日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

network (ボンディングインターフェイス)

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

network (ボンディングインターフェイス)オブジェクトには、ストレージノード上のボンディングされたネットワークインターフェイスの構成情報が含まれます。GetConfig メソッドと GetNetworkConfig メソッドを使用して、ストレージノードのこの情報を取得できます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前

説明

を入力します

住所

ノード上でこのインターフェイスに割り当てられた IPv4 アドレス。

文字列

住所 V6

ノードの Bond1G インターフェイスに割り当てられた IPv6 管理アドレス。

文字列

ボンドダウン遅延

リンク障害が検出されてからスレーブが無効になるまでの待機時間。

文字列

bond - fail_over_mac

ネットワークインターフェイスの MAC アドレスの設定。

文字列

bond - miimon

リンク障害がないか MII リンク状態を調べる頻度。

整数

bond-mode コマンドは

ボンディングモード。有効な値は次のとおり

  • ActivePassive (デフォルト)

  • ALB

  • LACP (推奨)

文字列

Bond-primary_Reslect

プライマリボンディングスレーブがアクティブなスレーブとして選択されるタイミングを指定します。有効な値は次のとおり

  • 常に

  • より良い

  • 失敗

文字列

bond スレーブ

ボンディングのスレーブインターフェイスのリスト。

文字列

bond-lacp_rate

ボンディングモードが「 LACP 」の場合、レートが次のいずれかに変更されることがあります。

  • LACP Fast (デフォルト)

  • LACP で時間がかかります

整数

bond-updelay

リンクが検出されてからスレーブが有効になるまでの待機時間。

整数

DNS-nameservers

カンマまたはスペースで区切られた、ドメインネームサービスに使用されているアドレスのリスト。

文字列

DNS 検索

カンマまたはスペースで区切られた、 DNS 検索ドメインのリスト。

文字列

ファミリー

インターフェイスで使用するように設定されているアドレスファミリー。IPv4 の「 inet 」が現在サポートされています。

文字列

ゲートウェイ

ローカルネットワークからのトラフィックの送信に使用される IPv4 ルータのネットワークアドレス。

文字列

gatewayV6

ローカル Bond1G ネットワークからのトラフィックの送信に使用する IPv6 ルータのネットワークアドレス。

文字列

IPV6PrefixLength

Bond1G ネットワーク上の IPv6 トラフィック用の「 net 」タイプの静的ルートのサブネットプレフィックス長。

文字列

macAddress

インターフェイスに割り当てられた、ネットワークが監視する実際の MAC アドレス。

文字列

macAddressPermanent

メーカーがインターフェイスに割り当てた変更不可の MAC アドレス。

文字列

メソッド

インターフェイスの設定に使用する方法。有効な値は次のとおり

  • loopback : IPv4 ループバックインターフェイスを定義する場合に使用します。

  • manual :自動設定されないインターフェイスを定義する場合に使用します。

  • dhcp : DHCP 経由で IP アドレスを取得する場合に使用できます。

  • static : IPv4 アドレスが静的に割り当てられたイーサネットインターフェイスを定義する場合に使用します。

文字列

MTU

インターフェイスが送信できる最大パケットサイズ(バイト)。1500 以上にする必要があります。 9 、 000 までサポートされます。

文字列

ネットマスク

インターフェイスのサブネットを指定するビットマスク。

文字列

ネットワーク

ネットマスクに基づく IP アドレス範囲の開始位置を指定します。

文字列

ルート

ルーティングテーブルに適用されるルート文字列のカンマ区切りの配列。

文字列の配列

ステータス

インターフェイスの状態。有効な値は次のとおり

  • Down :インターフェイスは非アクティブです。

  • Up :インターフェイスは準備できていますが、リンクがありません。

  • UpAndRunning :インターフェイスの準備は完了しており、リンクが確立されています。

文字列

対称移動ルール( SymmetricRouteRules )

ノードに設定されている対称ルーティングルール。

文字列の配列

upAndRunning のようになりました

インターフェイスの準備が完了していて、リンクがあるかどうかを示します。

ブール値

virtualNetworkTag

インターフェイスの仮想ネットワーク識別子( VLAN タグ)。

文字列

メンバーの変更の可否とノードの状態

次の表に、それぞれのノード状態でオブジェクトのパラメータを変更できるかどうかを示します。

メンバー名

Available 状態です

Pending 状態

Active 状態

住所

はい。

はい。

いいえ

住所 V6

はい。

はい。

いいえ

ボンドダウン遅延

システムで設定されます

該当なし

該当なし

bond - fail_over_mac

システムで設定されます

該当なし

該当なし

bond - miimon

システムで設定されます

該当なし

該当なし

bond-mode コマンドは

はい。

はい。

はい。

Bond-primary_Reslect

システムで設定されます

該当なし

該当なし

bond スレーブ

システムで設定されます

該当なし

該当なし

bond-lacp_rate

はい。

はい。

はい。

bond-updelay

システムで設定されます

該当なし

該当なし

DNS-nameservers

はい。

はい。

はい。

DNS 検索

はい。

はい。

はい。

ファミリー

いいえ

いいえ

いいえ

ゲートウェイ

はい。

はい。

はい。

gatewayV6

はい。

はい。

はい。

IPV6PrefixLength

はい。

はい。

はい。

macAddress

システムで設定されます

該当なし

該当なし

macAddressPermanent

システムで設定されます

該当なし

該当なし

メソッド

いいえ

いいえ

いいえ

MTU

はい。

はい。

はい。

ネットマスク

はい。

はい。

はい。

ネットワーク

いいえ

いいえ

いいえ

ルート

はい。

はい。

はい。

ステータス

はい。

はい。

はい。

対称移動ルール( SymmetricRouteRules )

システムで設定されます

該当なし

該当なし

upAndRunning のようになりました

システムで設定されます

該当なし

該当なし

virtualNetworkTag

はい。

はい。

はい。

詳細については、こちらをご覧ください