日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソースボリュームが存在する場合は、フェイルバックを実行します

寄稿者 amgrissino

NetAppElement UI を使用して、元のソースボリュームを再同期し、フェイルバックを実行できます。元のソースボリュームがまだ存在している手順環境のシナリオです。

  1. Element UI で、フェイルオーバーを実行するために解除する関係を探します。

  2. アクションアイコンをクリックし、 * 逆再同期 * をクリックします。

  3. 操作を確定します。

    注記 逆再同期( Reverse Resync )処理では、元のソースボリュームとデスティネーションボリュームの役割が逆転した新しい関係が作成されます(元の関係は残されるので、 2 つの関係が存在することになります)。逆再同期処理の一環として、元のデスティネーションボリュームの新しいデータが元のソースボリュームに転送されます。デスティネーション側のアクティブボリュームには引き続きアクセスしてデータを書き込むことができますが、元のプライマリ側にリダイレクトする前に、ソースボリュームとすべてのホストとの接続を切断し、 SnapMirror 更新を実行する必要があります。
  4. 作成した反転関係の [ アクション( Actions ) ] アイコンをクリックし、 [ * 更新( Update ) ] をクリックする。

    これで逆再同期が完了しました。デスティネーション側のボリュームにアクティブなセッションが接続されておらず、元のプライマリボリュームに最新のデータが格納されていることを確認しました。 フェイルバックを完了し、元のプライマリボリュームを再アクティブ化するには、次の手順を実行します。

  5. 反転関係の [ アクション( Actions ) ] アイコンをクリックし、 [ * 分割( Break ) ] をクリックする。

  6. 元の関係の [Actions] アイコンをクリックし、 [* Resync] をクリックします。

    注記 これで、元のプライマリボリュームをマウントして、元のプライマリボリュームで本番環境のワークロードを再開できるようになります。この関係に設定されているポリシーとスケジュールに基づいて、元の SnapMirror レプリケーションが再開されます。
  7. 元の関係のステータスが「拘束されていない」であることを確認したら、反転関係のアクションアイコンをクリックし、 * 削除 * をクリックします。

詳細については、こちらをご覧ください