日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

接続要件

寄稿者

FlexPod 構成には、次の接続要件があります。

  • すべてのコンポーネントに対し、 100Mbps イーサネット / 1Gb イーサネットアウトオブバンド管理ネットワークがそれぞれ必要です。

  • 環境全体でジャンボフレームのサポートを有効にすることを推奨しますが、必須ではありません。

  • Cisco UCS ファブリックインターコネクトアプライアンスのポートは、 iSCSI 接続と NAS 接続にのみ使用することを推奨します。

  • FlexPod のコアコンポーネント間に他の機器を配置することはできません。

アップリンク接続:

  • 仮想ポートチャネル( vPC )をサポートするには、ネットアップストレージコントローラのポートを Cisco Nexus 5000 、 7000 、または 9000 シリーズスイッチに接続する必要があります。

  • vPC は、 Cisco Nexus 5000 、 7000 、または 9000 シリーズスイッチとネットアップストレージコントローラの間で必要となります。

  • vPC は、 Cisco Nexus 5000 、 7000 、または 9000 シリーズスイッチとファブリックインターコネクトの間で必要となります。

  • vPC には少なくとも 2 つの接続が必要です。アプリケーションの負荷とパフォーマンスの要件に基づいて、 vPC 内の接続数を増やすことができます。

直接接続:

  • ファブリックインターコネクトに直接接続されているネットアップストレージコントローラポートは、グループ化してポートチャネルを有効にすることができます。vPC はこの構成ではサポートされません。

  • FCoE エンドツーエンドの設計では、 FCoE ポートチャネルが推奨されます。

SAN ブート:

  • FlexPod ソリューションは、 iSCSI 、 FC 、または FCoE プロトコルを使用する SAN ブートアーキテクチャを中心に設計されています。SAN からのブートテクノロジを使用すると、データセンターインフラの柔軟な構成が可能になり、各インフラコンポーネントで使用できる豊富な機能を使用できます。SAN からのブートは最も効率的な構成ですが、ローカルサーバストレージからのブートは有効でサポートされている構成です。

  • FC-NVMe での SAN ブートはサポートされていません。