日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

解決策の概要

寄稿者

この FlexPod Express 解決策は、 FlexPod コンバージドインフラプログラムの一部です。

FlexPod 統合インフラプログラム

FlexPod リファレンスアーキテクチャは、 Cisco Validated Design ( CVD ;シスコ検証済み設計)または NetApp Verified Architectures ( NVA ;ネットアップ検証済みアーキテクチャ)として提供されます。これらのバリエーションでサポートされない構成が作成されない場合、特定の CVD または NVA からのお客様の要件に基づく差異は認められます。

FlexPod プログラムには、 FlexPod Express と FlexPod Datacenter の 2 つのソリューションが含まれています。

  • * FlexPod Express. * は、 Cisco とネットアップが提供するテクノロジを搭載したエントリレベルの解決策をお客様に提供します。

  • * FlexPod * Datacenter * は、さまざまなワークロードやアプリケーションに最適な多目的基盤を提供します。

エラー:グラフィックイメージがありません

NetApp Verified Architecture プログラム

NetApp Verified Architecture プログラムは、ネットアップソリューションの検証済みアーキテクチャを提供するものです。NetApp Verified Architecture は、 NetApp 解決策アーキテクチャに次の品質を提供します。

  • 徹底的なテスト

  • あらかじめ規定されている

  • 導入リスクを最小限に抑制

  • 運用開始までの時間を短縮

このガイドでは、 VMware vSphere を使用した FlexPod Express の設計について詳しく説明します。また、この設計では、新しい AFF C190 システム( NetApp ONTAP ® 9.6 を実行)、 Cisco Nexus 31108 、および Cisco UCS C シリーズ C220 M5 サーバをハイパーバイザーノードとして使用します。

解決策テクノロジ

この解決策は、ネットアップ、 Cisco 、 VMware の最新テクノロジを活用しています。この解決策は、 ONTAP 9.6 を実行する新しい NetApp AFF C190 、 Cisco Nexus 31108 スイッチを 2 台使用する Cisco UCS C220 M5 ラックサーバ、 VMware vSphere 6.7U2 を実行する Cisco UCS C220 M5 ラックサーバを特長としています。この検証済み解決策は 10GbE テクノロジを使用しています。また、 FlexPod Express アーキテクチャが組織の進化するビジネスニーズに適応できるように、 2 つのハイパーバイザノードを一度に追加することでコンピューティング容量を拡張する方法についても説明します。

エラー:グラフィックイメージがありません

注記 VIC 1457 で 4 つの物理 10GbE ポートを効率的に使用するには、各サーバから上部ラックスイッチへのリンクを 2 つ追加で作成します。

ユースケースの概要

FlexPod Express 解決策は、次のようないくつかのユースケースに適用できます。

  • リモートオフィスまたはブランチオフィス

  • 中堅・中小企業向け

  • コスト効率に優れた専用の解決策が必要な環境

FlexPod Express は、仮想ワークロードと混在ワークロードに最適です。この解決策は vSphere 6.7U2 で検証されていますが、ネットアップ Interoperability Matrix Tool により、他のコンポーネントで認定されている vSphere バージョンもサポートされます。ネットアップでは、次のような修正点と強化された機能のために、 vSphere 6.7U2 を導入することを推奨しています。

  • HTTP 、 HTTPS 、 FTP 、 FTPS を含む、 vCenter Server Appliance のバックアップとリストアをサポートする新しいプロトコル SCP 、 NFS 、および SMB 。

  • コンテンツライブラリを利用する際の新しい機能。vCenter Server でリンクモードが強化されている場合、ネイティブの VM テンプレートをコンテンツライブラリ間で同期できるようになりました。

  • 更新されたクライアントプラグインページ。

  • vSphere Update Manager ( VUM )と vSphere Client の機能強化が追加されました。アタッチ、チェックコンプライアンス、修正の各アクションを 1 つの画面で実行できるようになりました。

この問題の詳細については、を参照してください "vSphere 6.7U2 ページ" および。