日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ペアリングされたボリュームにレプリケーションのソースとターゲットを割り当てます

寄稿者 amgrissino

ボリュームをペアリングしたら、ソースボリュームとそのレプリケーションターゲットボリュームを割り当てる必要があります。ボリュームペアのどちらのボリュームをレプリケーションのソースまたはターゲットにしてもかまいません。この手順を使用して、ソースボリュームが使用できなくなったときに、ソースボリュームに送信されたデータをリモートターゲットボリュームにリダイレクトすることもできます。

ソースボリュームとターゲットボリュームを含むクラスタへのアクセス権が必要です。

手順
  1. ソースボリュームを準備します。

    1. ソースとして割り当てるボリュームを含むクラスタから、 * Management * > * Volumes * を選択します。

    2. ソースとして割り当てるボリュームの * アクション * アイコンをクリックし、 * 編集 * をクリックします。

    3. [*Access] ドロップダウン・リストで、 [*Read/Write *] を選択します。

      重要 ソースとターゲットの割り当てを逆にしている場合、原因新しいレプリケーションターゲットが割り当てられるまでボリュームペアには PausedMisconfigured というメッセージが表示されます

    アクセスを変更すると、ボリュームレプリケーションが一時停止し、データの転送が中止されます。両方のサイトでこれらの変更を調整したことを確認してください。

    1. [ 変更の保存 *] をクリックします。

  2. ターゲットボリュームを準備します。

    1. ターゲットとして割り当てるボリュームを含むクラスタから、 * Management * > * Volumes * を選択します。

    2. ターゲットとして割り当てるボリュームのアクションアイコンをクリックし、 * 編集 * をクリックします。

    3. [Access] ドロップダウン・リストで '[Replication Target] を選択します

      重要 レプリケーションターゲットとして既存のボリュームを割り当てると、そのボリュームのデータは上書きされます。新しいターゲットボリュームは、データが格納されておらず、かつサイズ、 512e 、 QoS などの特性がソースボリュームとまったく同じであることが必要です。ターゲットボリュームのサイズは、ソースボリュームと同じかそれ以上のサイズにすることはできますが、ソースボリュームより小さくすることはできません。
    4. [ 変更の保存 *] をクリックします。