日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホスト側で NVMe over Fibre Channel を設定します

Fibre Channel 環境で NVMe イニシエータを設定するには、 CLI パッケージをインストールして設定し、ホストで NVMe/FC イニシエータを有効にします。

次の手順は、 Broadcom Emulex または QLogic NVMe/FC 対応の FC HBA を使用する RHEL 7 、 RHEL 8 、 SLES 12 、および SLES 15 用です。これらの OS または HBA のどのバージョンがサポートされているかについては、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

手順
  1. 「 nvme-cli 」パッケージをインストールします。

    • SLES 12 または SLES 15 *

      # zypper install nvme-cli
    • RHEL 7 または RHEL 8*

    # yum install nvme-cli

    +

    1. RHEL 7 の場合のみ、を介した NVMe/FC 接続用の外部 Broadcom Autoconnect スクリプトをダウンロードしてインストールします "Broadcom の Web サイト"。Inbox NVMe over FC Drivers* のキーワード「 * Autoconnect Script File 」を入力し、お使いの OS に固有の最新バージョンを選択します。

    2. Qlogic の場合は、 Broadcom NVMe/FC 自動接続スクリプトをインストールした後、「 /lib/systemd/system/nvmefc-boot-connections.service` 」を変更して次の内容を指定します。

      [Unit]
      Description=Auto-connect to subsystems on FC-NVME devices found during boot
      
      [Service]
      Type=oneshot
      ExecStart=/bin/sh -c "echo add > /sys/class/fc/fc_udev_device/nvme_discovery"
      
      [Install]
      WantedBy=default.target
  2. 「 nvmefc-boot-connections 」サービスを有効にして開始します。

    systemctl enable nvmefc-boot-connections.service
    systemctl start nvmefc-boot-connections.service
    • Emulex HBA 用のホスト側のセットアップ: *

注記 次の手順は Emulex HBA のみを対象としています。
  1. 「 lpfc_enable_fc4_type 」を「 3 」に設定して、 SLES12 SP4 を NVMe/FC イニシエータとして有効にします。

    # cat /etc/modprobe.d/lpfc.conf
    options lpfc lpfc_enable_fc4_type=3
  2. initrd を再構築して 'Emulex の変更とブート・パラメータの変更を取得します

    # dracut --force
  3. ホストを再起動して 'IPFC' ドライバの変更をロードします

    # reboot

    ホストがリブートされ、 NVMe / FC イニシエータが有効になります。

    注記 ホスト側の設定が完了すると、 NVMe over Fibre Channel ポートの接続が自動的に確立されます。