日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージコンテナを管理する

寄稿者 amgrissino

ストレージコンテナは vSphere のデータストアに相当し、 Element ソフトウェアを実行するクラスタ上に作成されます。

ストレージコンテナが作成され、 NetApp Element アカウントに関連付けられます。Element ストレージ上に作成されたストレージコンテナは、 vCenter および ESXi では vSphere データストアとして表示されます。ストレージコンテナには Element ストレージのスペースはいっさい割り当てられず、単に仮想ボリュームを論理的に関連付けるために使用されます。

クラスタあたり最大 4 つのストレージコンテナがサポートされます。VVol 機能を有効にするには、少なくとも 1 つのストレージコンテナが必要です。

ストレージコンテナを作成します

Element UI でストレージコンテナを作成して、 vCenter で検出できます。VVol を使用する仮想マシンのプロビジョニングを開始するためには、少なくとも 1 つのストレージコンテナを作成する必要があります。

作業を開始する前に、クラスタの Element UI で VVol 機能を有効にします。

手順
  1. 「 * VVOLs * > * Storage Containers * 」を選択します。

  2. Create Storage Containers * ボタンをクリックします。

  3. Create a New Storage Container * (新しいストレージコンテナの作成)ダイアログボックスで、ストレージコンテナ情報を入力します。

    1. ストレージコンテナの名前を入力します。

    2. CHAP のイニシエータシークレットとターゲットシークレットを設定します。

      ヒント シークレットを自動的に生成する場合は、 CHAP 設定のフィールドを空白のままにします。
    3. Create Storage Container (ストレージコンテナの作成)ボタンをクリックします。

  4. 新しいストレージコンテナが「ストレージコンテナ * 」サブタブのリストに表示されていることを確認します。

    注記 NetApp Element アカウント ID は自動的に作成されてストレージコンテナに割り当てられるため、アカウントを手動で作成する必要はありません。

ストレージコンテナの詳細を表示します

VVol タブのストレージコンテナページでは、クラスタ上のすべてのアクティブなストレージコンテナに関する情報を表示できます。

  • * Account ID * :ストレージコンテナに関連付けられた NetAppElement アカウントの ID 。

  • * 名前 * :ストレージコンテナの名前。

  • * ステータス * :ストレージコンテナのステータス。有効な値は次のとおり

    • Active :ストレージコンテナは使用中です。

    • Locked :ストレージコンテナはロックされています。

  • * PE Type * :プロトコルエンドポイントのタイプ( Element ソフトウェアで使用可能なプロトコルは SCSI のみです)。

  • * Storage Container ID * :仮想ボリュームストレージコンテナの UUID 。

  • * Active Virtual Volumes * :ストレージコンテナに関連付けられたアクティブな仮想ボリュームの数。

個々のストレージコンテナの詳細を表示します

個々のストレージコンテナのストレージコンテナ情報を表示するには、 vVol タブのストレージコンテナページでその情報を選択します。

  • * アカウント ID * :ストレージコンテナに関連付けられた NetApp Element アカウントの ID 。

  • * 名前 * :ストレージコンテナの名前。

  • * ステータス * :ストレージコンテナのステータス。有効な値は次のとおり

    • Active :ストレージコンテナは使用中です。

    • Locked :ストレージコンテナはロックされています。

  • * CHAP Initiator Secret * :イニシエータの一意の CHAP シークレット。

  • * CHAP Target Secret * :ターゲットの一意の CHAP シークレット。

  • * Storage Container ID * :仮想ボリュームストレージコンテナの UUID 。

  • * Protocol Endpoint Type * :プロトコルエンドポイントのタイプを示します(使用可能なプロトコルは SCSI のみです)。

ストレージコンテナを編集します

Element UI でストレージコンテナの CHAP 認証を変更できます。

  1. 「 * VVOLs * > * Storage Containers * 」を選択します。

  2. 編集するストレージコンテナの * Actions * アイコンをクリックします。

  3. 表示されたメニューで、「 * 編集 * 」を選択します。

  4. CHAP Settings で、認証に使用するイニシエータシークレットとターゲットシークレットのクレデンシャルを編集します。

    ヒント CHAP 設定のクレデンシャルを変更しない場合、クレデンシャルは変更されません。クレデンシャルのフィールドを空白にすると、新しいシークレットが自動的に生成されます。
  5. [ 変更の保存 *] をクリックします。

ストレージコンテナを削除します

Element UI からストレージコンテナを削除できます。

すべての仮想マシンを VVol データストアから削除しておく必要があります。

手順
  1. 「 * VVOLs * > * Storage Containers * 」を選択します。

  2. 削除するストレージコンテナの * Actions * アイコンをクリックします。

  3. 表示されたメニューで、 * 削除 * を選択します。

  4. 操作を確定します。

  5. ストレージコンテナ * サブタブでストレージコンテナのリストを更新して、ストレージコンテナが削除されたことを確認します。