたはネットアップシステムキャビネットにインストールする方法について説明します。

作業を開始する前に
  • ハードウェアをに登録します "mysupport.netapp.com"

  • 静電気防止処置を施した平らな作業場所を準備します。

  • ESD リストバンドを装着し、静電気防止処置を施します。

以下の手順に進む前に、すべての手順を確認してください。

手順
  1. ハードウェアの中身を開封し、納品書と照合して確認します。

  2. レールを取り付けます。

    ラックマウントハードウェアに手順書が付属している場合は、説明書を参照してレールの取り付け方法を確認してください。その他のラックマウント手順については、を参照してください "ラックマウントハードウェア"

    注記 角穴キャビネットの場合は、最初に付属のケージナットを取り付けて、シェルフの前面と背面をネジで固定する必要があります。

  3. シェルフを設置します。

    注意 空のシェルフの重量は、約 60kg ( 132 ポンド)です。空のシェルフを安全に移動するには、電動リフトまたはリフトハンドルを使用した 4 人で運搬する必要があります。
    1. シェルフを手で持ち上げる場合は、 4 つのリフトハンドルを取り付けます。各ハンドルをカチッと所定の位置に収まるまで押し上げます。

    2. シェルフを底から支えながら、キャビネットにスライドさせます。リフトハンドルを使用する場合は、シェルフがキャビネットにスライドする間、一度に 1 セットずつ取り外します。ハンドルを取り外すには、リリースラッチを後方に引き、押し下げてシェルフから引き出します。

  4. シェルフを固定します。

    1. シェルフの両側の上部から 1 番目と 3 番目の穴にネジを差し込み、キャビネットの前面に固定します。

    2. シェルフの背面上部の両側に 2 つの後部ブラケットを配置します。各ブラケットの 1 番目と 3 番目の穴にネジを差し込み、キャビネットの背面を固定します。

  5. ドライブを取り付けます。

    1. ESD リストバンドのストラップの端を手首に巻き付け、静電気の放電を防ぐためにクリップの端をメタルアースに固定します。

    2. 上部ドロワーの前面左スロットから始めて、各ドライブをドライブスロットにそっと挿入し、持ち上げたドライブのハンドルをカチッと所定の位置に収まるまで下げて取り付けます。

      • 設置するドライブの数が 60 本より少ない場合、ソリッドステートドライブ( SSD )を使用している場合、またはドライブの容量が異なる場合は、次の手順を実行します。

        • シェルフあたり最低 20 本のドライブを保持します。冷却のための十分な通気を確保するために、最初に各ドロワーの 4 つの前面スロットにドライブを取り付けます。

        • 残りのドライブをドロワーに均等に配置します。可能であれば、ドロワー損失の保護されたボリュームグループまたはディスクプールを作成できるように、各ドロワーに同じ数のドライブを取り付けてください。

        • SSD はドロワーに均等に配置します。

    3. ドロワーの中央を押し、両方のラッチを慎重に閉じて、ドロワーを元の位置に戻します。

      • ドロワーを所定の位置に無理に押し込まないでください。

      • コネクタツールを使用して、スネークケーブルのコネクタを外し、再接続します。カチッという音がして、再接続が正しく行われたことを確認します。

      • 切断と再接続が必要になるのは、初期セットアップ時、またはトレイが別の場所に配送された場合のみです。

    4. 前面ベゼルを取り付けます。

注意 機器の破損のリスク — しっかりとはまったら、ドロワーを押すのを止めます。ドロワーの前面にあるリリースレバーを使ってドロワーを引き出します。次に、ドロワーを慎重にスロットに挿入し直します。