日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PurgeDeletedVolumes の場合

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

PurgeDeletedVolumes メソッドを使用すると、削除されたボリュームをただちに完全にパージできます。このメソッドを使用すると、一度に最大 500 個のボリュームをパージできます。

パージする前に '`eleeteVolumes] を使用してボリュームを削除する必要がありますボリュームは一定期間の経過後に自動的にパージされるため、通常はこのメソッドを使用する必要はありません。

注記 一度に大量のボリュームをパージする場合や、各ボリュームをパージする際に多数の Snapshot が関連付けられている場合は、メソッドが失敗してエラー「 xDBConnectionLoss 」が返されることがあります。この場合は、ボリューム数を減らしてもう一度メソッド呼び出しを実行してください。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

ボリューム ID

システムからパージするボリュームの ID のリスト。

整数の配列

いいえ

いいえ

アカウント ID

アカウント ID のリスト。指定したすべてのアカウントのすべてのボリュームがシステムからパージされます。

整数の配列

いいえ

いいえ

ボリュームアクセスグループ ID

ボリュームアクセスグループ ID のリスト。指定したすべてのボリュームアクセスグループのすべてのボリュームがシステムからパージされます。

整数の配列

いいえ

いいえ

  • 注: * メソッド呼び出しごとに、上記のパラメータのうち 1 つだけを指定できます。複数のパラメータを指定した場合やパラメータを指定しなかった場合は、エラーが発生します。

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "PurgeDeletedVolumes",
   "params": {
      "accountIDs" : [1, 2, 3]
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id" : 1,
  "result": {}
}

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください