日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

読み取りまたは書き込みアクセスが可能なターゲットボリュームを作成します

寄稿者

レプリケーションプロセスには、ソースボリュームとターゲットボリュームの 2 つのエンドポイントが含まれます。ターゲットボリュームは、レプリケーション時にデータを受け入れるように、作成時に自動的に読み取り / 書き込みモードに設定されます。

  1. [* Management] > [* Volumes] を選択します。

  2. [ ボリュームの作成 ] をクリックします。

  3. Create a New Volume (新規ボリュームの作成)ダイアログボックスで、ボリューム名を入力します。

  4. ボリュームの合計サイズを入力し、ブロックサイズを選択して、アクセスを許可するアカウントを選択します。

  5. [ ボリュームの作成 ] をクリックします。

  6. アクティブウィンドウで、ボリュームのアクションアイコンをクリックします。

  7. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

  8. アカウントのアクセスレベルを Replication Target に変更します。

  9. [ 変更の保存 *] をクリックします。