日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MVIP を使用してクラスタをペアリング

寄稿者 amgrissino

一方のクラスタの MVIP を使用してもう一方のクラスタとの接続を確立することにより、リアルタイムレプリケーション用に 2 つのクラスタをペアリングできます。この方法を使用するには、両方のクラスタに対するクラスタ管理者アクセスが必要です。クラスタをペアリングする前に、クラスタ管理者のユーザ名とパスワードを使用してクラスタアクセスを認証します。

  1. ローカルクラスタで、 * Data Protection * > * Cluster Pairs * を選択します。

  2. * クラスタのペアリング * をクリックします。

  3. Start Pairing * をクリックし、 * Yes * をクリックして、リモートクラスタへのアクセス権を持っていることを示します。

  4. リモートクラスタの MVIP アドレスを入力します。

  5. リモートクラスタでのペアリングの完了 * をクリックします。

    [* Authentication Required* ] ウィンドウで、リモートクラスタのクラスタ管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

  6. リモートクラスタで、 * データ保護 * > * クラスタ・ペア * を選択します。

  7. * クラスタのペアリング * をクリックします。

  8. [ 完全ペアリング ] をクリックします。

  9. 完全ペアリング * ボタンをクリックします。