日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E シリーズの運用を開始

E シリーズシステムの運用を開始するには、ハードウェアコンポーネントを設置し、ホストシステムを設定し、ストレージを設定します。

ストレージアレイを導入するためのワークフローは次のとおりです。

doccenterworkflow

手順 1 :ハードウェアを設置する

E シリーズハードウェアを設置する方法については、使用するストレージアレイとシェルフタイプに対応した設置とセットアップの手順書を参照してください。

手順 2 :キャビネットをセットアップする

ストレージアレイ用に新しいキャビネットをセットアップする場合は、キャビネットを設置場所に移動し、ハードウェアを設置して電源に接続する必要があります。キャビネットをセットアップするには、次の手順書を参照してください。

手順 3 :レールを取り付ける

シェルフはラックマウントハードウェアとともに出荷されます。レールの詳しい取り付け手順については、使用するレールタイプを選択してください。

手順 4 :ケーブルを接続する

設置とセットアップの手順(手順 1 )には、ケーブルを接続する手順が記載されています。ただし、サポートされるケーブルとトランシーバのリスト、ケーブル接続のベストプラクティス、コントローラのホストポートに関する詳細情報が必要な場合は、次の手順を参照してください。

手順 5 :ホストを設定する

ホストでストレージを使用できるようにするには、ホストのオペレーティングシステムタイプに対応するガイドを参照してください。

手順 6 :ストレージを設定する

ストレージを設定するには、ブラウザにコントローラの IP アドレスを入力して、 Web ベースのインターフェイスである System Manager にアクセスします。セットアップウィザードを使用してシステムを設定できます。コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用することもできます。

使用するインターフェイスを選択します。