日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マルチテナントネットワーク API メソッド

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

Element ストレージクラスタのマルチテナントネットワークを使用すると、別々の論理ネットワークに属する複数のクライアント間のトラフィックをレイヤ 3 のルーティングなしで 1 つの Element ストレージクラスタに接続できます。

ストレージクラスタへの各接続は、 VLAN タギングを使用してネットワークスタック内で分離されます。

マルチテナント仮想ネットワークをセットアップするための前提条件

  • ストレージノード上の仮想ネットワークに割り当てるクライアントネットワーク IP アドレスのブロックを特定しておく必要があります。

  • すべてのストレージトラフィックのエンドポイントとして使用するクライアントストレージネットワーク IP ( SVIP )アドレスを特定しておく必要があります。

仮想ネットワークの処理順序

  1. AddVirtualNetwork メソッドを使用して、入力した IP アドレスを一括でプロビジョニングします。

    仮想ネットワークを追加すると、クラスタでは次の手順が自動的に実行されます。

    • ストレージノードごとに仮想ネットワークインターフェイスが作成され、

    • 各ストレージノードには、仮想 SVIP を使用してルーティングできる VLAN アドレスが割り当てられます。

    • ノードのリブート後も、各ノードの VLAN IP アドレスは維持されます。

  2. 仮想ネットワークインターフェイスと VLAN アドレスが割り当てられたら、クライアントネットワークトラフィックを仮想 SVIP に割り当てることができます。