日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オプション機能

寄稿者

ネットアップは、 FlexPod データセンターのアーキテクチャをさらに強化するために、いくつかのオプションコンポーネントをサポートしてオプションコンポーネントについては、以降のサブセクションで説明します。

MetroCluster

FlexPod は、 2 ノードまたは 4 ノードのどちらのクラスタ構成でも、継続的可用性を実現する NetApp MetroCluster ソフトウェアのどちらかのバリエーションをサポートします。MetroCluster は、重要なワークロード向けに同期レプリケーションを提供します。Cisco スイッチに接続されたデュアルサイト構成が必要です。サイト間でサポートされる最大距離は、 MetroCluster FC の場合は約 186 マイル( 300km )、 MetroCluster IP の場合は約 435 マイル( 700km )に増加します。次の図は、 FlexPod Datacenter with NetApp MetroCluster Architecture と FlexPod Datacenter with NetApp MetroCluster IP Architecture をそれぞれ示しています。

次の図は、ネットアップの MetroCluster アーキテクチャを備えた FlexPod データセンターを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の図は、ネットアップの MetroCluster IP アーキテクチャを備えた FlexPod データセンターを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

ONTAP 9.8 以降では、 MetroCluster メディエーターを第 3 のサイトに導入して解決策 IP ONTAP を監視し、サイト障害の発生時に自動計画外スイッチオーバーを実施できます。

拡張レイヤ 2 サイト間接続を使用する FlexPod MetroCluster IP 解決策環境では、次の図に示す要件を満たしている場合、 ISL を共有し、 MetroCluster スイッチを準拠 FlexPod IP スイッチとして使用することで、コストを削減できます。 この図は、解決策 IP FlexPod MetroCluster と ISL 共有および準拠スイッチを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の 2 つの図は、 VXLAN マルチサイトファブリックと、解決策 IP FlexPod MetroCluster と VXLAN マルチサイトファブリック導入のための MetroCluster IP ストレージファブリックを示しています。

  • FlexPod MetroCluster IP 解決策用の VXLAN マルチサイトファブリック

エラー:グラフィックイメージがありません

  • FlexPod MetroCluster IP 解決策用の MetroCluster IP ストレージファブリック

エラー:グラフィックイメージがありません

エンドツーエンドの FC-NVMe

エンドツーエンドの FC-NVMe は、リアルタイムアプリケーション向けにお客様の既存の SAN インフラストラクチャをシームレスに拡張しながら、同時に、遅延を低減しながら IOPS とスループットを向上させます。

既存の 32G FC SAN 転送を使用して、 NVMe と SCSI の両方のワークロードを同時に転送できます。

次の図に、 FlexPod MDS を使用した FC の データセンターを示します。

FlexPod の構成とパフォーマンスのメリットの詳細については、を参照してください "ホワイトペーパー『 Introducing End-to-End NVMe for FlexPod 』"

ONTAP 実装の詳細については、を参照してください "TR-4684 『 Implementing and Configuring Modern SANs with NVMe 』"

エラー:グラフィックイメージがありません

Cisco MDS を介した FC SAN ブート

専用の SAN ネットワークを使用して拡張性を向上させるために、 FlexPod は Cisco MDS スイッチ経由で FC をサポートし、 Cisco Nexus 93108TC-FX などの FC スイッチをサポートしています。Cisco MDS の FC SAN ブートオプションには、次のライセンスおよびハードウェア要件があります。

  • ネットアップストレージコントローラごとに少なくとも 2 つの FC ポート。 SAN ファブリックごとに 1 つのポート

  • 各ネットアップストレージコントローラに FC ライセンスが必要です

  • ネットアップでサポートされている Cisco MDS スイッチおよびファームウェアのバージョン "IMT"

MDS ベースの設計の詳細については、 CVD を参照してください "『 FlexPod Datacenter with VMware vSphere 6.7U1 Fibre Channel and iSCSI Deployment Guide 』を参照してください"

次の図は、 MDS 接続を備えた FlexPod Datacenter for FC と、 Cisco Nexus 93180YC-FX を使用した FlexPod Datacenter for FC のそれぞれの例を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

エラー:グラフィックイメージがありません

Cisco Nexus を使用した FC SAN ブート

従来の FC SAN ブートオプションには、ライセンスとハードウェアに関する次の要件があります。

  • Cisco Nexus 5000 シリーズスイッチで FC ゾーニングを実行する場合は、 Cisco Nexus 5000 シリーズスイッチのストレージプロトコルサービスパッケージライセンス( FC_FEATURES_PKG )が必要です。

  • Cisco Nexus 5000 シリーズスイッチで FC ゾーニングを実行する場合は、ファブリックインターコネクトと Cisco Nexus 5000 シリーズスイッチの間に SAN リンクが必要です。さらに冗長性を確保するため、リンク間に SAN ポートチャネルを配置することを推奨します。

  • Cisco Nexus 5010 、 5020 、および 5548P スイッチには、 Cisco UCS ファブリックインターコネクトとネットアップストレージコントローラとの接続用に、個別の FC またはユニバーサルポート( UP )モジュールが必要です。

  • Cisco Nexus 93180YC-FX で FC を有効にするには、 FC 機能のライセンスが必要です。

  • ネットアップストレージコントローラごとに、接続用に少なくとも 2 つの 8 / 16 / 32Gb FC ポートが必要です。

  • ネットアップストレージコントローラに FC ライセンスが必要です。

    注記 Cisco Nexus 7000 または 9000 ファミリーのスイッチを使用すると、ファブリックインターコネクトで FC ゾーニングを実行しないかぎり、従来の FC を使用することはできません。この場合、スイッチへの SAN アップリンクはサポートされません。

次の図に、 FC 接続の構成を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

FCoE SAN ブートオプション

FCoE SAN ブートオプションには、ライセンスとハードウェアに関する次の要件があります。

  • スイッチで FC ゾーニングを実行する場合は、 Cisco Nexus 5000 または 7000 シリーズスイッチ「( FC_FEATURES_PKG )」のストレージプロトコルサービスパッケージライセンスが必要です。

  • スイッチで FC ゾーニングを実行する場合は、ファブリックインターコネクトと Cisco Nexus 5000 または 7000 シリーズスイッチ間に FCoE アップリンクが必要です。さらに冗長性を確保するために、リンク間で FCoE ポートチャネルを使用することも推奨されます。

  • オンボードのユニファイドターゲットアダプタ 2 ( UTA2 )ポートがないかぎり、各ネットアップストレージコントローラに、 FCoE 接続用のデュアルポートユニファイドターゲットアダプタ( UTA )アドオンカードが少なくとも 1 枚必要です。

  • このオプションを使用するには、ネットアップストレージコントローラに FC ライセンスが必要です。

  • Cisco Nexus 7000 シリーズスイッチを使用し、 FC ゾーニングをスイッチで実行する場合は、 FCoE に対応したラインカードが必要です。

    注記 Cisco Nexus 9000 シリーズスイッチを使用すると、ファブリックインターコネクトで FC ゾーニングを実行し、アプライアンスポートでファブリックインターコネクトにストレージを接続していないかぎり、 FCoE を使用できなくなります。この場合、スイッチへの FCoE アップリンクはサポートされません。

次の図に、 FCoE ブートのシナリオを示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

iSCSI ブートオプション

iSCSI ブートオプションには、ライセンスとハードウェアに関する次の要件があります。

  • ネットアップストレージコントローラに iSCSI ライセンスが必要です。

  • iSCSI ブートに対応した Cisco UCS サーバのアダプタが必要です。

  • ネットアップストレージコントローラには、 2 ポート 10Gbps イーサネットアダプタが必要です。

次の図は、 iSCSI でブートされるイーサネットのみの構成を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

Cisco UCS はネットアップストレージと直接接続

NetApp AFF コントローラと FAS コントローラは、アップストリームの SAN スイッチを使用せずに、 Cisco UCS ファブリックインターコネクトに直接接続できます。

ネットアップストレージに直接接続する場合は、 Cisco UCS の次の 4 つのポートタイプを使用できます。

  • * ストレージ FC ポート。 * ネットアップストレージの FC ポートに直接接続します。

  • * ストレージ FCoE ポート。 * ネットアップストレージの FCoE ポートにこのポートを直接接続します。

  • * アプライアンス・ポート。 * ネットアップ・ストレージ上の 10GbE ポートに、このポートを直接接続します。

  • * ユニファイドストレージポート。 * このポートを NetApp UTA に直接接続できます。

ライセンスとハードウェアの要件は次のとおりです。

  • ネットアップストレージコントローラにはプロトコルライセンスが必要です。

  • サーバには Cisco UCS アダプタ(イニシエータ)が必要です。サポートされている Cisco UCS アダプタの一覧については、ネットアップを参照してください "IMT"

  • ネットアップストレージコントローラにはターゲットアダプタが必要です。

次の図に、 FC 直接接続構成を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

  • 注: *

  • Cisco UCS は FC スイッチングモードで設定されます。

  • ターゲットからファブリックインターコネクトへの FCoE ポートは、 FCoE ストレージポートとして構成されます。

  • ターゲットからファブリックインターコネクトへの FC ポートは、 FC ストレージポートとして構成されます。

次の図に、 iSCSI / ユニファイド IP の直接接続構成を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

  • 注: *

  • Cisco UCS はイーサネットスイッチングモードで設定されます。

  • ターゲットからファブリックインターコネクトへの iSCSI ポートは、 iSCSI データ用のイーサネットストレージポートとして構成されます。

  • ターゲットからファブリックインターコネクトへのイーサネットポートは、 CIFS / NFS データ用のイーサネットストレージポートとして構成されます。