日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CloneMultipleVolumes

寄稿者 netapp-mwallis

「 CloneMultipleVolumes 」メソッドを使用すると、指定したボリュームのグループのクローンを作成できます。複数のボリュームのクローンを一緒に作成する場合、一連の同じ特性を割り当てることができます。

groupSnapshotID パラメータを使用してグループ Snapshot 内にボリュームのクローンを作成する前に、を使用してグループ Snapshot を作成する必要があります CreateGroupSnapshot を作成します API メソッドまたは Web UI 。groupSnapshotID の使用は、複数のボリュームのクローンを作成する場合のオプションです。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

にアクセスします

ボリュームの配列に渡した情報で上書きされない場合の、新しいボリューム用のデフォルトのアクセス方法。

文字列

なし

いいえ

enableSnapMirrorReplication

ボリュームを SnapMirror エンドポイントでのレプリケーションに使用できるかどうかを指定します。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

いいえ

いいえ

groupSnapshotID

クローンのベースとして使用するグループ Snapshot の ID 。

整数

なし

いいえ

newAccountID

ボリュームの配列に渡した情報で上書きされない場合の、ボリュームの新しいアカウント ID 。

整数

なし

いいえ

個のボリューム

新しいボリュームに指定する一連のメンバー。メンバー

  • volumeID :(必須)

  • access :(オプション) readOnly 、 readWrite 、 locked 、 replicationTarget のいずれか。

  • attributes :(オプション) JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。

  • name :(オプション)クローンの新しい名前。

  • newAccountID :(オプション)新しいボリュームのアカウント ID 。

  • newSize :(オプション)ボリュームの合計サイズ(バイト)。サイズは最も近い MB 単位に切り上げられます。

オプションのメンバーを指定しない場合、値はソースボリュームから継承されます。

JSON オブジェクトの配列

なし

○( volumeID )

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

asyncHandle

非同期メソッドの呼び出しで返された値。

整数

groupCloneID

新しいグループクローンの一意の ID 。

整数

メンバー

ソースとデスティネーションのボリュームペアのボリューム ID のリスト。

JSON オブジェクトの配列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CloneMultipleVolumes",
   "params": {
       "volumes": [
           {
              "volumeID": 5
              "name":"foxhill",
              "access":"readOnly"
              },
           {
              "volumeID": 18
              },
           {
             "volumeID": 20
              }
     ]
   },
   "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "asyncHandle": 12,
    "groupCloneID": 4,
    "members": [
     {
      "srcVolumeID": 5,
      "volumeID": 29
     },
     {
      "srcVolumeID": 18,
      "volumeID": 30
     },
     {
      "srcVolumeID": 20,
      "volumeID": 31
      }
    ]
  }
}

新規導入バージョン

9.6